変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像000

これからは最終回に向けて感動的な展開になることを素直に望みます。愚痴も少し入っているけれど、期待の方が勝っていた回でした。


ちょっとだけ愚痴を言います。この作品に好意を持っている人は次の見出しまで飛ばして下さい。

これ話としては辛いよなぁ。何が辛いかって、もうラブコメとして見せ場がないという進行しすぎた恋愛関係ですよね。攻略キャラとイチャイチャしていても、陽人がもうハーレムエンドを望んで誰からも好かれている状態というのは心理状況を楽しむという点では皆無に等しくなっているわけです。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像005
今回だと副部長の反応が一番楽しめたという意味ではモブキャラ・サブキャラ的存在が一番魅力的に見えてしまう現状はなんとかしないといけない。けれど、最終回も近づいているっぽいし、ここから仕切り直しも難しそう。なによりも梓との二度のキスに対して、陽人が無頓着という点が変態王子としても人としても他人の心を弄んでいるように見えて、今までの格好わるいけれど根は格好いい王子はどこいったんでしょうか。

キスしたからって恋人にならなければいけない決まりはないですが、その関係性を曖昧にしてしまうのも何だか前回のキスは何だったのかという点をツッコまなければいけない気がしてくるんですよね。

この作品傾向がそうなんですが今までの積み重ねが意外とリセットされてしまう節があるんですよね。陽人は彼女に対してこういった思いを感じて突き進んで、彼女は陽人に対してどんな感情を抱いているのか考えたとしても、猫像の願いで一度終わってしまうとまた変わらない関係からのスタートが続いてマンネリ化してしまっているのが悲しい所ですよね。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像007
男なら梓と付き合ってしまうくらいに好きという感情があって月子とは浮気関係でもいいと思っているんですよね。今回の話ではそれで何か問題があるわけでもないしね。

人間関係が進展しているように見えて実はしていないというのはもどかしいものなんですよね。なんというか、月子が表情をなくしたように、この変態王子は心というものをいつしかなくしてしまったのかもしれません。

恋人でない女の子が自分の部屋で持ち物の処分を決めたりすることに可笑しさを感じるためには月子が陽人に対して特別な思いがあるだけじゃなく、陽人自身も月子への思いを持っていないとこのシーンはただのシチュエーションを楽しむだけに見えてしまって、笑いが取れないんですよね。

別に梓へのキスが浮気で月子に対して恋人として思っているとしたら、この処分にも納得がいくものでシチュエーション的にあり得ないと思ってしまうとラブコメって厳しいというのを感じました。

月子の陽人への思い


変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像008
ここからはシリアスに月子の話に入ります。ようやくというか、今まで当分の間、触れていなかった思い出を作者が思い出したがごとく、中学生時代の月子と陽人への最初の好意について語る部分が出てきて、この伏線をようやく回収しようと思ってくれてかなり嬉しかった。

このまま何もなく、ただシチュエーションラブコメとして内容もない言葉遊びのハーレム展開としてダラダラと続かなくて良かったです。

まあ、イタリアにつくしが行きたかったという思いに対して、陽人がどういうわけかそれを知って猫像にお願いするのは気になっていました。

つくしがイタリアに行くということは、一人でつくしが行ったとしても、月子という年頃の女の子一人であのお屋敷に住むのは寂しいだけじゃ済まないだろうし、一緒に行くとしたら陽人と別れてしまう。それを知らないでお願いしたのか、それとも両親が居た頃の筒隠家でつくし一人で行きたかったのかは定かではない。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像006
両親がなくなった今は月子にとってイタリア行きというのは辛いことなんですよね。もちろん、自分のことなど気にせず無邪気に喜んでくれれば姉も喜んでくれるだろうけれど、そこには表情がなくても感情は豊かな月子らしく、どうしてもその気持ちに嘘をつくことは出来ないわけなんですよね。

