エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫)
柳田狐狗狸
アスキー・メディアワークス (2013-02-09)
売り上げランキング: 1,407

世界観

[ミステリー][友達][化学][陰湿][探偵モノ][シリアス]

あらすじ

わたしの名前は「エーコ」です。友達はいません。でも化学部の部室に居る、お節介な“喋る人体模型”の「トオル」君が、しつこく『自分は友達だ』と主張してきます…。半年前に起こした事件のせいでクラスから孤立した「エーコ」は、ある日入部した化学部の部室で喋る人体模型の「トオル」君と知り合う。まるでボイスチェンジャーを通したかのような声で喋る人体模型に「エーコ」はその正体をいぶかしみ「トオル」君がそれをやんわりと躱すというヘンテコな部活動が始まるのだが、そんな中、校内で女生徒が自然発火するという事件が起こり…。ひねくれ少女のシニカルな学園ミステリー。第19回電撃小説大賞“金賞”受賞作。

短文感想(ネタバレなし)


何といえばいいのでしょうか。世間一般ではこういうのを青春ミステリーと呼んだりするのでしょうね。人と人との交流が穏やかな空気を醸し出しつつも、事件が起こった時点から始まるので残酷に、そして凄惨に描かれているようにわたしは感じました。みなさんはどうかわかりません。わたし個人としての意見です。

それを好むか好まないかは今の風潮にもよるのでしょうね。きっと好きな人には好きなのでしょう。なぜわたしがこの口調で話しているかという背景を正直に言うと、主人公のエーコの淡白とした無感情を気取った喋り方に何となく好意を抱いてしまったからなのかもしれません。

言葉の中に感情は入っているのだけど、それがクールを通り越したと言うべきなのでしょうか。エーコの中で色々と何かが壊れてしまった結果、感情が適切でないというか、不適切なのかわからない語り口になっているような気もしてくるのです。きっと一般的見解では半適切というやや不明階な言葉で、言葉を濁すのかもしれないですが、今のわたしには人の心なんてよくわからないのが本当の所なのでしょう。そもそも人の感情が適切か不適切かなんてわかりませんよね。そう言っているわたしも何を言っているのかわかりません。

でも、その人自身が考えていることなんて上っ面を剥がした腹の中を探るしかないわけですから、こんな表面上の薄っぺらい言葉に何の意味があるというのですか。わたしにとっては意味があってもきっと他人にとっては無意味ですね。なら、わたしはこんな無意味なことなんて喋らなくて黙っていた方がいいのかもしれません。

…………。

これでは感想にならないことに今気づきました。キャラを端的に言うならば、主人公のエーコがどこか世界を憎み続けているように見えていても仕方なく生きていく姿勢に、なんだか可愛さを覚えたのなら仕方ありませんね。きっと、わたしにとってそれは必然だったのでしょう。キモいので死んでくださいとわたしはわたしに言いたいです。きっと、この口調の二番煎じ、三番煎じも出てくるのでしょう。

それはそれでいいことに思える気もしますし、やれるものなら勝手にやってくださいって感じです。だけど、オリジナルは超えることが出来ないことは予期しておいてくださいね。と言いつつも、現にわたしはこのようにエーコの口調を真似して書いているわけです。完璧なエーコは一人しかいないと知りつつ、こんな無味乾燥な感想をやろうと思うわけですから、本当に手の付けられないようなバカですね。まあ、そう衝動的に書き連ねてしまいたがるのは人間の性なのかもしれません、と結論付けたいと思います。


この口調で感想書くと感想になりませんので、普通に戻ります。私はこのエーコというキャラクターに大変な魅力を感じていて、彼女が何かを考える度にこの口調で語ってもらうと何だかおかしいというか、単なる日常も日常ではなくなってしまうエーコフィルター(今名づけました)を通して世界が見えるので、その部分はかなり気になりました。

だけど、それだけです。エーコが面白いことには変わりありませんが、本筋のミステリーとしては若干ご都合主義な所があります。何故、そこでそういう行動を取るのか、何故、そこに警察は関与していないのか、そういった疑問と共に、予定調和なストーリーとして、そこから先の展開が数十ページ読めばわかってしまうのです。

このトリックはこうだろう。って、考えたらそれが当たりです。ミステリーなのでネタバレになってしまうので詳しく説明することは出来ませんが、その状況で、その場面で、その背景があるなら、事件が起きるのは予期できるよね。というような簡単なものです。

難解な化学用語で説明してもやっていることは小学生でもわかるような感じに仕上がっています。そういう意味では読者層を下にも広げたのでしょう。個人的にはそれが裏目になってしまって、根幹となるミステリーが楽しくないものになりました。これがミステリーの致命的な部分です。

そういう意味では何故、電撃大賞に選ばれたのか不思議です。この作者には文章力が長けている気がしますが、これ以上面白い作品が書けるかは謎です。私が思っているのはエーコのキャラ立ちがいいので、そういうキャラで日常をやってもらえれば、それはそれで面白いことになると読んでの受賞だったように感じます。この作品がこの作者の力量と判断した受賞ではなく、次回作で力量が計られるのでしょう。そういう意味では次回作は楽しみでもあります。

だけど、コメディ部分の弱さが気になりました。せっかくの暗い雰囲気に包まれた居心地の悪い空間の中で誰でも思うようなギャグを出されてしまうと、全てが台無しになった気分になります。わざわざ伏字にして出す必要性も全く無いので、編集の段階でその部分はカットしても良かったと思います。この作品のシリアスは重たすぎるので、脳を柔らかくするためにもああいうギャグを入れているようにも見えますが、エーコの口調がコメディとしても面白いので、無理して入れる必要もない要素なのですよね。それだけは勿体無いです。

あとは、本当、予定調和なストーリーとしか言えません。化学の説明を人間関係にあてはめようとしているのは良い試みですが、それがぴったり当てはまるかというと、これも謎です。無理やり喩えたようにしか見えず、なんだか人間関係がより複雑そうに見えるけれど、やっていることは単純です。なら、それもミステイー含めてカットすることになると、エーコしか残りませんね。でも、エーコがいればそれでいいです。それだけなのかもしれません。