神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像018

汐宮栞の真骨頂。本を愛する人たちへ。そして、本をあまり知らない人たちへ。どんな人でも本は受け入れてくれる。どんな本も読まれるために生まれてきている。そんなメッセージを込めた栞からの心からの願いでした。


怪異とは……みたいな感じで見る作品間違えたと、あるシャフト作品を連想してしまうのは仕方ないことですが、それを一言で違うと思わせる技術はさすがです。あちらの作品と似たようなパロディものだと面白くありませんものね。

汐宮栞回、マジでか!


神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像000
だけど、栞メインが俺歓喜みたいな感じで何だか嬉しい気分になりました。なんというか、私も栞を理解していない部分が多かったと気付かされました。ただの文学少女としていわゆる一般的な本好きの少女としてではなく、汐宮栞という世界で一人だけの女の子として独特の空気を放っていたのには、攻略といえど人の心理は細部まで読めないものだと感じます。

おとなしくて、臆病で、でも、誰かに頼りたくて頼れない、そんな奥手な女の子ではなく、恋愛を怪異と読んだり、文学的な本を読んでいるのだから、書いている小説も文学的なのかと思えばSF、いや、これはコメディ的サスペンス童話ともいうよくわからないジャンルになっていた。

今回は彼女の主観で話が進んだので心の中では結構言葉使いも荒くなったりして、一味違った汐宮栞が見れてそれだけで満足です。花澤さんを使ったのは正解だったよ。”文学少女”シリーズのつながりでイメージが花澤さんの中で出来ているようにも感じたしね。

攻略じゃなくて恋愛


神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像004
そして、まくし立てるように変態倒錯男と呼んで、自分の気持ちに反抗して無理に納得させようとする姿がまさに恋愛。今までの桂馬の攻略はやっぱり攻略で女子を落とすために一時的に惚れさせることを目的としている。

だから、そこから先を望む恋愛として、桂馬に恋人になって欲しいと心から切に願うのが強いのも栞が一番だと感じたりして、ストーキングしたり、色々と妄想したり、一人で完結させようと必死に努力するけれど、それも馬鹿らしいと思ってうじうじ悩んだりね。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像002
それに栞の弱点でもあり魅力でもあるのが、会いに来て欲しいという気持ちですよね。あくまで桂馬が栞に惚れたのだから、栞としては桂馬の気持ちは自分に向いているというだけでも嬉しかったと思うんです。

だからこそ、キスまでの過程が面白いものになっていたりして、その後の言動にも納得がいくキャラでもあります。

そして、女装桂馬を見るくらいに桂馬のことが気になって探したりするけれど、きっと会いに来てくれる、いつもそばにいてくれると思わせてくれるくらいに桂馬も栞自身に恋愛感情を持っていると思ってしまうからどうしても待つ女になってしまうんですよね。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像001
だけど、待っても待ってもこないから、遠距離恋愛みたいな感じで歯がゆい思いをしつつも、そこは純粋な少女としてひがんだり嫌ったり八つ当たりしたりしないわけです。

かのんちゃんの件で浮気っぽいことが発覚しても、それは恨みや憎しみに変わるわけではなく、もし、また近づいてきてくれたら嬉しいな程度で、栞自身に自信がないのが悲しくも優しい一面なんですよね。

かといって、自己卑下して暗い少女にはならない。なんだかほわ〜んとした空気を出していて抜けている部分があったりして一生側で守っていてあげたい。一緒に本を読みながら笑っていたい。そんなキャラとして私は捉えているからこそ、もう栞回がもう一度あるだけでスタッフに感謝です。

栞、ぐうかわ


神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像003
それにしても、本当、栞の心の反応が面白い。人とはかけ離れた感覚でありながら、ボケとツッコミを両立させつつ自らを活かしている。これはマジでコメディ作品を送ればこの子の素の小説だけでどこかに受かりそうです。それと主役交代しませんかw。

もしくは『超電磁砲』みたいに栞主役のスピンオフとか。悔しいことにかのんちゃんがその役割を、いや悔しくないよ。かのんちゃん大好きすぎて飼い猫の名前にするぐらい好きだよ。くっ、こうなったら自分で書くしかないか。需要なさそうだけどw。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像005
桂馬の女装からの詩的な発想は憧れ要素だと思うんだよね。確かに中身はわけわからない領域だけど、言葉の一つひとつが美しい。その響きが心の中に沁み渡ってきそうなそんな感覚に対して、ツッコミを心の中で入れる。

くー、これは桂馬の視点からでは出来ない最高級のご褒美です。まさかこんな文学少女っぽい生徒が低俗な感じを出しているなんて、今度は桂馬の心の模様が知りたくなって来ましたよ。どちらの心も読めるような三人称視点が欲しい。でも、桂馬の心がわからない栞視点も捨てがたい。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像006
桂馬の攻略パターンの帰り道デートだけど、今度はつれない。こんな女装男と一緒に店に入るような度胸のある女の子はいないと思うんですよね。それぐらいに桂馬への恋愛パラメータは振り切っているんじゃないかと思えてくる。

