艦隊これくしょん1068

轟沈祭? いいえ大破祭です。


高速修復剤の定義がわからないだけにそのことでもめているのに吹いた。
中身なんだろうね?w

艦隊これくしょん1067
備蓄しておけるなら資材と同じくらいに大事な要素含んでいるような気がするから、その任務も優先的に行って欲しいな。

今枯渇している状況だと中破大破した艦娘の修復に時間がかかって色々と戦線で離脱した艦娘も合わさって入浴場がパラダイス化するという。
これは放送が待ち遠しいな。

艦隊これくしょん1071
ただ、深海棲艦に鎮守府が攻めこまれた時、酷い惨状になるという。これが後のミッドウェーで全滅と史実通りとか言われた泣くに泣けないぞ。

轟沈といえばさらっと祥鳳が流されたけど如月轟沈に加え適当すぎる。
これも吉野脚本だし、轟沈脚本家かよ。

でも、今回は吹雪たちと一切絡みがない分、対岸の火事みたいな感じでとらえられるからいいかも。

如月の時は辺に睦月と一緒にフラグたてるから敏感になってしまうんや。

艦隊これくしょん1076
そういうの抜きにした轟沈はありかな。
ただ、絵面だけ見ると祥鳳が深海棲艦に丸裸の上、火あぶりの刑に処せられているようでなんだかそういう思考の持ち主なの深海棲艦?ってなったw。

ちょっとどこはかとなくエロい。
祥鳳がもともと鎖骨が見えるくらいにサラシを巻いただけのファッションだからこういうことされても仕方ないね。
アニメ絵になるとかなり可愛かっただけに惜しい人をなくした(いまさら)。

艦隊これくしょん1070
本筋だと軽いシリアスでした。
日常がほとんどなかったけど、それは前回の第六駆逐隊が全てもっていったんで、配分的には問題ない。

加賀さんアウト翔鶴さんインという流れが自然でどことなく瑞鶴にとっては嫌な奴がいなくなって友達以上の人が一緒になってツーレズワンアホの第五遊撃部隊でした。

緊急時に加賀の言葉を思い出す瑞鶴の思考がなかったらほんと加賀さんが可哀想な展開になっていたわけで、かといって仲の良い翔鶴に不満はないわけで、翔鶴にも自責の念は見せないように言われているしで悶々と悩んでいそうな瑞鶴が妄想できてお腹いっぱいでした。

艦隊これくしょん1073
加賀さんの言葉からのスコールの中に入って時間稼ぎからの一矢報いたい展開には熱いものがありましたが、吹雪さんが優秀すぎてそんな暇なかった。

むしろ、そこに駆けつけた理由や瑞鶴たちに追いついたのは何故とか色々気になってしまった。

それに、スコールに敵が入ってこれないんだったらずっとスコールの中にいて吹雪たちがいつか気付くのを待つという手が最善手だったかも。
超結果論だけど。

艦隊これくしょん1074
雨がやんだと同時に瑞鶴たちの命脈も尽き果てる、そんな儚さ。
演出としてはこっちのほうが好みだけど、瑞鶴ならたとえ轟沈しようと奇跡の一矢でなんとかなるかも知れないという希望に賭けたというのもなんだかわかる気がします。

加賀さんの一言が瑞鶴の頭の中にあってスコールの中に飛び込んでそこから無謀な賭けに出ることまでを読んで吹雪が駆けつけたということならもう優秀すぎてコワイレベル。
旗艦といわず司令官にしようぜw。

艦隊これくしょん1075
しかし、ヲ級ちゃんは可愛いなぁ。
人気があるだけに今回は轟沈しないだろうと思ったら大破で済んで良かった。

ヲ級ちゃんが長門たちの暗号を解読できるなら、ヲ級ちゃんの事情や真の狙いも含めて話し合うわけにはいかないのだろうか。

と、ヲ級ちゃんが可愛いだけで人ってこんなにも優しく慣れる。
可愛いは正義。