ラブライブ! - アニメ画像008

夏だ! 水着だ! 温泉だ! でも、個人的にはサードシングルの『夏色えがおで1,2,Jump!』の浜辺ライブVer.をやって欲しかったな。


ちょっとこっちでも愚痴っぽい何かになってしまうかも。今回の話は希が真姫に誰かを重ねてμ'sのために動くという感じだったんだけど、どうにも弱い。

せっかく今まで感動的なオチを用意してきただけに、積み重ねた何かが最後に心動かす印象の『ラブライブ!』だったのに、水着回に温泉回とテコ入れしてきた。まあ、こういう作品には必要ですからね。

だったら、ファンサービスとして、せっかくの浜辺なんだから、練習も兼ねて『夏色えがおで1,2,Jump!』をやるべきでしょう。もしかしたら、次回かもしれないけれどね。てっきり合宿で海なら、これだと思っていただけに時間が経つごとに変な焦りを感じましたよw。

希と真姫の関係


ラブライブ! - アニメ画像001
で、今まで花田十輝が一人で脚本担当してきたのに、今は『GJ部』の方をやっている日常を描くのが上手い子安秀明が参加したために、全体的に内容が薄く女子高生の普通を描いております。

まあ、水着回に温泉回で内容が濃かったら、革新的やけどね。そういう意味では素直に水着姿が拝めて眼福眼福って感じでいいんじゃないでしょうか。でも、真姫と希で何かショートストーリーが作れそうだっただけに、その部分が弱くなってしまったのは勿体無い。

ラブライブ! - アニメ画像003
これだと、希がμ'sに対しての思い入れの深さはわかるけど、真姫はただμ'sにとっての危険因子という希の思い込みに終わってしまって生きてこないのが悲しい所なんですよね。希の勝手な観測で真姫に対しての誤解かもしれないしね。

それに真姫視点で見ると誰かさんと重ねあわせていい迷惑だと思って、あまり心は開かないと思うんですよね。希の言葉を聞いてもいつもの真姫なら「ふーん、それで?」みたいな感じでいつも通りになってしまうような気がしてそこのケアをするためにもっとこの二人の関係性を掘り下げて欲しかった。

ラブライブ! - アニメ画像006
この思わせぶりの希のセリフと、希が昔のにこの事情を知っている側面からも、以前に、希もにこと一緒にスクールアイドルをやっていて、そのメンバーの一人が真姫っぽい性格でその人が辞めて解散させられたというのが一番それっぽい。

ですが、それだと、にこの希に対する態度が普通なのが腑に落ちない部分になる。なので、希はやっぱりずっと傍観者姿勢で、にこたちのスクールアイドルに注目していて、その中で真姫っぽい子がいて解散に追い込んだという話なら理解できるんですよね。

ラブライブ! - アニメ画像004
でもそうなると、にこが真姫のことを敬遠する素振りを見せておかないとその古傷が癒えないと思うんですよね。むしろ、にこがμ'sのことを大切に思っていて、真姫が昔のスクールアイドルを解散させたメンバーに似ているというエピソードの方がしっくりくる。

だけど、あのにこに言われたってねー。ねー。説得力がねー。みたいな感じになってしまっている現状を何とかするんだ、にこ。まあ、希がμ'sに対しての意気込みが伝わってきて、穂乃果に準ずるスクールアイドル愛を感じていたという所が今回のキーポイントだと思います。そして、それが真姫にも伝わった、と。

『先輩禁止!』


ラブライブ! - アニメ画像000
これもサブタイに関わってくるだろうけど、希の先輩だからという理由で真姫はその意味を汲み取ったと理解すると、この『先輩禁止!』がちょっとしたパワハラになってしまいかねない。

年の差なんて関係ないという主旨で誰もが平等に扱われて欲しいというアイドルとしての立場は穂乃果が言う「センターなし」のアイドルをテーマにしているからこそ、二回目のテーマになってしまうんですよね。

まあ、絵里と希が入ったので、そこでまたセンターの話にするとややこしいので、今回の先輩をなくそう企画だったんですが、呼び方が代わるだけで変わる心理が複雑な人間関係ではないから結構普通に見えてしまうんです。

ラブライブ! - アニメ画像002
新鮮さがあまりないというか、企画力的にこのメンバーじゃ弱いというか、にこ先輩なんて、先輩と名がついているけれど、みんなガン無視ですからね。

立場的に一番弱いのはにこは「にこ先輩」と呼ばれるよりも「にこにー」の方がなんだか格が上がる不思議。先輩と呼ばれることによって、にこ先輩は先輩らしくしてくださいメッセージが暗に秘められている。

ラブライブ! - アニメ画像007
それがにこの子供っぽい性格とのギャップで最高の皮肉になっていただけに、この『先輩禁止!』はますますにこの立場が薄くなって、もはやμ'sの中でもギャグ要員としてしか見られなくなっている。

むしろ、にこ先輩が三年生であることを忘れていて思い出した視聴者も多いだろうな、と思わせるくらいに三年生組の中では扱いがひどい。

先輩ポジション、部長ポジション的でありながらも全くそれを匂わせないにこのバカっぷりはやっぱり、穂乃果の言う通り「子ども」なんだろう。うん、そのまま子ども料金で電車に乗っても大丈夫という節約高校生です。

まあ、最後は希と真姫の笑顔が見られて満足です。あとはにこをそこに入れて欲しいかもw。