中二病でも恋がしたい! - アニメ画像019

自然に泣いて、自然と泣いて、自然に二人はつながっていく。


まあ、中身は恋したらこうなるげすよって感じの王道パターンだったのDEATH。でも、凸守はその王道の中でも得意中の特異点を見つけ出したのDEATH。

それは、マスターの詠唱する「爆ぜろリアル!弾けろシナプス!バニッシュメント…ディス、ワールド!」で変わらなかった世界なのDEATH。

マスターの中ではこの詠唱により、マスターの持つ邪王真眼の能力が発動し、その眼によって、あらゆるものが全て不可視境界線管理局のある並行世界へと移り変わるのDEATH。と、DEATH、DEATH、言うのも面倒なので、普通に「です」にするのです。みんなは「です」を「DEATH」に脳内変換すると読みやすいです。

中二病でも恋がしたい! - アニメ画像015
その並行世界があると信じきっているマスターは、その詠唱と邪王真眼をあらわにすることである種の儀式として、マスターにしか見えざる本当の世界を見ることが出来ていたのでーす。

マスターのその力(儀式)によって、マスターとシンクロしたサーヴァントとしての凸守はマスターと一緒の世界に行っていたわけなのです。だけど、今回はマスターの力を持ってしても、防ぎきれなかったのが難点だったのでーす。

それだけの力がダークフレームマスターの潜在能力として残っていたのげすよ。末恐ろしいげす。でも、凸守はマスターの力が計り知れないために、儀式によって凸守だけ並行世界へと飛んでしまっていたのですよ。

中二病でも恋がしたい! - アニメ画像007
マスターはダークフレームマスターの力によって並行世界に行く力そのものを失ってしまったのでーす。だから、マスターがやられてしまった凸守の未来はどうなるのか心配になるのでーす。

でも、凸守はマスターがやられてしまっても、マスターが喜んでいればそれで十分なのでーす。マスターには返しきれないだけの恩をもらったげすからね。そんな恩に比べればこれぐらいのことへっちゃらなのでーす。これから凸守は凸守だけのセカイで生きるでげす。

って、何々、こうすれば簡単に面積が求められるのですよ。と、凸守さんによる今回のわかりやすい解説でした。

六花のバトルフィールド


中二病でも恋がしたい! - アニメ画像010
って、凸守視点難しいな。でも、今回は一番凸守が光っていたように感じるんですよね。それは勇太と六花の恋はわかりやすい道を辿っているけれど、その六花を慕っている凸守は六花の恋をどう感じるかってことがかなり重要になってきそうなんですよね。

今まで凸守は六花の付随物的な扱いをしてきた私でも、ちょっとは凸守に同情したくなってしまった。今回はわかりやすく恋煩いを六花が六花言語にしてくみん先輩に話したように、そのままなんですよね。

中二病でも恋がしたい! - アニメ画像011
だけど、最高に目を見張る点があった。六花の詠唱による並行世界への逃げ。逃げというと正しくないのですが、今回は詠唱しても並行世界が京アニ独特のバトルフィールドが展開されなかった。これって初なんじゃないかと今まで見てきて思いました。

このバトルフィールドによって六花や凸守の感覚でリアルでしょぼいバトルを繰り広げようと、彼女たちの中ではエフェクトの効いた生きるか死ぬかのバトルになっているわけなんですよね。

だけど、それは傍目から見たら痛いもので。という展開だったんですよ。このバトルフィールド自体が笑える要素なわけですよね。だけど、それをあえて今回は使わなかった。いや、使えなかった。

中二病でも恋がしたい! - アニメ画像014
ということで、六花の詠唱という儀式によって六花の中では本当にバトルフィールドが展開されていたってことなんですよね。そういう意味では中二病をこじらせてしまってもう一生治らないくらいに六花は足を踏み込んでいた。

だから、十花は六花に並行世界でのバトルに付き合いつつも引き戻したかった。だけど、前回も家がなくなった現実を見つめても、涙の「バニッシュメント…ディス、ワールド!」でバトルフィールド展開となったわけですが、やっぱりその時には六花はまだ並行世界はある。

本当にある。信じていればきっと叶う。そんなイメージで十花の話も勇太の話も聞かずに抗っていたんですよね。

六花の恋と中二の患い


中二病でも恋がしたい! - アニメ画像006
だからこそ、十花との並行世界での敗北は自らの保身でもあり、その世界を守るために逃げたわけなんですが、勇太と過ごすことで今回はバトルフィールドが六花の目に映らないようになってしまった。

六花の中でようやく並行世界がなくてもいいかも知れないと感じ始めてきたという証拠なんですよね。それが恋煩いという病気で中二病を打ち消したという意味かも知れないです。

