ラブライブ! - アニメ画像009

ようやく『ラブライブ』へと。廃校を崩す手立てが見えないだけにこのペースで大丈夫なのか?と心配したり。最後に奇跡的などんでん返しが起こりそうな予感w。


理事長の考えがよくわかりません。絵里の学校への思いはくじく。冷静沈着に物事を考え、生徒にとっても学園にとっても最善を尽くそうとしていそうに見える絵里。

だけど、それは間違っていると唱えるような言動。私は合っている、あなたは間違っている。理由はあなたにもわかっているんじゃないかという言葉を濁す返答。確実に絵里が嫌いだと言っているようなものですね。

理事長 vs 絵里


ラブライブ! - アニメ画像004
頑張って生徒会で学校を立て直そうとして必死な絵里には我慢してももらって、スクールアイドルとか楽しそうだからいいじゃない。みたいな感じのノリで簡単に認めて、絵里の心を逆撫でするようなセリフを言われたら何とも言えない。私だったら生徒会長辞めているわ、これ。

だけど、詳しく教えてくださいと追求しない絵里の気持ちは納得出来ないけど何だかよくわかった。言葉で論破することが出来ない。ただ、理事長の思いだけで決定を下している。

ラブライブ! - アニメ画像008
そうしたら、何を言っても無駄だし、理事長は穂乃果側に立ったことを表明しているようなものだから、ここで正論をぶつけても、理事長は穂乃果たちを認めますの一点張りで返してくるだろう。

そうしたら、穂乃果たちが付け上がって、ますます絵里の考えていることは間違っているって考えてしまう。そうしたら、生徒会の活動って理事長に反する行動しているから間違っているよね。

今度から、理事長を通していこうって考えてしまうと、絵里の立場が全くなくなる。この理事長はにこやかな顔して陰険なことをやってくる人だと思ってしまった。それでも潰れない絵里が強すぎて泣けた。

文武両道のスクールアイドルを目指して……


ラブライブ! - アニメ画像010
そして、条件として赤点取らないようにすることは、ただ穂乃果たちのことを思ってやっているけれど、実のところ、スクールアイドルという体育会系の部活としても、勉強も出来ていることを証明しなさいという交換条件なんだけど、結構普通なことだと思えてしまったり。

そりゃ、文武両道出来ているスクールアイドルがいれば憧れの的になるけれど、赤点取らないレベルだと、文の方ではそれほど……ってなってしまうし、そもそも赤点で追試となれば部活動に専念できない。

そういう意味では、この学校が廃校になる前に、優秀な教師たちを集めて赤点取らないような生徒たちを作っていけば良かったのに、と考えてしまう。それなりに偏差値レベルの高い学校として有名になれば学校経営も良くなるけれど、そこは天然な理事長。なぁなぁでいいだろう、って思ったらこの有様だよ。

ラブライブ! - アニメ画像011
穂乃果の母親が通った伝統ある高校を自分の代で潰してしまうことに罪悪感はもたないんだろうか。きっと理事長の考えでは、穂乃果たちがラブライブに出るための条件で赤点がなくなれば、きっと、同じように何かを目指している生徒が現れる。

そして、それに制約を持たせれば生徒たちの赤点も減って、入学者数も増えるかも知れないと心の中では楽観的に考えているのかもしれない。まあ、それはなくなったわけですが。それを覆すのがこの作品なんだけどねw。

けれど、普通に勉強がおろそかになってはいけないという教育者目線だろうけどね。でも、それよりも生徒たちが伸び伸びとした学校生活を送れるように、各学年が段々減っていく現状を見つめなおせば良かったんじゃ。

ラブライブ! - アニメ画像013
アキバUDXの高校に人が入るようになったのはスクールアイドルのおかげだったら、それに負けないぐらいににこたちのスクールアイドル活動を応援して、全面サポートするべきだったと思いますよ。

まあ、本当の原因はにこについていけないということで解散してしまったけれど、学校側が仲介に入ったり他のスクールアイドルを探せば、にこはスクールアイドルを一度諦めないといけなくならなかったのだと思うと、理事長への恨みが絵里とにこの分で本当の悪役は理事長なんだと勝手に結論付けました。

絵里の穂乃果たちのさりげないサポート


ラブライブ! - アニメ画像014
てか、ここまで理事長の話しかしていないじゃん。理事長はどうでもいいんだw。それよりも勉強、練習、謎ランクシステムの繰り返しでスクールアイドルが形成されていく過程が面白いけれど、ラブライブに出るためにもっとレパートリーを増やしてアルバム一枚ぐらい出せるようにした方がスクールアイドルとしての成功の近道なのではと思ってしまう。