つくしとしても、一緒にずっと暮らしてきた月子の嘘くらいは見抜くだろうから、月子はそこで嘘をつく理由がないわけです。つくし自身は愛しの月子に悲しい思いをさせてもいいのだろうか、という思いがあって、そこから姉として断腸の思いでイタリアにいくのと、二人で残り祖父母の心配を断るという苦渋の選択があった。

だからこそ、つくしが部室で副部長と陽人がブラで遊んでいるのを見てもアンニュイな表情を崩さなかったんでしょうね。そういう意味では後付けでの伏線を久々に見れて嬉しかったです。そういう意味ではいつの間にかこの作品を真面目に見てしまっている私がいました。

シリアス展開きたぞきたぞ!


変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像014
で、母親の話になって今後の展開が読めてきました。誰の回想かわからなかったけど、月子が小さい頃に母親は保育園で保母さんの仕事をしていたのだと思います。

そこで一緒に月子は育って、母親は保育士の仕事をしながらも月子は育っていき、中学生になっても保育園に通っていたのだと思います。それは別に頭がまだ保育園レベルという話ではなくねw。

優しい月子のことだし、こんな広い屋敷に一人でいるのも寂しいし友達もそれほど出来なかったのでしょう。だからこそ、保育園にいる園児たちに懐かれないオーラを作ってしまって仲良くするということに不器用だったのだと思います。

それに月子としては好きな母親のそばにいたいという気持ちと、母親のように保育士になって子供から好かれたいという将来の夢があったのだと思います。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像011
祖父母の言う所によれば、その母親はつくしとも月子とも生計を共にしていないという情報が気になります。実際にはつくしと月子は母親と一緒にいたという事実はあるわけで、祖父母の勘違いという説もありますが、母親は仕事が忙しくて保育園に泊り込み(現実にはあり得なさそうだけど)だったりして、父親から間違った情報を流されたという説もありますが可能性はかなり低いです。

重い話になるとつくしだけの証言なので、もしかしたら父親と母親は離婚を考えるほどにケンカし合って別居していたという説。そこは猫像の記憶操作によって、つくしと月子の同居していたように思わせたり。

もしかしたら、つくしと月子は血が繋がっていないとか。月子だけが母親に引き取られていくとかあり得そうだけど、父親と母親が二人一緒に事故でなくなったことを覆すことになるのでこれも仮説。ここは予想の範疇を超えているのでこれからの展開を待つことにします。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像002
で、そこから月子が陽人に結びつくわけで、陽人と月子が出会った時には母親はすでに亡くなっていたのだと思います。月子自身が母親を愛していて、母親が満足していた保母さんと言う仕事に対して執着があるのはその点で、母親が人生の仕事として楽しんでいたように見えた月子にとっては母親が理想であって夢でも絆でもあるわけです。

そんな母親が亡くなってしまったからこそ、せめて母親の思いに近づきたい。そして、母親の居場所に自分が入って憧れの母親の代わりになれるような人になりたい。そう思っているけれど、実際に中学生時代その仕事をやってみると、子供から怖がられるということで暗雲が立ち込めていたわけです。

そこで真夜中に一人で練習をしている所を偶然陽人に出会って、お面を被る助言を得ることで当面の課題を克服できて母親に一歩近づけたことで陽人に感謝の気持ちを抱いているからこそ、陽人のそばにいるのだと思います。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像003
妄想が行きすぎて、どんどん間違った方向に進んでいるような気がしますが、そこから表情をなくすという願いを猫像に届けてしまってその猫像はいなくなってしまった。猫神はまだいたのかと思ったけどねw。いい加減いなくなれw。当分、月子が表情を取り戻そうにも無理ということで別の解決法について乗り出すのだと思います。

けど、それを解決してしまうとこの作品自体が終わってしまいそうな気がするんですよね。タイトルも『笑わない猫』だし。だから、月子が『笑わない猫』として生きていくとしても母親のような保育士になれるかどうかがこの作品の落とし所だと勝手に推測しています。暴走しすぎました。スミマセン。