俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像000

サプライズデートならぬサプライズレコード。この衝撃のラストを誰が予見した?


前回は黒猫と付き合うというサプライズがあったわけで、そこからのデートという流れです。普通すぎてつまらん。なんて思うと思ったかw。

普通こそ、この作品の本質で無理に笑いを呼びに行く方が失敗に向かうし、シリアス展開でもこの普通という積み重ねがあるからこそ、引き立つというわけで、今回の話は諸手を上げて楽しかったです。

二人の初デート


俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像016
やっぱり、桐乃がいないと何だか物足りないという感覚はあった。ゲーム研究会での黒猫と京介の話は黒猫をゲーム研究会で馴染ませるという目標があったのでそれに向かって京介が孤軍奮闘しつつ黒猫も勇気を出すというのが良かったんだけど、今回の黒猫との恋人って何も目標がないんですよね。

恋人の向かう先は結婚と決まっているけれど、そこまでの関係を築けるかどうかという部分ではかなり遠いし、高校生で結婚を考えるというのも何だか現実味がない。そうなると、ただただ不安がつきまとって、デートからの流れでどうなるのかという部分では暗中模索という感じのデートでした。

逆にそれが良かったんですよね。ゲーム研究会だとどうしてもやることは限られてきてしまうし、ある程度の予想はたつ。そこに起承転結を入れて面白い物語になっていたと思います。だけど、今回は違う。付き合うかどうかと似たような話を第5話あたりから入れてきた分、ゲーム研究会の黒猫、恋人としての黒猫、その違いが見られてまた別の話としてドキドキを抱えながら見ていました。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像002
それは京介気分になって黒猫との脳内デートをしていたからではなく、どうしても黒猫目線でこのデートを見てしまうんですよね。桐乃と京介だったら桐乃みたいな感じで、京介の視点からあまり見れなくなってきました。それはきっと周りの変化と京介自身の変化を客観的に見た時に京介の反応を見るほうが面白いからなんでしょうね。

それに黒猫と京介とではつりあわない。黒猫からほっぺにキスしてまんざらでもなかった京介の気持ちは揺れ動いているし、お二人ともお幸せに状態なんだけど、桐乃やあやせといった黒猫以外の関係もかなり変わってしまう。それは黒猫とのデートなどで埋め合わせが出来ると思う。

特に黒猫は可愛い容姿があるけれど、京介に助けられてばっかりだし、強気な態度で責めたり強い口調でバカにしたりして、「先輩」といえども先輩後輩という関係でもなかったんですよね。そして、黒猫からの告白を京介が受けて返した。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像018
今までを含めてやっぱり不安が残るわけです。京介が黒猫のことをきちんと見てくれているとはいえ、今まではつれない態度を取ってきたわけですから、その態度に対して本当に京介が自分とのデートを楽しんでいてくれるのか。

それに黒猫は初デートとはいえ、自分の趣味の場所にいったり、本屋で京介にはわからない趣味の話をしたりして、京介がどう思っているのかわからない所とかリアルっぽくて良かったんですよね。桐乃だと絶対にそうはならないわけで。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像015
だけど、桐乃に調教されているだけあって、桐乃が嬉しいことは自分も嬉しい。それと同様に黒猫が嬉しいことは自分も嬉しい。自分だけが楽しむよりも相手が楽しんでいる姿を見れることが京介にとって一番だと思うんですよね。

それこそ、京介は一般とヲタの間の堺に立ってふらふらと揺れている状態で、本人は一般寄りだと思っているけれど、桐乃たちと付き合っていくうちにヲタの付き合い方とその付き合いの楽しみ方がわかっているように思えるんですよね。

全ては『DESTINY RECORD』の中に……


俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像019
初デートなのだから、黒猫はコスプレなんてせずにセンスのいい一番綺麗な服を来て、京介が選んだ場所で一般的なデートをするのが普通なんですが、京介はそれをしなかったんですよね。

それこそ、黒猫の書いた『DESTINY RECORD』の通りにする。そこにはもちろんヲタとしてのデートを想定しているというか、黒猫は一般的なデートを想像出来ないと思うんですよね。

それがわかっていて、その通りにして黒猫が楽しいようにする。それがお互いにとって一番ベストな所がいいカップルなんですよね。桐乃のヲタキャラを否定しないように黒猫のヲタとしてのデートも否定しない。むしろ、それを望んでいるような節も見せる。京介としては手をつなぐぐらいが要望としてあって、それ以外は黒猫の好きなようにすることで何だか楽しめる体質になっているのが何だか可愛いんですよね。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像004
だけど、黒猫目線で見ると、黒猫のしたい通りにして、黒猫の好きなことしかしていなくて、京介が満足出来ているのかは京介の心情が全てわかるわけじゃない黒猫の不安要素なんですよね。

ただでさえ、他の人のことがわからない黒猫のことだから、好きな京介といえどほぼわかっていないと思います。私も黒猫目線で見ると今の所、京介はおっぱい触りたいぐらいしか想像できないからねw。