絵里の妹がもっていた曲を見ると余計に。もう勉強ができなくても、アイドルとしての道があるという夢があるのに、勉強が入ることで穂乃果たちのスクールアイドル成功への道は一時停止って感じで、また理事長への恨みがw。でも、あのダイナミックなカメラワークは絵里がやっていたことに笑えた。

あれ、絵里はライブが始まった瞬間は講堂にいなかったよね。そして、途中から音響室に入っていたよね。なんだ、このミステリー。あらかじめ監視カメラと盗聴器が仕掛けられていて、絵里が遠隔操作していたのか。そして、その映像を編集して動画サイトにアップする。

ラブライブ! - アニメ画像018
なんですか、この絵里のさりげなくて面倒くさいことを好んでやるサポートは。にこの書き込みみたいに批判して欲しかったという言い訳をする絵里だけど、それだったらカメラワークを駆使してより良い物に仕上げなければ良かったのにね。

一カメだけで動かさずにホームビデオ風だったら絵里の言う通り「人に見せられるものになっているとは思えない」けど、絵里のおかげでまさか最高のライブ映像に仕上がってしまったことに彼女はまだ気づいていない。

もしかしたら、絵里は生徒会長よりも、スクールアイドルよりも、そっち方面で活躍するエンジニアに向いているのかも知れませんね。まあ、それに釣られたにこって構図だとしたら、誰がスクールアイドルを真面目に考えているかいうと、穂乃果よりもにこや絵里の方が夢の高さは高いよねって思ったり。

AK…A-RISEは素人


ラブライブ! - アニメ画像020
そして、本日の名言頂きました。「私にとってはスクールアイドル全部が素人にしか見えない。一番実力のあるA-RISEも素人にしか見えない」。A-RISEをAKBに変えてみても違和感ない名台詞。いや、こんなこと言うと、余計な敵を作るからやめておこう。

でも、絵里の中ではどのレベルまでいけば玄人なんでしょうかね。今まではスクールアイドルの将来については考えて来なかったけど、A-RISEみたいな頂点を目指すくらいに人気だったとしても、それは素人の遊びで、そこからお金を稼ぐアイドルまで上りつめることは出来ないことを意味しているのでしょうか。

ラブライブ! - アニメ画像022
スクールアイドルの道は、学校を卒業すれば、スクールアイドルも卒業。そこからはスクールアイドルとして見てくれない。

一人のアイドルとして生きていくには辛い道のりでただ自己満足の世界だったと高校生活を振り返った時に、スクールアイドルとして活躍したという伝伝伝みたいな感じで映像として残せたとしても、それは素人の遊びであとは後悔しか残らないと、絵里は達観しているのかも。

一時期の輝きを残すことさえも出来ない素人。輝いているように周りが惑わされているだけ。すぐに流行も風潮も周りの目も違う所に向かってしまう。そういう意味では絵里が穂乃果たちのことを考えすぎていることに泣けた。素人の遊びで終わらせるならやらない方がいい。

だけど、夢のある玄人としてのアイドルになれるなら全力で応援するということなんでしょう。味方につけるとすごそうな人です。

ラブライブ! - アニメ画像024
その玄人の基準がバレエだとしたら、バレエ vs ダンスの全面戦争が起きそうな予感。絵里と海未はバレエがダンスを上回っている、しかも、海未の中では絵里のやっていたバレエの半分でも学べればダンスが上達すると言っているので、バレエとダンスは別もんや、って二人に言いたくなってしまう。

バレエをやっていた絵里からすると、スクールアイドルは素人。踊りも優雅に華麗に舞うんではなくて、ただ、動いているだけだということなら、バレエダンサーになれるだけで歌が下手でも玄人になってしまうような気が……しないでもない。

いや、絵里の中の人はユニット組んでプロの歌手としてもソロとしても活動して人気が出ているっていう背景はなしですぜw。

ラブライブ! - アニメ画像023
海未もそれに惑わされるぐらいだから、人の価値観ってそれぞれだなぁ、って感じたり。いつもの海未だったら、絵里のそんな私情で私たちのスクールアイドルを認めないなんて間違っていると思います。

と、断言しそうなんだけどね。まあ、絵里の性格からすると、絵里の考えに反論するとへそを曲げてしまって、いつもみたいに言い合いになるかもしれないけど、海未がそこで絵里の考えに歩み寄れば、絵里も落とせるかもしれないね。

そんな楽しみを残しつつラブライブへ。そして、もう一度、廃校宣言。それは前から決まっていたんじゃw。つくづくめんどうでドSな理事長です。