変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像001

月子の願いは届いて実現し、鋼鉄の王の願いで何もかも壊し、梓の願いで好きな人の心を尊重する。それぞれがちょっとしたことなんだけど、それが大きく自分を変革する道標になるのかな?


俺修羅的展開になってきた。今まで陽人と月子と梓の三角関係で、陽人は梓のフラグを立てたことに気付かないわけではなく、やっぱり猫像の前で言った通り、梓にとって良き友達でそれ以上でもそれ以下でもないから安心して欲しいという言葉は本音なわけです。

陽人は梓をどうしたいのか?


変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像011
それは梓のプロポーションがどうとかは関係なくはないけれど、梓の本当の性格を知ってそれを肯定的に見ている。だからこそ、性的な関係を抱かないし、男と女としてではなく、梓を知る友達として親友として接しようとしたわけです。まあ、それを知ってある意味好かれているという梓と好いている陽人でギャップ差が生まれている。

梓としては本心を言い当てられてそれを受け入れてくれるのは陽人だけだからこそ、男である陽人と友人以上であれば、それはもう恋人と言ってもいいぐらいで、そうじゃなきゃおかしいし、それで女として見て、陽人としてはちょっと胸が足りな(ゴフゥ みたいなことになっているからこそ、この絶妙な関係を築けた。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像006
でも、陽人の心はどこに向かっているかですよね。性欲にまみれた変態王子としてハーレムを作り上げるみんなも自分も幸せな世界にしたいという願望があるわけで、一人の女の子に決めちゃうなんて勿体無いよね。もっと胸のある女の子とも付き合ってみたいし、味わってみたいという本音が隠れているわけです。

ならば、恋人として付き合って欲しいけれど、本人を前にして告白できない梓としては陽人の方から言って欲しいわけで、陽人は全然そんなことを思っていないけれど、友達としてなら一緒にいてもいいかな程度で留まりたいんですよね。けれど、梓が友達で許してくれるかという部分で大きな問題を抱えている気がします。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像007
本当の気持ちも性格も格好悪い所も全て含めて小豆梓という女の子を受け入れる。陽人のその言葉に嘘偽りがあるわけでもなく、それは友好的な関係を築いて一緒に人生を楽しもうというもの。梓としては格好悪い面も含めて自分を可愛い女の子として見れくれるならば普通に恋人として付き合ってくれるぐらいしないといけないよね、というズレ。別の言葉に言い換えれば「責任取ってよね」。

そこの責任をどう取るかは陽人次第なので、梓のことをこれまでの沖縄旅行での電話みたいに無碍に扱っていると昔の小豆梓に戻ってしまうかもしれない。色々な魅力的でない部分も含めて唯一認めてくれた陽人が自分を離れていく。それはつまり、言葉では取り繕っても実際にはそばにいたくないという暗黙の了解なのではないかという懸念。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像009
だからこそ、梓のケータイでビキニの水着で引っ掛かりがあるかどうか気になるぐらいのエロスで見ていたとしたら、梓の精神が瓦解しかねない感じなので、少しぐらい梓に興味を持って欲しいものです。そして、陽人の興味を強制的にもたらす願いは本当の願いではないというのが今回の見どころでした。

陽人に自分のことを綺麗だし可愛いと言って欲しいし、ビキニを見て欲情して欲しいぐらいに虜になってもらいたい。けれど、猫像に願った願いに陽人の思考は入っていないし、本当の陽人の心でもない。それが取り消せなければ最悪の初めてを経験することになっていました。念願の好きな人とできるのに、それが好きな人ではないみたいな感じで、どんな人でも操って自分の欲求を満たすことの愚かさを感じさせる部分でした。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像008
でも、なんだか手錠プレイは先週の『俺妹』のあやせと同じで何だか魅力を感じてしまいますね。これってもしかしたら、そういうプレイを陽人の本心で願っているとしてこういう形になったとしたら梓は早く逃げた方がいい。こういうの好きな人は好きですからね。私は何も言わないですよ。口が滑って変態だと思われたくないですからね。

しかし、陽人は月子のことを見ていたい気持ちはわかるけれど、梓のこともある程度見て欲しい。こういう時、男女関係って難しいですよね。梓が男なら親友としてこれからも付き合っていくとして仲良く話していてもいいし、困惑しなくていいし。

陽人のことを知りすぎている月子


変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像020
けど、小豆梓の本当の姿を知っている陽人よりも、陽人の本当の姿を知っている月子の方が面白いですね。別に陽人がどんな性癖を持っていようと関係ないことだし、変態であることはわかっているので、トップとアンダーの差ぐらいに女の子を見る目が変わったのはどうでもいいことなのです。まあ、前回のお風呂場である程度わかったけれど、月子のトップだけ見るよりもトップとアンダーで見たほうがやや有利なのではないかと。そこにこだわってしまう陽人が許せないだけ。

とりあえず、陽人の変態属性さえなくせれば、梓への対応だったし、月子の中学生時代の恩人でもあるし、月子にとって陽人はある程度の好感を持っている。その陽人が自分に好感を持っているかどうか知りたかったけれど、それはなあなあになってしまうしね。だからこそ、エロDVDを放棄するのです。そんなはさみで切り刻まなくても萌えないゴミとして出してしまえばいい話。ここは月子たちの所有物の蔵の中ですからお掃除したとしても何か問題でもありますか?

