涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)
谷川 流
角川書店
売り上げランキング: 68,041

世界観

[日常][恋愛][SF][学園][コメディ][シリアス]

あらすじ

「涼宮ハルヒ?それ誰?」って、国木田よ、そう思いたくなる気持ちは解らんでもないが、そんなに真顔で言うことはないだろう。だが他のやつらもハルヒなんか最初からいなかったような口ぶりだ。混乱する俺に追い打ちをかけるようにニコニコ笑顔で教室に現れた女は、俺を殺そうとし、消失したはずの委員長・朝倉涼子だった!どうやら俺はちっとも笑えない状況におかれてしまったらしいな。大人気シリーズ第4巻、驚愕のスタート。

短文感想(ネタバレなし)


最高です。マジで最高です。巷では『憂鬱』を超えると言われていてそれはないだろうと思っていたら、ボロボロ涙が溢れるほどに感動作としてこんなラノベに出会えたことに感謝したいぐらいに嬉しかった。何度読んでも飽きません。

内容について触れると超絶ネタバレになってしまうくらいにSFとして最初から最後まで触れることが出来ないのが辛いw。いつも抽象的にレビューしているけれど、これは読んでみてとしか言いようがないわけで、今までのハルヒシリーズを読んでいるとより一層感情が昂ってしまうくらいに楽しくも哀しい物語でした。

谷川流がこれ以上の作品は書けないと勝手に思っています。この作品までの今までの積み重ねが全てここにつながっているのではないかというぐらいに、一冊の小説で、今までの三冊分読んだ気になるほど、ここまでの経過があるから感動へと導いていくんだと思います。

京アニによって映像化もされているので、ブルーレイを買って見てくれるとハルヒ信者としては嬉しい限りです。改めて読んでも観ても、一つひとつの感情を丁寧に扱っているし、アクションも派手だし、これ以上のラノベはもう出てこないんじゃないでしょうか。私の中でだけかも知れないけれど。