そして、場にそぐわないラーメン屋という選択肢が異様ですよねw。女装男に文学少女にラーメン屋。どうしたら、この組み合わせを思いつくのか原作者の若木民喜先生の頭の中を覗いてみたいです。

ラーメン屋に行ってみたかった栞の気持ちはわかるけれど、今じゃなくてもいい気がするんですよね。それこそ、小説の話をゆっくり出来るような店に入れば、好きな人と好きな事について存分に楽しめるわけで。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像007
だからこそ、ラーメン屋という話も出来ないような食ったら終わりのような店に入ってしまった心理として、桂馬は約束を守らない人じゃないという部分で確信しているから、小説が終わらない限り、きっとまた来てくれるから、今は憧れのラーメン屋に入ってそこで満喫。

栞は自然と桂馬に心許してしまっているんですよね。また次回は小説のことで一緒にゆっくり話せる機会が絶対にあるし、これからもずっと桂馬は約束を守ってくれるという信頼が出来上がっていて、恋人以上の関係になっているような気がしないでもないですw。

小説でつなぐ愛


神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像008
そして、そこから本格的に小説の執筆活動に……ならなかった、のは笑えました。本当、テンポいいな。良い意味で裏切ってくれます。桂馬のエンディングが見えたということで桂馬の思い通りということでそれほど考えずも不測の事態は栞の小説が書けないだけ。

でも、そこは桂馬もある程度予想済み。出来ないなら缶詰にして二人きりの空間を作って、何とか栞を応援しようとする。むしろ、小説を書けていない方が二人の親密度が増すような気がします。

栞は何度も書き直して、心の中で愚痴って愚痴って愚痴りまくって、そこに何か見えるものがあるかというと何もない。とりあえず、責任転嫁。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像009
だけど、そこで栞の回想があって、周りから「明るい無口」という答えが導き出されて、栞自身が変わったことが嬉しいのと同時にそれを待っていましたのごとく、今は「明るい無口」になったハッピーな栞までの物語を書けばいい。

それは一人の無口で内気な少女が変わる物語。栞のオリジナリティを上述しましたが、事実は小説より奇なりという通り、栞が「明るい無口」になってこんな変態男を好きになって嬉しい気持ちになることを書けば世界で一人、世界で一つの本となって、誰も想像できない栞だけの物語が作れるという意味で桂馬は栞を買っているし、今の栞が昔に比べて成長して好きだと言っているようなものですよね。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像010
キスした時よりももっと栞は輝いている。ただそれを文章にするだけなんだ。簡単に言えちゃうけれど、それは栞の文章力があるからこそ言えるのでしょうね。その部分でちょっと感動してしまいました。まあ、自分のことを書いてしまったら、今度の小説は書けなくなってしまう予感がするけれどね。

でも、一つ作品が出来てしまえば、次々と作品が生まれる可能性がある。好き(慣れ)こそものの上手なれとはよく言ったものです。サブタイの『私について。』にピッタリハマる話で感涙ものでした。

なんというか、自分が作品の中の主人公気分で作品を見ている人が多いと思いますが、実際にそれを小説などの作品でやっている人って少ないと思うんですよね。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像015
それはやっぱり自分が面白い人間ではないと感じたり、平々凡々な人生を過ごしてきたり、今が幸せでないとか、そんなことで自分って自分の中でのけものにしていたりするんですよね。

ただ、それって主観でしか感じないことで、他人の目から見たら面白いものに映ったりするんですよね。だから、結婚とか恋愛があるわけで、惚れさせた人自身が本気で面白かったり波瀾万丈だったりするわけじゃない。

その人なりの個性があるからこそ、その人に惚れて恋愛から結婚へと向かうわけです。その部分を簡潔にまとめながら面白く作った今回は最高としかいいようがありません。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像012
そして、出来上がった小説へとつながっていくわけで、私はここで栞が書き終わった姿だけを見て、そこに褒め言葉を足すだけだと思ったんです。けど、栞の世界に引き込まれてしまいました。

最初は小学生の書いた作文かという程度で語彙も少なく、ただ読んで面白かったことだけを連ねていく。だけど、次第に色々なジャンルに好きが詰まっていて、そこに本の内容よりも本に対しての栞の見方を提示した時にもまた感動。もう何回感動しているんだかわかりません。

人気がある本が好きなら、人気がない本はどうなのか、と自然に浮かぶような発想をまるで予期してそれに対しての回答もきっちりしていて素敵な考え方だと思いました。

神のみぞ知るセカイ 女神篇 - アニメ画像019
どんな本であれ読まれるために生まれてきたわけで読んであげないと可哀想という考え方が栞らしいなぁ、と思いつつ悦に浸っていました。

この読み方が最高で、確かに小説らしくなく、まさしく『本のしおり』的な感じで、本を好きになるために自分が感じたことを誰かにも伝わればいいなという考え方が押し付けがましくなく、すんなりと心に入ってきて、私も文学少年、もとい、文学おっさんになろうかと思ってしまうほどでした。なんだか変な形容の仕方ですが、最高に居心地のいい回でした。