アニメ画像002

本格的麻雀になり始めて、わからなくなってきたぞー。解説の人がサボっているせいで何が何やらサッパリだじぇ。ここは盛り上げるためにも実況に白石でも呼んでこーい。


まあ、『咲-Saki-』自体が試合を中心にオカルトなしで勝負するとなると素人の私からすると雰囲気だけしか味わえないんですよね。

だけど、上級者からすると麻雀やるならキッチリやって欲しい願いもあるから、その両者の言い分を上手い具合に配分出来ている所がこの作品の麻雀に対する魅力をドヤッとばかりに見せてくれます。

玄のドラに愛された秘技


アニメ画像000
玄ちゃんのドラはわかりやすいし、宥の温かい牌もわかりやすい。姉妹揃って、麻雀の得意技や傾向があるから読まれやすいけれど、それでも勝ってきたのは読んでも実践でその対策を出来るかって別物だと思っています。

玄を相手にするならドラを切るのは危ないというのはわかっても、ただそれだけのために場を降りるというのは負けないまでも勝てない可能性の方が高いわけで、玄の力さえあれば自然とテンパイするだろうし、ドラも入っているだろうから、その額も半端ない。

そんな退け越しではいつかはやられると思って、攻撃的に出て自分の麻雀を貫こうとしても牌に愛された玄が強気な攻めでいつの間にか飲まれてしまうんでしょうね。

千里山女子に狙われた松美姉妹


アニメ画像005
だけど、その玄が千里山女子の園城寺さんに狙われて最下位に沈んで、今度も姉の宥が登場して、同じように千里山女子に狙われる。だから他2校は、千里山女子の常連シードへの警戒もあるので、トップを走ってもらって自分たちは狙われないようにしたたかに2位を狙って通過する。

で、やっぱり千里山女子は宥を狙って攻めてきたので、自分たちは巻き込まれず振り込まないように何度も降りる2校を見ていると、なんだか燃える展開ではなく、冷めた展開となっていました。

場は千里山女子 vs 阿知賀女子。そして、漁夫の利を狙う。

なんだろう、今までは4人で麻雀している時はリーチ棒すらない不憫な池田ァを除いて攻撃的な熱い展開があったからこそ、そこで群を抜いて強い1人の力を見せつけていたので、相対的に強く感じていたんですよね。

アニメ画像007
だけど、今回の他2校は弱気なムードだからこそ、相対的にレベルが低く感じます。確かに戦略といえば戦略だけど、そんなインターハイでいいのかって考えると、内容はともかく結果が全てになってしまうんですよね。

勝負に勝った、負けたではなく、避けて通過しようとしている2校は、もしこのまま勝ち上がったとしても不完全燃焼で終わる気がするんですよ。

そこはどんなに強い相手と対戦しようと勝負を楽しまないといけないと感じました。逆にシードの千里山女子から狙い撃ちされている阿知賀女子は、自分たちと違って唯一ライバル視していると少しくらい嫉妬したり冒険に出て欲しかったりしました。

だから、宥と憧が頑張って、2位を奪取したときの他2校の落ち込みようは何か分かる気がします。やっぱり自分たちは蚊帳の外だったのか、って感じたら悔やんでも悔やみきれないよね。

宥の本当の恐ろしさを見せてやる!


アニメ画像003
で、宥お姉ちゃん。この子はあんまり強くないように見えて実は……、そんなに強くありませんでしたw。いや、妹のようにドラが集まるようなオカルトっ子だったら、違ったかも知れません。

それに千里山女子の子にデータ分析されていたせいもあって、相手が悪かったし、妹の玄の荷を背負っての試合だったから、その分、プレッシャーを感じていたせいもあるし、いつも楽しそうに麻雀クラブに行っている妹を見るだけの存在だったから、その分のブランクもあるし、色々な逆境に一人で立ち向かっていかなければいけなかったんですよね。

しかも、ちょっと(かなり)寒がりの変わった子だし、一人ひきこもりインドア派な印象の彼女としては衆目に晒されて、その打ち方や状況をテレビで見られているという状況もあって、一人でどうしたらいいのかわからなくなっている姿が可愛いと思うし、頑張って欲しいと願ってしまう。

妹の負けは姉が取り返す、とばかりに試合に臨んだけれど、この子の性格を思い出してみれば、キープするのが精一杯な気がするんですよね。しかも、姉妹揃って千里山女子に分析されて丸裸(寒いっ! by 宥)なわけですから、玄の二の舞になってもおかしくないわけで。

