やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像023

相模は否定し続ける。自らの成長がないことを。最底辺でないことを。人とは違うことを。そして、八幡という存在を。


またまた、雪乃の思考変化というか、彼女の心を読むのは大変だよ。嘘はつかないけれど、本心を語ってくれるかどうかは別なので、多方向から攻めて心理戦で謎を解いていくとしても毎回予測とは反対方向へ向かっていく。それはキャラがぶれているのではなく、キャラ設定が複雑に入り乱れているからこそなんですよね。

雪乃の陽乃への思い


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像000
雪乃という人間を一言で表すなら、「高度な”ぼっち”」ということになるんですが、果たしてそれが正しいのかどうかもわからない。高度であるかどうかは主観だし、”ぼっち”であるかどうかを決めるのも相対的に見てどうかという意味では全世界の人を見た上で物事を語るような思考をしないと雪乃様に罵られそうです。

だから、繰り返しその一言が変わるわけで、もう人間を一言で片付けるのは無理だよねと言いたくなります。リアルの人間を一言二言三言程度で表現したら確実には反発されるだろうしね。その人を本当にわかっている上でそんなことを確定出来る時点であなたは決め付けが得意な人間なのね、とまたしても雪乃様が出てこられる。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像001
そこから何が言いたいのかというと、雪乃が本当に陽乃を相当高く評価しているということ。一瞬、耳を疑ったし、そこで冷静でいられる八幡の度胸はなにげにあるんじゃないかと思うような興味ない態度。

ただ、ここで実の姉を高く評価という上から目線は雪乃フリークとして当たり前のことなので触れないとして高く評価しているのはどういった面でという質問でまた違う回答が帰ってきて雪乃に対するイメージが毎度のごとく混乱してしまうわけですが、今回は違った。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像002
まさか陽乃になりたいと思っていたから、、、だと? じゃあ、陽乃を邪険にしている理由も頭に疑問符が浮かぶし、陽乃を見る目や陽乃の意地悪な態度はあからさまじゃないか。それは人間としてどうなんだ? と言いたくなるけれど、陽乃の完璧ぶりは確かになってみたい気がする。

だけど、一度きりの人生なので、一瞬でいいやぐらいの思いしか雪乃は抱かないようにも思えるんですよね。八幡は雪乃が事故のことを隠していたことに幻滅していましたが、私はこの陽乃になりたいに幻滅しました。雪乃は雪乃でいい。むしろ、雪乃の方がいい。ああ、こういう比較がいけないんだよな。

人と人を比べてどちらが優っているとか劣っているとか姉妹で言われるのはわかるけど、出来るだけこういうことは言わない方がいいですよね。

誰かを褒めて、誰かをけなして、イーブンイーブンに見えるけど、誰かを褒めることは自らの目を褒めているのと一緒でただの意見にしか過ぎないですし、誰かをけなすことでその人が持つ劣等感はどれだけのものかはわからない。だから、比較級は無機物だけに限るんだ、と自らのエゴを晒してみる。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像003
でも、ここでまたある可能性に賭けるわけで、陽乃になりたいと思っていた、思っていたと過去形なんですよね。もしかしたら、幼稚園児か小学生の時かも知れないし、たった一日だけでもなりたいと思っていたも同じ言葉になるんですよね。だから、まだ信じない。陽乃になりたい雪乃なんて。俺の知っている雪乃じゃない。なんてね。

それが当たっているか間違っているかわからないけど、今度は高く評価する部分の話でもまだ広義的にも狭義的にも捉えられる。

何でも出来るように見える陽乃を全体的に高く評価しているのではなく、今回みたいにお願いじゃなく命令する雪乃に対する陽乃の態度だけ高く評価していると狭義的に捉えられる。

なかなか二人で会話をしない姉妹だから、何かをする時に言葉攻めで相手を動かすことが出来るかどうかという部分で陽乃に憧れているのかも知れない。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像008
ここで雪乃が陽乃にお願いして、それを快諾して万事解決なはずなんだけど、雪乃はあえて命令にした。あくまで協調姿勢ではなく強要姿勢にした。その意味は姉としてよりも自分が優っているという意味ではなく、お願いをするのがプライドが許さなかったというのが一番だろう。命令にして貸しを作る。

なら、命令じゃなくてお願いのほうがいいのに。なんて考えは雪乃様の考えに及びもしない。ここで言葉で人を心も身体も動かせるほどの力を発揮できる点では雪乃より陽乃の方が上回っているかも知れない。そこだけは陽乃を認めている雪乃という結論が一番しっくりくるし、いつもの雪乃らしくて最強だ。

結衣を頼る


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像012
そして、ここからの青春を感じさせる場つなぎには感動だ。普通、場つなぎ的な意味のないようなことは本当に意味のない時間稼ぎにしかならないんですよね。そこにこの作品は意味をもたせた。最高だ。

