神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像013

これは切ない。クライマックスに向けてのこのしんみり度は何とも言い切れないノスタルジックな感じにさせます。歩美とちひろと桂馬。三角関係だけど、三角関係にはならない悲しさ。


今週の『俺妹』の最終回配信と被るなんてな。歩美が竹達さんつながりで桐乃に見えてしまう。いやいやいや、歩美の可愛さと桐乃の可愛さのベクトルが違う。どっちも好きなだけに個性を大事に視聴せねばならぬのだ。でも、マジで歩美が可愛くてたまらない。

歩美とちひろ同時攻略


神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像009
原作未読組ですが、最初に言った、女神入っていないのは歩美かちひろのどっちかだというのが当たりましたね。どっちも入っていない可能性もゼロではないですが。やっぱり、同じクラスメート属性でどちらかを差別化しないと難しかった点もありますし、こうやって歩美に話せばちひろも絡むかもしれない。ちょっと穿った見方ですが、ストーリーを作る上で作りやすい二人なんですよね。

まあ、そんなことはどうでもいいですね。それよりも歩美とちひろの同時攻略が最高だった。ここまでの展開は予想できなかった。なんか毎回言っている気がしますけどねw。歩美で女神を出したら、ちひろの出番がなくなりますからね。そういう意味でもちひろファンを引き付ける見事なシナリオだと思います。

高原歩美について。


神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像000
そういえば、高原歩美ってこの作品の最初の攻略者であるんですよね。最初はチュートリアル的な展開で少し早いなと思えるぐらいにすぐに消えていってしまったのが残念でもあったんですよ。

活発でツンデレな陸上女子っていいですよね。いつもそのことを妄想している気がします(危ない人ではないですw)。それに桂馬にとってファーストキスの相手でもある。

女々しくて辛い私にとってはファーストキスなんて一生ありえないけれど、そのファーストキスをした相手というのは多少なりとも意識してしまうものだと思うんです。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像001
そりゃ、他のヒロインだってファーストキスが桂馬だというケースはありますよ。だけど、桂馬が意識すべきは歩美であって、後々の人生を過ごすときにファーストキスの相手は誰だったかな、って思って歩美を思い出すからこそ、この二人の間って結構距離が近いんですよね。

いわゆる幼馴染ポジション的な感じで気軽に話しかけられるのがたまらないです。それでいて口調は厳しい物の見下すような態度は取らない。それに陸上を精一杯頑張っている。将来的には恋愛面でこういった女性が報われるといいですね。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像002

あと、歩美も桂馬のやり口に騙されて、桂馬(エルシィ)の部屋に運んでいくという点で頼もしいですし、頼まれたら断れない。そして、頼まれたら全力でやる。

そういった姿勢が段々と会話を重ねるうちに好感度アップさせやすいキャラですよね。いけるところまでいくといった桂馬はキスだけじゃ飽きたらず、もしかして病気でもそのエロい行為をやろうとするんでしょうかというシチュ萌えも忘れていない。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像007
ベッドで押し倒して汗でYシャツが透けて見えるという萌え要素も忘れていません。私もいくところまでいってみたくなりました。

でも、病気の桂馬では歩美が心許さない限り出来ないわけで、そこで拒絶されたら、それこそ好感度なんて問題じゃなくなる。それがわかっているからこそ、そういったシチュを作りながらも、寸前で止めるやり方が最高です。

もしかして、キス? 違った。もしかして、抱きしめてくれる? 違った。そういう焦らしも何気にポイント高いんですよね。次第に彼女の側から求めてくるようになるという男性リードの時代じゃなくなっているんですよね。

歩美 in 桂馬の布団


神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像004
そこから歩美をベッドの中に隠すという発想はなかったです。歩美だって、オタメガが可哀想だから見舞いにきてあげたのと言うくらいで、ちひろは、あ、そう、こんなやつなんて気にしないで、一緒に帰ろうとなるはずだ。

何も問題がないはずが無理矢理ベッドに連れ込んで隠してしまう桂馬の作戦は本当に素晴らしかった。一つ間違えれば事件沙汰になりかねないけれど、桂馬に対する歩美の好感度が大体わかっているから、無理をしてこういった行為をされても、桂馬ならそんな変なことはしないだろうという信頼があるんですよね。

そこでちひろが部屋に来るのに行為に及ぶとは思いませんから。だったら、ベッドの中から這い出してくればいい。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像006
だけど、それをしたら、病気の男となぜ一緒に寝ているの!とスクープです。女神以前の問題で、好感度どころじゃなくなって歩美の立場や桂馬の立場を潰しかねません。

そうしたら、歩美に残された選択肢は一択。ちひろにバレないようにする。有無をいわさずベッドの中に入れてしまった桂馬に釈明と謝罪を求めるだろうけれどね。

そういう意味で修羅場っていて、歩美とちひろの看病の違いを見るだけでも楽しめました。これちひろに女神は入っていないのではw。天然とはいえ、風邪に暖房は死が待っているよ。喉がからからになって苦しくなって、冷まさなきゃいけない頭に温風が当たるわけですからね。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像008
そこを知ってか知らずかわからないけれど、ついやってしまうちひろもぶっきらぼうでありながらも親身になってくれるから可愛いんだけど、嫁にはしたくないとこの時は思ってしまいました。

病院へ行ったほうがいいというアドバイスは的確だと思いますけどね。言うだけですから。市販の薬を飲まして、それでも状態が悪化するならちひろがおぶって病院まで連れて行く優しさは、、、持っていなかったねw。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像012
当たり前か。でも、女神が入っていて桂馬に好意をまだ持っているなら、それにかこつけて桂馬のそばにいても、誰からも何も言われない状態だから、そこはちひろにとってチャンスだったんですよね。

まあ、ちひろがずっと側にいたら、歩美の汗がすごいことになっていそうだけどね。Yシャツが意味をなさなくなりそう。もしよろしければ、その汗の一滴を買い取らせて頂けませんか。もしくは、その濡れたてのYシャツを。言い値で構いませんので。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像014
そして、そこからの攻略がかなり難しくなって本気で面白くなってきました。もうね、桂馬がちひろに電話をしているより先に歩美がちひろに電話しているという点で歩美の勝ちですよね。

どちらの攻略を先にするか迷っている暇なんてなかったんですね。歩美がちひろの告白を聞いて、どう動くか気になりますが、ちひろが桂馬を好きであることを知って、歩美はどうしたかったんだろう。

応援? 否定? それとも嫉妬? 歩美は応援だと言っていたけれどきっとどれでもないのかもしれない。複雑で一言は言い表せない感情。

そう考えると、ちひろ攻略がこれほど簡単に進んだことを踏まえると、女神はちひろに入っていたりしてね。そして、歩美は女神が入っておらず、桂馬との恋愛を忘れていて、また好きになってしまったと考えると何だか寂しい気持ちになりますよね。