咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像007

命を賭けた戦いが今始まる。
そして、終わりを告げるのは対局か人生か……。


スミマセン、すばらっさん。あなたはいつまでも脳天気に、負けても負けても打たれ強く立ち上がって麻雀を打っているのだと思っていました。だけど、玄ちゃんが涙目になるよりもすばらっさんが落ち込んだという事実がすごくショックだよ。

宮永照を相手に準々決勝を勝ち上がってきたし、千里山女子を利用してなんとか飛ばされずに済んだし化け物揃いな中、お気楽に考えているものばかりだと思っていました。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像002
だけど、その糸が切れてしまった時のうつ伏せ状態に雀卓に倒れこんでしまった図がなんとも悲劇のヒロインになっているのが悲しくてね。

倒れそうな園城寺さんに涙目の玄ちゃん、心情を察するにそれよりももっとショックを受けているのかもしれない。それは今回もダメかもという弱気な顔を見せるのではなくて、うつ伏せてどんな表情をして、どんな顔をすればいいのかわからない。

カメラがあるからこそ、うつ伏せにならないと味方に心境が知られてしまう。でも、その姿勢こそが一番伝わりやすいというのを知らないだろう、すばらっさんがいるわけで。準々決勝で白糸台がトップでその後に転がり込んだ形で準決勝までやってきたわけで、前に一度戦った時もボロボロにやられていたと思う。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像003
で、それが今度もそうなってしまう。それは千里山女子にやられまくった玄ちゃんの準々決勝にも似ていて、味方の期待を裏切ってしまうというのが辛いんですよね。

個人戦だったら、負けてもいいや、って思えるけれど、その後には4人が控えているわけで、その4人が最初から敗北感を抱きながら戦わなければいけない。

そんな気持ちが心を締め付けて、場中では精神力の強さと試合での冷静さを保つためにネガティブな感情を抱かないように、「すばらっ」「すばらっ」言いながら、それが本来の自分を保つために言っていたのだとしたら泣けてきます。

で、前半戦が終了して言葉を失った。もう、自分を責めるだけで味方のもとへ帰れない。帰れば気まずい雰囲気が待っている。

きっと、その雰囲気を打開できるいつもの自分を保てる自信がないからこそ、戻らない決断をしたんだと思います。麻雀をしている時より、していない時の方が心を打ちますね。すばらっらしいすばらっな一面が見れました。頑張れ、すばらっ!

表現力と映像の魅せ方


咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像006
って、今回内容うっすいなー。別に悪いことではないけれど、宮永照の圧倒的強さにひれ伏せ愚民どもみたいな雰囲気がいつまでも続いていて、ある意味、ハルヒのエンドレスエイトのような終わらない夏休みにも似た、終わらない宮永照の親番での上がり。

確かに言葉だけで表現するなら、ひっどいアナウンサーが色々と言葉を並べ立てて、スゴさを情報と経験と勘と語彙を組み合わせながら、解説の人と話せば尺は減らすことが出来るけれど、さすがはベテランアナウンサーからダメダシされるくらいのアナウンサー。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像000
もう、インターハイチャンピオンとか、連続ホーラくらいしか言ってない気がする。あ、解説がドヤ顔で見ているということくらい。思い返すと、本当ひどいっすねw。ということで、時間だけが無駄に過ぎていくわけで、内容は薄くなってしまうのは仕方ない。

いや、無駄に過ぎていくわけではなく、宮永照の得点だけが上がっていくということだけですね。もう、玄ちゃんの面影すら思い出せないよ。宮永照対策を憧と練ったけど、後半戦全く意味ないという。ダメだ、この二人なんとかしないと。

いや、きっと玄ちゃんはステルスモモのステルス能力を学んでストーリーでのステルスになっているんだと。きっと、このまま最終回まで玄ちゃんの活躍は見られないままだと、すばらっ!

