TARI TARI - アニメ画像013

心に響く歌。曲だけじゃなく、その曲をみんなで歌ってみんなのものにしたい。和奏が願ったのは切なくも心強い想い。


あぁ、なんか、白祭での演劇が決まってから、役割や分担を決めたりとか会議的な雰囲気がいいなぁ。今までは教頭になんて負けるかー、とか、来夏が来ないけど信じて待ってみるとか、ウィーンが白祭でサイが出るって本気にさせたりとか、意外とこの部屋で過ごしてきた時間というのが悲しかったり楽しかったりする(だけどウィーンのサイへの信じこみはどちらでもないようなw)。

いつも通り、来夏が張り切って仕切って威張って何でもやりきっている姿と冬服に変わった制服を見て、今までの彼女たちの奮闘ぶりを思い出してなんだか切なくも嬉しい気分になりました。

部長権限はどこへ?


TARI TARI - アニメ画像000
来夏が部長だからと仕切っているも紗羽と和奏に踊らされているのが笑えて、その来夏に踊らされる大智がいて、おまけとしてウィーンもいるわけで、なんとなく上下関係が出来ているのに上手く回っているこの5人の結束力はどこからくるのだろう?って感じるけれど、和奏や紗羽は来夏のことを色々言ってはいるものの、心の底では来夏のことを買っているんですよね。

紗羽はオタンコナスって言ってから学校で待って来てくれた信頼とか色々付き合いで相談にのってくれたり、和奏は音楽に戻すきっかけを与えてくれたことで、二人共感謝していると思う。でも、言葉に表すのは恥ずかしいから。いや、なんだかそんな言葉を来夏に言うというプライドが許さないからか。どちらかわかりませんが、良好な関係を築いている。

TARI TARI - アニメ画像001
対して、来夏から見て大智とウィーンは、来夏の脚本ではメインの女性3人が主役でその家来みたいな感じ(蛙だからそれ以下かも)になっているわけで、不満というかウイーンがぼそっと、「王子役がいいな」みたいなことを言ったら、即「そんな役ない」と切り捨てているわけで、来夏の大智とウィーンに対するイメージはわかりきっているけれど、もうあからさまに差別しているよね。

男女差別反対と男性陣が訴える勇気もなく、今に至るわけですが、それでもここに居る二人の忍耐力に感服します。対して、紗羽と和奏は「長いよ」の一言で一悶着あったわけで、これをウィーンが言ったらどうなっていたかと思うと恐ろしくて夜も眠れないです。

TARI TARI - アニメ画像003
そういう来夏も結構優秀で脚本なんてそう簡単に書けるものじゃないし、来夏の性格と言動から察するにそれなりに努力したと思う。まあ、和奏の作曲の努力は何度も映っているけれど、来夏の隠れた努力は全く映しだされていないわけで、スタッフも来夏の扱いが上手いw。

まあ、頑張って書いた台本を褒められるわけでもなく、「長いよ」の一言で拒否られるわけですから、来夏は怒ってもいいのですが、そこは部長。自分の台本とかどーでもいい(わけではないと思うけど)、和奏の曲に期待する所なんて、まさにまとめ役として素晴らしいと思います。

TARI TARI - アニメ画像004
まあ、来夏を擁護すると紗羽と和奏から軽蔑の目で見られそうなので、ココら辺にしておきます。その二人は来夏関係なく、影から支える役目があるわけで、きっと恥ずかしいであろう(実際は来夏の脚本の方が恥ずかしいレベルだけど)作った曲を聴いてもらうのが紗羽だと言うのがなんだかいいですね。

本当の友達って感じで、振り付けのためという名目があるけれど紗羽なら和奏の性格とか苦悩のことを理解しているからこそこういうことが出来るのだと。

TARI TARI - アニメ画像005
音楽に関しては声楽部にいた来夏の方がもしかしたら詳しいのでは?という野暮なことは聞かないとして、紗羽は和奏の作曲した曲にどう言葉で返すのか、こっちがドキドキしましたよ。