別に恋で煩う必要なんてなくて、結構勇太も六花のことに惚れているので両想いだけど、お互いまだ告白していないだけって状況なんですよね。

中二病でも恋がしたい! - アニメ画像002
だから、もし断られたらどうしよう?という懸念があるわけですれ違っているだけの恋なんですよね。まあ、くみん先輩と一色ぐらい距離が離れていると見込みがないわけですが、距離が近すぎるゆえに踏み出せない二人というのもなんだかもどかしいですね。

でも、中二病=負の感情というわけではないんですよね。それはそれで本人は楽しい感情を抱いているわけですから。六花の場合は中二病という世界を自ら創りあげて、そこにお父さんを配置した。ただそれだけのお話。

だから、お父さんは生きている。家も並行世界にある。そう信じ込んでいるからこそ、中二病という場所に逃げ込んだわけです。

中二病でも恋がしたい! - アニメ画像003
だけど、その六花にとっての邪王真眼という設定はずっととっておきたい宝物みたいなものなわけです。初期の勇太やモリサマーみたいに全て投げ出したい黒歴史じゃないんですよね。

やっぱり、お父さんとの思い出は宝物だし、勇太が中二病患者が好みそうなものを捨てるということはやっぱり思い出を捨てるということなので、それはそれで昔の自分を認めてあげるということが大事なんですよね。恥ずかしいことには変わらないけれど。

中二病でも恋がしたい! - アニメ画像009
だけど、何も残らない空白の人生なんてつまらない。だからこそ、六花にとっての中二病設定とか邪王真眼はいつまでも残るだろうけれど、勇太というかけがえのない存在が出来たことで、ようやくお父さんが亡くなっても心が壊れないで済んだというのがかなり良い話になっているんですよね。

前回の話も最高だったけど、神社での詠唱の後の六花の戸惑う表情だけでも泣けるストーリーとしてつながっていて、なんだかもう私も人生投げ出して、二次元の六花を愛し続けることを誓ってもいいぐらいに心に染み渡る感情として受け止めました。

今度は勇太に吊り橋効果


中二病でも恋がしたい! - アニメ画像017
でも、まさか本当に吊り橋効果をやるとは思わなかった。前回の感想で吊り橋効果について触れていた通り、やっぱり吊り橋効果はでかい。だから、六花は勇太を好きになった。

今度は勇太が六花を好きになるように吊り橋効果を……。って、そういう戦略って上手くいかないことをモリサマーの持っている教本から学ぶことが出来ました。恋の手ほどきは本だけじゃわからないんですよ。

やっぱり、実践ですよ。実践して振られて、振られまくって、OKが出た時の喜びといったらないわけですよ。まあ、私はその喜びを一度も味わっていないから全く説得力がないんだけどね。そういう意味ではモリサマーの感覚に近いのかも知れない。

中二病でも恋がしたい! - アニメ画像016
恋愛ごとは人から聞くわけじゃなくて、一人で勉強してそれを伝える。恋愛ごとの相談を受けたり、Y談をしたりしていない証拠でもあるわけで、そんなモリサマーに共感してしまうのも何だか恋愛って難しいよね、って感じさせます。

六花は勇太にあげるから、そんなモリサマーちゃんを私にください(上で「六花を愛し続ける」と書いておきながら、モリサマーを選ぶとか女心と秋の空。自分、女じゃないけど。でも、モリサマーは外見的に素晴らしいので見ているとなんだか変な気分になれるのですよ、性的な意味で、グッフッフ。「なんか気持ちよさそうだねー」 by くみん先輩の言葉が違う意味で聞こえた)。やばい、こんな感情を持っていたら、そのうちリアルで捕まる。

自然と感じる自然の素晴らしさ


中二病でも恋がしたい! - アニメ画像018
あとあと、勇太の言葉に惚れた。不可視境界線を肯定するぐらいだったら誰にでも出来る。それは六花と共感を得るためにただその流れに乗るだけなので。だけど、火の玉みたいな夕焼けが闇に変わるという自然なことが不思議と自然に見えない神秘。

この世界が作られた理由やこの世界での常識、この世界での謎、全てが全て、正しいことなんてあるわけじゃなくて、まずはその作られた自然を見て自分が何を感じるかが一番大事なことなんですよね。

中二病でも恋がしたい! - アニメ画像021
今は天災とか自然の脅威が注目されていますけれど、美しさという意味では自然は最高に美しく、作られたものを通して何か心に訴えかけてくる感覚があるんですよね。

それは毎日のことだから。普通のことだから。で、済ませてしまう人間もいるにはいるわけですが、普通じゃないと感じて毎日綺麗な夕焼けを見ながら感慨深さを感じ、暗闇に変わった情景を愛しく感じながら生きているのでは、人生の楽しみって大きく変わってきますよね。

そういう意味では周りでは普通だと思われていることも自然という見本があるわけですから、中二病セカイも普通じゃない感覚を感じていても問題ないわけです。

中二病セカイも自然も同じでそれを楽しいだとか愛しいと感じられるだけでも、普通に惰性で生きている毎日よりも幸せな日々を過ごしていけそうな気がします。