だからこそ、京介は黒猫を心配させないように嬉しさを毎回表現していた方が良かったのかな、と思います。でも、京介の場合思っていることがすぐ行動に出てしまうからこそ、無理に嬉しいという演技をすると嘘っぽくなって、より一層気を使っているように見えちゃうから、素の京介でデートできたのは良かったのかもしれませんね。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像007
そして、黒猫は自分の家に入れ、先輩の家に行く。後者は桐乃経由でもう達成されているから、二人きりで先輩の部屋に入るの方が恋人っぽいかな。

ただ、それだとエロゲルートっぽいからやっぱり先輩の家に恋人として行くのが正しいよね。ただ部屋の中で二人きり、家の中で二人きりという状況に黒猫がお風呂に入るというのは恋人ならもしやというか、そういう発想にさせる黒猫が何だか誘っているようにも見える。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像008
けれど、京介と手をつなぐだけで恥ずかしさがマックス状態な黒猫がそんな段階を超えた行為をするわけないよね。という経緯がわかりやすかった。けど、恋人同士になった黒猫と京介が部屋で二人きりの中で二人のいやらしく感じる会話が聞こえて、京介の部屋に入る桐乃はどうかとw。

もし、あんなことやそんなことをしていたら、かなり気まずいし、どう見ても桐乃が悪いって感じになるし、中学生にそういう場面を見せるなんて情操教育的に良くな…エロゲしているから変わらないかw。

そこから黒猫の『DESTINY RECORD』に書いてある通りに進められる。まるでエロゲの黒猫ルートを進んでいるようだw。けど、そこに残念ながらエロはない。いや、そこまでの関係を求めてはいないし、これがそんな作品になってしまったら黒猫ファンが黙っていないだろうな。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像013
けど、『DESTINY RECORD』には「花火を見に行く」という普通のカップルらしいこともあって、黒猫を見直しました。脳内彼氏でも花火ぐらいは見に行くだろうけどね。

それぐらいはアニメを見ていたり中二病まがいであっても普通のこととして認識されているんでしょうね。それに浴衣姿の黒猫が良かった。派手な衣装やコスプレかもしれないという懸念もあっただけに一応場はわきまえていて、京介とつりあえるようになってきました。やれば出来るじゃないか、黒猫。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像005
しかし、『DESTINY RECORD』の理想に桐乃と京介が描かれていたのは理解できませんでした。てっきり、黒猫と京介だと思っていただけに謎でした。

もしかしたら、黒猫の支援によって、桐乃と京介が対等に笑い合って話せるようにしたかったとか、そんなことじゃないよね。二人の仲を良くしようなんて、今回桐乃が京介の所に乗り込んできた時に毒舌を放っていましたものね。

これが桐乃と京介じゃなくて、京介と妹たち、もしくは、桐乃と妹たちならわかりやすいんだけどね。そこら辺は黒猫の考えぬいた思考の結果だから、そう簡単にはわからせてくれないか。

そういう意味では黒猫の恋人としてのストーリーは上手いと思うので、なぜそれを小説に生かせないんだw。ワナビとして目指していたけれど、ライバルとしての桐乃がアニメ化もされちゃ自信なくなっちゃいますよね。その分、黒猫はリア充しているからw。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像009
そこから自然と手をつなぐ流れが良かったですね。最初のデートで手をつなぐ緊張感を描いて、そこから二人の時間が流れて、はぐれてしまう可能性を消すために手をつなぐ。恋人だから手をつなぐじゃなくて、はぐれないように手をつなぐ。

黒猫にも状況がそうとはいえ緊張感は確かにあっただろうけど、意味合いが全然違いますものね。必要性に迫られるか、ただ普通だからという恋人としての先入観の違いって大きいなって感じました。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像010
恋人として手をつなぐのが無理にではなく徐々に今回のように出来ていくうちに二人の距離は自然と縮まって恋人らしい二人に成長していくのでしょうね。

黒猫も「先輩」から「京介」と名前で呼んでいたしね。最高の夏として京介も満足していたし。ある意味、これから『俺妹』らしくない回になりそうだけど、新しい『俺妹』のカタチを提示してくれた気がして大満足でした。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2期 - アニメ画像012
って、まさかの衝撃のラスト。告白を承諾して黒猫と付き合い始めた衝撃以上の衝撃でした。それは考えていなかった。もしかして、さっき書いた『DESTINY RECORD』の理想って、やっぱり桐乃と京介で二人で過ごしていた方がいいってことか。そうなると、黒猫の桐乃が好きと思う以上に京介を好きという発言と、この恋人として過ごした最高の夏が全て自作自演の恋人関係みたいな感じになって、京介としては騙された格好になるような。

かといって、何か問題が起きることなく別れて、また付き合い始めるストーリーを用意しているとしたら、京介は黒猫のおままごとに付き合っているような感じになって、恋人として冷めてしまうような気がする。せっかく良いムードだったのに。

それともアレか。失恋を経験して周りの反応を楽しむって感じなのかな。いや、それだと何だか京介を騙す以上に悪気があるような気がする。本当に失恋を経験したいなら、『DESTINY RECORD』の通りに動くのではなく、黒猫がそのまま京介を振るというのが一番だと思う。

それでまた付き合いたいと黒猫が言い始めたら京介としては遊ばれた気分になるし、黒猫の考えていることがわかりませんw。ただ面白くなったことは確か。