アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
今年の作品もほぼ全て出揃ったので2014年のOP10選を僭越ながら私めが選ばせていただきました。選んだのを改めてみると良いOPというよりも好きなOPと言ったほうがいいかもしれませんね。

アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
中二病でも恋がしたい!戀 『VOICE』/ZAQ

噂のぬるぬる廻るキャラです。回りつつも目線はこちらに向けているのですよね。そして、芯がぶれていないからこそカメラが回っているようにも感じる完成度。ここに『けいおん!』の時のように背景があったら完璧だったけど暗闇の中光る魔法陣の上に乗っているという雰囲気作りを壊しかねないのでその空気感を大事にした印象です。
かといって回るだけじゃなくサビでは六花の走りからの中二バトルをダイナミックに演出。森サマーやくみんも中二世界で活躍するような期待を起こさせる作り。そこからのこたつでダラーっと終わらせるのが中二恋らしくて好きです。ZAQの「VOICE」の歌詞も中二恋のシリアスなテーマを歌ってハマっていました。


アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
未確認で進行形 『とまどい→レシピ』/みかくにんぐッ!

まじで納豆うめーすきーのアレです。とにかく楽しいの一言に尽きます。ましろたんと紅緒がワンピースをひらひらさせながら上昇するシーンとかこのひらひら具合がたまらないです。
幻想的というよりも子供が絵に描いたような遊び心で構成されたポップな画面がましろたんのイメージとあっていて可愛らしさを演出。サビでは周りのキャラが宙に浮かんで暴れまわっているのを小紅が静観しているという構図も、作品の中で小紅を中心に二転三転していく展開に小紅はしっかりと立ったまま自分と向き合っていける強さをもっているような気がしています。むしろ、周りについていけないだけかもしれないけどね。特にましろたんにはw。


アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
ノーゲーム・ノーライフ 『This game』/鈴木このみ

センスのいい配色と原色を使った大胆な色使いが印象的。また、「」(かっこ)を使ったスタッフ紹介もフェードインからフェードアウトまでのデザインにも気を配っていて文字までもがOPを形作る一つとして機能している錯覚に陥らせます。
そして、ゲーム世界の塔を空が手の指で擬似フレームで囲む姿も「」(かっこ)として「 」(空白)の手中にあるというような暗示もあってしびれるOPとなりました。それにしても、鈴木このみはカッコイイ曲に恵まれますね。


アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
極黒のブリュンヒルデ 『Gokukoku no Brynhildr』

ヴォェァーのOP2の方とどちらか迷いましたが、衝撃度をとってこちらで。最初に見た時はわけがわからんといった感じでこの作品がどういった作品か方向性がわかりかねる不思議なOPでした。
ボーカル曲ではないというのは驚きでしたが、不安を煽るBGMにのせたアバンで5人をカメラが回るように映す感じはどこかアンニュイで気にかかるといった程度でしたが、その後の酷い流血のキャラをモノクロで映してすぐさまモブが消え日常へと変わる。その繰り返しで各キャラが舞台ごとに用意されていてその演出に背筋が凍る思いをしました。どちらが本当の彼女たちなのだろうという関心を起こさせた時点でこのOPの勝ちなんでしょうね。


アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
月刊少女野崎くん 『君じゃなきゃダメみたい』/オーイシマサヨシ

おのれたぬき。前野が出てからたぬきの爆発まで爽快感に変わってしまったのはなぜだろうか。そのたぬきも愛嬌あるものだから憎めない。次々に出てくるキャラにこのOPだけで個性が伝わる作りでそこをキャラ紹介OPとしてではなく、曲に合わせて躍動的に目まぐるしく動きを入れて楽しませてくれます。
それとハイセンスなコミック風のカットが野崎くんと千代ちゃんの性格を反映させて表情のない野崎くんとツッコミに適正がある千代ちゃんの感情溢れる表情の対比が面白い。ラストの7人が囲みに入ったカットのワクワク感半端ない。


アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
ご注文はうさぎですか? 『Daydream cafe』/Petit Rabbit's

空耳が面白いOP。ニコ動でのコメントの量は歴史的じゃないでしょうか。それだけキャッチーで耳に残る音楽と映像ということだと思います。可愛いがつまりまくって困りますね。
個人的お気にはトランプをやっているシーンで5人一緒に仲良く遊んでいる姿というのもなかなか本編で見られないので貴重でした。5人が手を合わせて頑張ろうとする姿勢もなんだか見ている人に勇気付けるようながんばれがんばれ的要素が微レ存。


アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
ハナヤマタ 『花ハ踊レヤいろはにほ』/チーム"ハナヤマタ"

とにかく美しくて楽しい。前にも書いたのですがこのOPでは光の当て方が絶妙で、サビの踊っている一連のシーンで、夜の海は花火が照らし、夜の神社では月が照らし、屋上からは夕陽が差し込み、夜の屋上ではライトが当たって、これは彼女たちが頑張っている姿は誰の目にも眩しくて輝いて見えるのだということ。
観衆もいない中で(文字通り)スポットライトが当たっているというのは少し寂しさを感じてしまうけれど、彼女たちの笑顔が絶えない所にやっぱり人が見てどうかというよりも自分自身がどう感じるかという点をこのOPから感じ取れました。


アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
Fate/stay night[UBW] 『ideal white』/綾野ましろ

リアルっぽい背景と闇(落ちる濃い影)が上手い具合にブレンドしたカッコイイOP。Fateの世界観だと市街を戦闘の舞台にしているだけに背景はこだわって欲しいんですよね。本編でもキャラにマッチングした背景にブレがないのでその作画だけでもすごいなぁと。それを象徴するかのようなOPですし。
キャラの方もカメラを動かしながら動いているので難しいことを簡単に見せている作画陣の素晴らしさに驚嘆するしかないわけで…。キャラは動いていないですが、ラストの方で凛とアーチャーがビルの屋上に立っているシーンを舐めるようにカメラが高速に映すシーンとか格好良すぎでしょ。


アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
四月は君の嘘 『光るなら』/Goose house

青春は紆余曲折で波乱に満ちたものだと陰と陽の表現から本編を見る前から胸にこみ上げるものがあります。サビから始まる躍動的な演奏シーン。そこまで華やかな世界ではないのに彼女たちのフィルターで見ると常にライトに照らされた喜びに満ちたひとときへと変わるのだということを感じられました。


アニメ01アニメ02
アニメ03アニメ04
ソードアート・オンライン 『courage』/戸松遥

SAOまだ見ていないんですよね。OP2の出来が良いと聞いて先に見たら最高でした。構成は同じだけどキャラが違う2つのOPという試みも面白いし、演舞やサビでの敵とのアクションも格好いい。そして、そんな彼らを支える役目としてヒーラー的役割も忘れられないわけで、そこにアスナが加わって何やら教えているというのは本編が楽しみになってくる作りでした。それと、とまっちゃんの力強い叫びが段々と心地良くなってくる曲です。


以上、10作品でした。
候補としては他にも『神々の悪戯』『ダイミダラー』『ガールフレンド』『世界征服』『selector infected WIXOSS』『ピンポン THE ANIMATION』がいいかなーと思っていたんですが、10作品が強すぎました。今年は良いOPが多すぎて困る。