艦これ0860

うちの子は出ますか?


ついに始まりました。と言っても2週間程前には始まっていたんだけど面白いのかどうか様子見していたこともあってなかなか踏み込めませんでした。

原作プレイ組としては辛口で見てしまいがちだけど、それを抜きにしても楽しめたと思います。この内容だと原作未プレイ組には理解できたのか不安なところがありますが、それだとキャラ数が絞られてくるのでどうしてもこのぐらいは最低限必要になってくるのかな、と。

艦これ0856
それにキャラ名覚えなくてもノリでわかるだろうし、嫁艦が早く見つけられればそれだけでいいのかなって。原作のゲームだってキャラ付けがそんなにされていないなかでも妄想膨らませて二次創作でキャラの色が出来ていったし、そこからさらにキャラの個性をどうするかの議論とかで楽しめる部分が多かったと思います。

自分も二次創作が楽しくて原作が辛くても(笑)頑張ってイベントの悪夢を乗り越えて欲しい艦娘を手に入れてその艦娘の二次創作を探してますますキャラへの入れ込みが強くなった覚えがあるので、それがない原作未プレイ組は辛さの分愛着がわきにくいというデメリットがありそうです。

私の好きな艦娘は羽黒(怯えた感じで守ってあげたい願望が強い、最新のグラはあまり好きじゃなくて辛い)、雷電、弥生、(駆逐艦は最高だぜ)、金剛、榛名(アニメ第一声が榛名で歓喜)、神通、川内も好きだしあげたらキリがないですね。ってそろそろアニメの方に触れないとですね。

艦これ0859
キャラデザがみんな可愛いんであの那珂ちゃんでさえも可愛く見え(ゴフゥ もといPVでも知られていましたが吹雪の変更が一番驚いていたり。むしろ、「主人公ちゃん(笑)」と言われてからようやく日の目を見て報われたなぁ。このキャラなら一生付き合っていけそうです。

提督が顔を見せないのは男子禁制にした美少女空間(深海棲艦含む)を創りあげたいからなのかな。提督の指示じゃなく、何の権限もない秘書艦の長門の指示で戦略を立てていることがちょっと不思議だった。

艦これ0855
でも、長門さんの命令なら聞かざるを得ない。作戦によって駆逐艦の電ちゃんが秘書艦になっていたら笑える。「そこじゃないのです。もっと右なのです。今度は上なのです」ってな感じで羅針盤を回すがごとく深海棲艦から遠ざかってずっと辿りつけない運ゲーみたいになっていたら萌える。

そうだよ羅針盤がないからアニメ版の戦いは楽なんですよね。戦隊も駆逐艦だけじゃないといけないみたいな3-2じゃないからちょー楽。第3艦隊まで出撃して川内さんは大破(きっと那珂ちゃんももがみんも大破)進軍しているわけで超ブラック鎮守府じゃないですか。

しかも、吹雪は出撃なしのレベル1で捨て艦みたいな扱いだしどうなっとるねんて。突っ込んだら負けだろうけど。

艦これ0858
今回みたいに日常Aパート戦闘Bパートの割り振りはいいですね。Aパートはキャラ紹介、Bパートは戦闘導入的なストーリーだったのでストーリーとしてそれほど見る所はなかったですが、Aパートの日常はなんだか艦娘たちが動いているだけでも見ていて微笑ましかったし、駆逐艦だけの教室とかパラダイスじゃないですか。

ここに入学したい、というか、この駆逐艦教室はどう考えても強くなれなそうな気がしてる。改二グラに変更とかで少しは頑張れるのかしら。そこら辺は成長に期待。

艦これ0857
吹雪の他に夕立と睦月の3人がメインキャラっぽいけど、キャラ的に目立たないなと思ったら意外にぽいぽいうるさい夕立と優しいツッコミの睦月のコンビにぽかーんとしている観客気分の吹雪がいて上手く成り立っているっぽい。

逆に事前に二次創作でキャラが立っている第六駆逐隊の方が「なのです」「ハラショー」とテンプレセリフだけを言うマシーンと化していてそっちに労力を割いてくださいよ、花田先生。第六駆逐隊死ぬほど好きなんですから。

艦これ0862
Bパートに移るとCGはいまやサンジゲンかオレンジと言われるぐらいに飛び抜けているだけあって違和感なく見られそうです。吹雪がこけるシーンとかの不自然さとかキャラの顔に物足りない部分があるけれど作画の労力と迫力あるアクションを考えるとこれは仕方ないんでしょうね。

空母がめちゃくちゃ格好良く描かれているのが羨ましい。赤城の最後の一撃とか、もう空母のレベルを超えているんじゃないかとさえば思える破壊力。戦艦より空母の時代が来たか。ボーキの消費が捗るな。

艦これ0861
そういえば空母が放った機体には妖精さんが一人ずつ乗っているように見える演出に吹いた。その妖精さんが次々撃沈されてお亡くなりになっていると思うと、今回の戦闘での被害はかなりのものになると思うのは気のせい?

ボーキサイトの数だけ妖精さんが逝ってしまっているので空母はイベント以外では空母は使わないようにしたくなる。いや、妖精さんは爆撃される前に脱出するかのごとく消滅して、またすぐに現れるんだと思おう。そうしよう。

全体的に見ても深く掘り下げるようなものではなく細々としたネタとほんわかとした日常、それに緊迫したアクションとバランスは非常に良かったので、これからに期待できる内容でした。あぁ〜、みんな可愛いんじゃ。