陽乃と雪乃の関係が少しだけ明らかになるだけじゃなく、結衣が雪乃の家に言った時に本当に無理だって時には、私を頼ってほしいと願っていた。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像013
協力できるなら何でも協力するというほどに怒っていたのだから、ここで結衣独特の自信のなさで拒否するのではなく、少しの間を置いてマイクを雪乃から受け取った時には感動したよ。

中の人的に雪乃の方がいいような、っていう無粋なことは考えないw。でも、雪乃でもいいような気がするんですよね。

だけど、結衣も仲間に入れることの意味合いを雪乃が考えていたというのが本当に大きいことで、そこで結衣もその言葉を待っていたと微笑む姿にようやく和解が成立した感じです。これは姉への貸しとは違う、友達として当たり前な行為。それが両者に取って嬉しいというのが視聴者である私にとっても嬉しくてね。

相模の成長物語が始まる


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像016
そんな二人に負けじと八幡の奮闘もあって、この展開は好きでした。てか、材木座の役割ってそんなことw。

本当の”ぼっち”は材木座だと証明しているようなもので、最初の中二病回と川崎回とかしかほぼ発言権はなかったような気がして、映像的にも一人だけ絡めていないことが証明されて最終回にも出てこなそうだw。

今回だって、後ろ姿と声を聞いてオシマイだったしね。役にはたったけど。八幡にとっての材木座は利用するだけの存在になっていたとしたら、この作品で可哀想な人は群を抜いて材木座になるよな。嫌いなやつは相模で決定だが。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像017
そこに相模と相対しながら言葉の駆け引きをするわけで、ここで集計結果だけを持って帰らない八幡の奉仕部精神に惚れた。場つなぎで時間を稼いでいるとはいえ、緊急事態なのだから、学校の評価を下げないためにもここは相模のことなんて気にせず集計結果を早く持ち帰って雪乃が代弁してあげればいい。

けど、相模にとってEDセレモニーということで文化祭実行委員長としての最後の役割だ。これで本当に委員長として成長と挫折を経験してきたのか疑問符が残る点で、時間との勝負だった。

ただ、相模をサポートする雪乃の意志を汲み取った八幡は助け合い精神の本当の意味を相模に教えたという点で相模の完敗だったな。どこまでも奉仕部の部員は強かった。場数が違うもんね。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像019
そして、いい所に葉山がやってきて何とかなだめる。言葉で相模の心を取り繕う。優しい言葉をかければ傷ついた心なんて一気に治って、その力をEDセレモニーで発揮してくれると信じている。

そう葉山は人を信じている。騙されているとは気付かずに。それはそれで騙されても葉山なら、「何か意味があったんじゃないかな?」と信じ続ける。それが結果的に自分も傷つかず、他人も傷つかないで済む最高で最低のやり方なわけだ。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像020
そこで今までなら卑屈に葉山と自らを比べて劣等感を抱く八幡になるはずだったけど、今は奉仕部への依頼中だ。雪乃が活動しているのなら、ここで葉山たちが相模を慰めてEDセレモニーに間に合うようだと、それは成長じゃなく、相模の打算だ。最終的においしいところだけ持っていく。

例え、OPのように失敗しようとも、このように葉山たちに慰められれば、今度は葉山たちが相模を心の準備をさせずに無理矢理連れだしたためと言い訳が出来る。そういう意味ではズルい女ですよ。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像028
そのEDセレモニーで成功したらOPセレモニーでの失敗から成長したように見える。EDセレモニーで失敗したとしても、そこに頑張って出ようとした志を汲んでそれも成長だと言いはるのだろう。

それでは、雪乃がやろうとしてきた奉仕部の活動、相模自身が本当に成長するためにサポートすることは未達に終わる。葉山たちはそれでいいかもしれないけれど。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像022
で、八幡の言葉の刃が鋭いよ。段々、雪乃から学んできて正論を振りかざして心のダメージをクリティカルヒット連発させ追い込んでいく。最底辺の人間の八幡が思いついて一番最初に探しだした最底辺の人間が考える居場所。これが一番のヒットでしたね。

実際に場所を知ったのは八幡より底辺にいる材木座なんだけどねw。一人になって探してもらいたい。そんなシナリオを描いていたのは誰もがお見通しだということで追い詰めていく。実際にはどうかわからない。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像021
むしろ、八幡の言っていることは正しいかどうか雪乃なら論駁出来ただろう。ただ人間は疑念が心の底に残れば、たとえEDセレモニーで成功しようとも失敗しようともこれで成長はなくなるわけです。

自らが盲信していた成長のシナリオは誰もが知っていてバレバレだったと相模が思えばそれでオシマイ。成長物語は幕を開ける事無く閉じたままだったという八幡の思いをのせた言葉の重さをかなり実感しました。

平塚先生の八幡への理解


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像026
やっぱ、平塚先生は八幡のことを知っているんだよなぁ。全ては知らずとも知ろうとして色々試して八幡のベストプレースを探そうと尽力していたように思える。尽力していた八幡のことをきちんと見ていた平塚先生だけに。