アニメ画像004
だけど、それは千里山女子の分析のちょっとした間違いで大やけどにならずに済んだけれど、玄と違って宥は温かい(赤い)牌を集める傾向ってだけで、ドラを捨てられない玄の束縛はなく、結構自由に麻雀を打っていたせいもあるし、試練に直面した時に玄は思い出と周りの重圧ばかりが蘇って悪い方向に進んだのに対し、宥は麻雀部で習ったことを冷静に思い出して、そのことを実践に移せたのが大きな違いなのかも知れません。

でも、玄のその思考も嫌いではないし(むしろ、好きだし!)、悪くないと思う。その落ち込みの分、姉が責任を果たして強くなったのだから、こうやって、誰かが足を引っ張るって考え方ではなく、誰かが弱くなったら、周りが支えて、自分自身が強くなればいい。そうやって、阿知賀女子は勝ってきたんだと思うと、何か感慨深いですね。

アグレッシブに鳴きます、憧の決断力の早さ


アニメ画像013
そして、中堅の憧。ようやく出番が回って来ました。てっきり省略されるのかとおもいきや、Bパートまるまる使ってくれて、憧ファンの私としては嬉しいです。アグレッシブなのは穏乃の十八番だと思ったけれど、麻雀では泣いてみせようホトトギスのごとく、動きまくる麻雀を展開。

実際でも、穏乃が麻雀で和とまた会いたいという言葉を受けて、進学先まで変更してしまったのだから、日常でも決断力と行動の早さでは確かに普通の人を超えてますわ。中の人が鶴屋さんの解説では阿知賀女子では憧が一番強いと言っているけれど、本当だろうか?と、この人の言葉全てを疑ってみたくなる解説ぶりは健在。

むしろ、鳴きまくるなら、先鋒の園城寺さん対策にぴったりだったと思うけれど、それはあとの祭り。この順番での戦略も千里山女子の方が一枚上だったということなんだろうか。赤土先生ガンバ。

初瀬がいいやつすぎて泣けた


アニメ画像008
で、嫌味をいったけれど、見送りに来るくらいに実はいいやつでした初瀬が、憧の対戦を見に来たという場面がとても好きです。

むしろ、対戦順を見てきたかのごとく絶好のタイミングにやってきて笑えたけれど、やっぱり憧のことは気にかけていて、同じ学校に進学して一緒にインターハイを目指そうという目標はある意味潰えてしまったわけで、結構悲しいことだと思うんです。

それでいて、自分よりも穏乃の夢を叶えるために阿知賀女子を選んだ憧の意志は大事にして、勝負で負けたからとはいえ、その選択を間違っていなかったと後から言える彼女は本当に良い友達なんだなぁ、とつくづく感じます。

アニメ画像009
普通なら裏切ったとか悔しいから見ないとか、色々言いたいことは山程あるけれど、また、来年には強くなって勝負するからって態度はスポーツの世界での後腐れない感じがしていいなぁ、と感じたり。

赤土先生が来て強くなった阿知賀女子に初瀬が転校すれば、憧と一緒に麻雀部での活動が出来るわけですし、ばんせい高校はどうやら頭がいい学校みたいだから、転校もきっと容易に行えるような気もするけれど、自分の選んだ道は曲げない姿勢と、憧とはチームメートではなく、ライバルとして割り切ることがもう出来ている彼女の意志も揺るがなくて、この子もある意味強い子だと感じました。

灼の秘めたる本気


アニメ画像012
そして、来週からはお気に入り(ファンとは違う)の灼が登場で今から眠れないぜ。赤土先生との過去を二人で乗り越えて、その舞台で結果をだそうとしている灼の強気な姿勢とどんな麻雀を打ってくるのか予測がつかないです。

手にはめたグローブみたいな奴は牌を落とさないための滑り止めみたいな役割しかないかと思ったけれど、灼がはめていると、今まで強かった赤土先生に惚れていたけれどそれは幼い頃の思い出。

アニメ画像011
そう割り切っていそうだった彼女が万全を期すために、そのグローブをつけているのだとしたら、言葉には出さないけれど、この麻雀という遊戯と試合にかける意気込みが伝わってきて、今から泣きそうなんだけどどうしよう、どうしよう。

咲−Saki− 阿知賀編 episode of side−A 第一局 [Blu-ray]咲−Saki− 阿知賀編 episode of side−A 第一局 [Blu-ray]

ポニーキャニオン 2012-06-20
売り上げランキング : 735

Amazonで詳しく見る
by G-Tools