来週から『咲 -Saki- 千里山編』始まります


咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像005
で、やっぱり、園城寺さんに話がいってしまうんですよね。もう、スタッフもわかっているかのごとく、園城寺さんプッシュに専念ですよ。

すばらっがなんとかいつも通りに打って、玄ちゃんは終始涙目だけど、園城寺さんが主役を奪い取ったのは間違いない。うん、穏乃なんていなかった。このまま和に会えないまま終わったら逆に面白いけどねw。

冒頭とCパートであれだけフラグ作って、ニアミスとか面白すぎるわ。もしかしたら、第12話までのテレビ放送では全くそのことに触れず、園城寺さんオンリーで対局を終えて、園城寺さんが不憫すぎて泣けてくるわー、な最終回を作って、ネット配信で穏乃たちが和に出会うという流れ? あと、2話で大将戦は出来ないだろうしね。これは来週から阿知賀編終わって、千里山編始まります。

千里山女子はこのままでいいのに……


咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像014
もう、園城寺さん好きでない人にとってはもういいよ、と言いたくなるほどに園城寺さんの独壇場なわけで、すばらっな人や宮永照の回想もない。園城寺さんの悲痛な日々が淡々と映しだされていく至福なひととき。

10万点差がついたとしても、決勝に進むのは二校だから、二位をキープしている千里山女子はそれほど焦る必要もないと思うんですけどね。でも、そうなると、すばらっの二の舞になってしまうわけか。そういう意味で宮永照を一度倒しておかないといけないわけですね。まあ、その前に園城寺さんが倒れてしまいそうだけど。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像015
一巡先のその先へ。もはや『未来日記』の領域へ踏み込んでしまったわけですが、あれですか、一巡先、二巡先、三巡先と見えてくる先が増えてくると園城寺さんの寿命が縮まっていく設定ですか。園城寺さん、なんですぐ死んでしまうん?みたいな最終回とか嫌やー。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像008
でも、今まで病弱設定で弱い弱いと思っていたけれど、私の記憶が定かならば本当に倒れたのは今回が初めてですよね?

だからこそ、清水谷さんがマジ泣きしていたわけで、いつかはこの時がくるとは思っていたとか考えて、園城寺怜との思い出でも蘇ってしまったんやろか。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像009
でも、そんな清水谷さんの本気の心配をさせないための術を園城寺さんは覚えているわけで、夢じゃなければ胸も触れちゃうじゃない。っていう理論で、私も倒れたら夢かどうかの確認で清水谷さんの胸が無条件に触れちゃうわけですね。夢じゃない夢ですよ。夢であってもある意味夢ですよ。本当素晴らしい。もう何いってんだかわからなくなってしまうほど羨ましい世界。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像011
まあ、ここでボケを入れた園城寺さんはポジティブに考えようとしているのだと考えれば胸の一つや二つ揉んでも問題ないってことです。そんなボケを入れてくるくらいだから、真剣に悩まなくてもいいんだ、って清水谷さんの安心につながるわけで、清水谷さんの安堵と共に清水谷さんの胸が揉めて一石二鳥ですよ。

走馬灯のその先へ……


咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像013
で、そんな清水谷さんの心配を緩和させようとしているボケな園城寺さんがいて、本気で考えているシリアスな園城寺さんもいる。

確か、走馬灯が見えたからこの一巡先の能力が得られたわけで、死にかけの園城寺さんだからこそ、千里山女子の先鋒を任されている。きっと、この能力がなければ、他の千里山女子の部員たちの中に埋もれて、代表として選ばれなかったと考えると、このまま一巡先を読まないようにして普通の病弱な部員としているか、命を賭けてまで麻雀でインターハイ優勝を狙うかのどちらかなんですよね。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A - アニメ画像012
で、揺るぎない思いで後者を即座に決断できる園城寺さん、マジパないっす。しかも、二巡先を読む特訓して倒れるとか、一度きりの人生を麻雀に注ぎ込みですよ。

そんな命を捧げるような志で挑んでいる高校もあれば、ただ会えていない旧友に会いたいだけの動機の高校もある。なんだ、このギャップはw。

これは園城寺さんが命を削らないよう安らかに眠ってもらうために早く破れた方がいいのか、それともインターハイ優勝した方がいいのかわからないです。とにかく園城寺さんの身の心配だけをして終わりそうな気がします。でも、それでいい。最期は笑顔で迎えられれば……。

咲−Saki− 阿知賀編 episode of side−A 第一局 [Blu-ray]咲−Saki− 阿知賀編 episode of side−A 第一局 [Blu-ray]

ポニーキャニオン 2012-06-20
売り上げランキング : 735

Amazonで詳しく見る
by G-Tools