雪乃と違って絶対にライトアップされて観衆が歓声をあげるほどに人望も理解も脚光もない。報われることのない黒子役として打ち上げにも呼ばれずに一人帰っていくような役割しかこなせない。いや、こなせるように周りがしてきた。そこで八幡に変われとも言わない。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像027
昔は八幡が変わればきっと順応して楽しい未来が待っていると思っていた平塚先生の勘違いでこうやって八幡を何度も傷つけさせることになってしまった。

最低だけど、最低としての役割は必要だったと認めてあげる人間が必要なんですよね。平塚先生だけじゃなくもっと人の裏側を知る人間が世界にはもっともっと必要なわけで。

ここで平塚先生が責めないことが八幡にとってかなり辛いんじゃないでしょうか。スローガンで『人』という字に関して相模に見せた時に平塚先生はもう見抜いていたんじゃないでしょうか。

ただあそこで雪乃みたいに会議の終わりを告げるようなことは出来ない。先生という立場だからこそ、平等に生徒を扱わなくてはいけないし、フォローに入ったとしてもいずれは悪く言われることには変わりない。そこで平塚先生も無力さに気付いてはいたんでしょうね。

「誰かを助けることは君自身が傷ついていい理由にはならないんだ」


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像029
そして、今回の言葉。「誰かを助けることは君自身が傷ついていい理由にはならないんだ」。ちょっとこの言葉に泣きそうになってしまったんですが。確かにそうなんだ。本当にそうなんですよ。上述した陽乃と雪乃を比べることについても同じなんですが、誰かを貶めて、誰かを助けてもイーブンイーブンにならないんですよ。

八幡は相模だけが相手なら今回の言葉で傷つくことはなかったんですよね。葉山はあまり言わないだろうけど、相模と仲良くしている二人が言いふらしてしまったために、八幡の居場所がますますなくなった。

相模は助けられたと思っていないと感じますが、いつかは気づく時がくる。でも、その時に八幡はそばにいないと思うんだ。あとになって感謝の気持ちを表したくても連絡先は卒業したらお互い教えないだろうしね。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像030
ますます相模たちは八幡に対しての攻撃を強めてくる。”ぼっち”で何もしていなければ、攻撃対象にならなかったのにね。恩を仇で返す行為に相模たちはもしかしたら一生気付かないかもしれないし、八幡も今は落ち込んで居場所がなくなったけど、明日以降もっと居場所がなくなると思う。

今度はクラスメートで仲の良い結衣への攻撃に転嫁してくるかもしれないしね。クラスの雰囲気がもっと悪くなる。そこで八幡を慰めるぐらいしかできない平塚先生にも憐憫を示したい。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像033
きっと平塚先生がクラスにいる時に相模たちは動かない。狡猾な彼女たちはきっと平塚先生の見えない所で八幡にとってマイナスになることをしてくるはずだろうから、相模の成長は結果的に最悪な方向へと向かってしまった。

これは結果論だし、このことで相模は変わるきっかけを感じるかもしれないという淡い期待もあるだろうけど、きっとゼロに近い。言葉の本当の意味を思い出して考えるよりも、その時に感じた悔しさや恨みだけが蘇るだろうから。本当、八幡も相模も救われないですね。

結衣と雪乃のライブが最高だっただけにこの結末はなんだか悲しくてたまらなくなる。ああ、問題の解決には向かわず、問題の解消も出来なかった。八幡は間違っていないだけにそんな現実があり、こうすれば良かったとフィクションの世界とは違うリアルな空気を感じ取りました。私が八幡だったら、もう学校来れないかも知れない。

八幡と雪乃だけの空間


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像036

だけど、そんな痛い所を悪気もなく言える雪乃と八幡の空間が最高に良かった。もうさっきから最高、最高ばかり言っているけれど、私が知る限りの文化祭でこれ以上最高の作品を見たことがない。

一生ベストであり続けるだろうよ。そして、虚言と嘘と本当。それらの意味を考えていく彼女と彼。そこから誤解が解けていく過程が美しく、彼と彼女は似ていて同じようなことを考えて、同じように友、ごめんなさい、無理。八幡が最初期の頃、奉仕部に来た時に交わした会話の繰り返し。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - アニメ画像034
だけど、その時は「あなた」のことを知らなかった。今は「あなた」を知っている。ああ、この返し言葉がたまらない。

いつも刺がついたバラのような言葉を八幡に投げかける彼女から、刺の抜けた言葉が出た時の威力は半端ないですね。いつもなら、雪乃の八幡に対する「あなた」という言葉が疎遠な関係を表しているかのようなのに、今はその「あなた」が夫婦のような関係に近い感覚になりつつある。

実際には違うのだけど、何だかそんな気がしたんだ。それだけでも八幡の傷ついた心を癒すには十分すぎる言葉じゃないですかね。それだけで私は生きていけそうです。