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像000
先輩のことだから燃えないゴミとして出した日を狙ってすぐに回収に向かうことはわかっています。そこら辺は強制的に矯正しないといけません。変態を直すには荒療治が一番いいのです。こんなエロのものばかりに囲まれていた部屋の中で暮らして入れば変態でなくても変態にならざるを得ないというものです。

だからこそ、本人の前でDVDに傷を入れて、心にも傷を残して、そのDVDにかける思いというのも断ち切って、またこういうものを買ってきたらこうなる定めであるということを先輩の本能に認識させなければいけません。エロに忠実であることで自らの性欲を満たしているからこそ、先輩は誰にでも優しいのかも知れませんけどね。そのエロ作品をなくすことでエロ目線で見られても一向に構わない月子が可愛いけれど、その欲求を満たさない陽人が一つ屋根の下にいるという現状のリスクを認識して欲しい。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像002
いや、もしも、月子がその陽人の性的欲求を満たす役割になってしまったなら、優しい先輩のことです。きっと、その後はトントン拍子に恋人になって結婚できると思っているのではないかという月子としての責めと攻め。それに陽人がどれだけ耐えられるかが彼の今後の人生を占っている気がします。

そんな月子の策略とは裏腹に梓やつくしがいるわけです。梓とはフラグを立たせてしまったけれど、プロポーション面で問題があり、つくしはプロポーションはいいけれど、中身に問題がある。その二つを掛けあわせた存在が今後現れることを期待している陽人だけにここは適度な距離を置いていたい。どちらも強気だからこそ、その距離感というのが大事で月子との距離感はそれほど意識しない陽人もここは意識しているんじゃないかな。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像019
特につくしには中身さえ良ければ理想のプロポーションなので、いつかは……なんて考えているからこそ、出来るだけ自分殺しの共犯にならぬように、つくしとの距離を離さないように話術で欺きます。陽人のちょっと嫌いな所はつくしのような胸の大きい女性が好きなのは確かだけど、つくしに妹へのイメージを語った時に、口から出任せだけど、月子への愛情があるとは思うんです。

だけど、月子は外見が、みたいな感じを匂わせるのはあまり好きじゃないです。けど、本当は……みたいな流れが欲しい。変態資質を持った彼の本能を打ち破るような月子への愛情が。

まあ、それはどうでもいいことだと思わせるぐらいに月子が一途なことですよね。何というか、鼻歌にも陽人に言って貰いたいセリフを並べるなんて、なんだか見てはいけないものを見てしまった感じで罪悪感とともに、鼻歌で一人料理を楽しんでいる月子を覗き見するような感覚で今まで見られなかった月子の可愛さが相当増しました。この鼻歌は着メロにしよう、そうしよう。

月子の鼻歌の破壊力


変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像012
そして、つい口から出てしまった横寺陽人の横の一言。ボケをフォローするには無理がありすぎる感じでしたが、月子だからこそ許せるボケ。そして、それに気付かない陽人は本当のボケ。

くー、誰でもいいから、褒めてもらった人が私ならかなり嬉しいと言ってくれる女の子がこの世界にいてくれれば私ももっと幸せな人生を歩めたと思う。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像013
まあ、そうなると、この作品にも出会えなくて月子を見ることがなかったと考えると、二次元の嫁の月子が見れるのが私にとって一番の幸せなんだと思える思考がヤバイですね、我ながら。そして、自分の着ていたTシャツをエプロン代わりにする月子が最強すぎる。これは落ちる。どんな男でも落ちる。

裸エプロンとかそんなありきたりでいかにも狙っているって感じがないのがいいんですよね。つい好きな人のTシャツがあったから着てしまった。だけど、大きかったせいでワンピースみたいになってしまったので下は履かなくてもいいか的な感覚。これは斬新すぎて、ちょっと下から覗いてみたくなる感覚にかられました。くそー、陽人羨ましすぎるぞ。

月子の切なる願い


変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像017
そして、今回のオチ。猫像に対しての月子の願いが叶った。驚きとしては弱いですが、納得できる終わり方でした。月子の亡き者にしようという冗談もきいていて本音がわかりにくい感じで喋って、色々と月子が考えているものが出来上がっている展開というのはいいものですね。

陽人がそういうエロ妄想を抱いてこうなったよりも月子が陽人と一緒に夕飯を食べたい願いというシンプルでありながらも切なる思いがあるからこそ、そこに泣きを呼びます。

変態王子と笑わない猫。 - アニメ画像018
溺愛されている姉と二人で食事をしていても楽しいとは思うのですが、そこはまだ明らかにされていない両親の背景があるからこそ、誰か(といっても誰でもいいわけではない)を交えて晩餐会みたいなものを開きたい。そのための猫像への願いと晩餐会の準備で鼻歌で料理していた月子と思うとそこだけで満足です。

けど、結果的に先輩に迷惑をかけないように、先輩を呼んでも居てくれる可能性が低いから願って家がなくなった陽人もなんだか可哀想に思えた。エロDVDも使い物にならなくなっちゃったし、家具はボロボロだしねw。月子のちょっとしたことが、陽人にとっての一大事という構図が面白かったです。