で、メールで返事を出したけれど、専門的なことを言わない紗羽がいいですね。気分が高揚したとか、感動したとか言葉は色々あるけれど、長い言葉にすればなんだかそれが嘘っぽく見えてしまう。

だから、一言。「絶対歌いたい」。和奏も紗羽も二人共言葉の選択が絶妙すぎるよ。お互いそれほど気を使っているわけではなくホンネで話し合って、この言葉ですから、和奏の心は結構安堵したんじゃないかな。その和奏の笑顔がお父さん嬉しくてね。

大智の憂鬱


TARI TARI - アニメ画像006
対して、言葉の使い方が下手すぎて泣けてくる大智。何を持って、自信満々に見せるのか。そこは下手だけど頑張ってみたとかいえば、来夏や紗羽やウィーンの反応も変わった…こともないか。

大智の唯一の味方だったウィーンも「上下逆なんじゃないかな?」とか悪気はないけど、素でひどいことを言われて傷心気味の大智に紗羽が「そういうレベルじゃないよ」とたたみかける。

紗羽は和奏に対する優しさの爪の垢程度でもいいから大智に分けて欲しい。上下逆以上の酷さってどんなだよ。みんなそれぞれ頑張っている姿を前の日に映していただけに大智が不憫すぎます。

TARI TARI - アニメ画像007
そして、動き出す大智。ようやく、花ひらく時が。と思ったら、逆でした。美術部で一朝一夕レベルで美術を学ぶかとおもいきや、部長に「小学生レベルでもいいんで」とか失礼にも程がある。

まさにあんたが描きなよ。この言葉は来夏から言われたので、そのまま使っているだけに不思議と感じる大智も大智なんだけどね。でも、絵は小学生レベルにも達していないんだよー。そこだけはわかってくれ。という心の叫びが聞こえてきそうです。

すべてなくなるわけではないんだよ


TARI TARI - アニメ画像009
そして、なくなってしまった白祭。なくなってしまう校舎。予想外でした。学び舎が住宅地になるなんて。そりゃ、教頭も悩みますね。しかも、二度言われたくないという意味で職員会議を出ていったのはそれだけこの学び舎を愛しているのか、それとも、メンタルが弱いのかわかりません。

来夏曰く、ロボット兵器だから、メンタル自体がないのかもね、あはは。なんて笑っている場合じゃない。どこも暗い空気で、白祭の準備途中の小道具とか地味に泣けてきます。

TARI TARI - アニメ画像012
でも、仕方ないと割り切っている彼女たちはやっぱり強いんですね。せっかく頑張って作ったものが無意味なものになってしまうのだから。だけど、一人だけその逆境に立ち向かおうとする姿があった。

積極的に何かをやりたいという来夏の十八番を奪うような対抗精神。周りがどうなろうと、自分たちは自分たちでやってきたことを思い出として残したい。白祭が終わって合唱部の最後に何も出来なかったという思い出はいらない。

TARI TARI - アニメ画像011
せめて、抗ってもがいて色々な人から咎められようとも、自分たちの白祭は終わっていない。そんな最後のあがきを和奏が見せてくれてちょっと感動しました。母親から受け継いだ作曲の続きが出来上がった。

それはそれで母親の意志を継いで実行できた自分を褒めればいいのだけど、母親の愛情を感じた和奏はそれだけじゃ満足しない。母親が所属していた合唱部として歌う。母親が学んだ来年で最後の学び舎で歌う。

それは今しかできないこと。今を生きている嬉しさとか楽しさを学び舎がなくなる悲しさを吹き飛ばすくらいの活躍を期待しています。

TARI TARI 1 [Blu-ray]TARI TARI 1 [Blu-ray]

ポニーキャニオン 2012-09-05
売り上げランキング : 929

Amazonで詳しく見る
by G-Tools