アニメ画像009

『軒下』という固定概念を『宇宙人』と同様に覆してくれる存在を探し求めている少女の生き様と、それに対抗するエリオの存在と真との距離感。


エリオとは対になる存在の社。エリオからの共感を得て、仲間となる。社にとって、一人は寂しい。一人で居たくない。それはエリオも同じ気持ちなので、仲良くすればいいのに、と思っているだろう真。だけど、結果的に社と仲良くなれるのは真。

選ばれし存在というわけで、誠にとって、ありがた迷惑もいい所なんだけど、気を引くという意味では誰も彼も見捨てられない真はその気持ちに応えて、青春ポイントを重ねていくのか、もしくは時間の浪費に終わるのは彼の力と彼を取り巻く周りの愛情に左右されそうです。

リュウシさんの恋愛感情はサッパリだ


アニメ画像007
ちょっと、唐突にリュウシさんについて書いてみたくなりました。リュウ『コ』やっちゅうねん。はい、このツッコミ。彼女はいつも嬉しそうにしているんですよね。気にした素振りを見せながら、そんなコトに対して怒り心頭で、今度言ったら絶交だからね、みたいに本気で訴えかけない。それはある種のあだ名で、その絶妙な距離感が好きなんですよね。

彼女は照れている時も言葉につまる時も、何かを言って空気を悪くしないようにする。沈黙というのが彼女にとって恐れの対象となっているのかも知れません。いつも、相手がどう思っているのか気になるし、自分を嫌いにならないように間を持たせて、気を使わせないように極力努力する。そんな姿が彼女をこの作品での人気のあるヒロインに仕立て上げている。

アニメ画像003
真はエリオに一途に思わせて、リュウシさんにそれとなく保険をかけているように見える恋愛事情も、二股三股に見えるハーレムも、真にとっては憧れた普通の学生生活なんでしょう。まあ、真とリュウシさんがケータイメールでやり取りしている時の改行でスクリーンを変える場面はスクイズを彷彿とさせて、誠氏ね、じゃなくて、真氏ねと視聴者に思わせることも狙っていると思うので、それはそれでそういう見方でも面白いのかも知れない。

だけど、リュウシさんは真を気にはかけているけど、恋愛感情までは至っていないと思っています。そりゃ、嫉妬したり、ヤキモチ焼いたりしますよ。でも、それは友達としての真を他の人に取られたくないという感情からで、恋愛まで発展しきれていないという部分が強いと思います。きっと、彼女は恋愛感情まで持って行きたい。

アニメ画像006
中島君に恋焦がれているときの自分を再度取り戻したい。一緒に遊んだり話したりする楽しさを感じながら、友達から恋愛へと発展する過程を経て、今度は失敗したくないという気持ちが強いのだと思います。だからこそ、いきなり、恋人関係へと急接近することが怖かったりして、徐々に真に近づこうとする気持ちがなんとも言えない。

そんな恋愛感情へと近づけようとしているリュウシさんとの間に、エリオや前川さんを加えて、「みんなで仲良く!」を貫こうとしているのが真。それはハーレムエンドを目指そうとしているのではなく、誰もが幸せを感じて、誰もがそのつながりに喜びを見いだせるような感情を抱けるように救ってあげるのが真の性格。

アニメ画像008
だからこそ、一番その幸せに遠いエリオのことを構ってあげなければいけない。でも、そのことで、どれかが犠牲になることもある。その選択に今は戸惑いを覚えている時期なのだと思います。そういう意味では、他人への平等な優しさを貫こうとして、特別な存在へとなかなか位置づけしてくれないリュウシさんも不憫だと思ったりね。リュウシさんの恋路への道は、まだまだ先は長い。

雌雄を決しようじゃないか、どちらが正式な電波女になるか


アニメ画像005
社というキャラがよくわかりませんw。でも、この子のキャラはぶれていない。この終盤にきてのテコ入れかと思いきや、彼女は彼女なりに考えて生きていて、その生き様に惚れてしまいそうになる。真に興味を抱かないで、エリオに抱いたというのがポイントな気がします。

社は色々なものを手に入れたい。それは人の心であったり、未知の物であったり、様々だと思う。きっと、誰かからすごいね、と言われるだけでいいのかも知れない。それは特定の誰かなのか、それとも、地球人全員のことなのかわからない。だけど、そこには夢がある。

アニメ画像002
人が手に入れられないものに対しての欲求は、自分自身の誇りを保つためでもあり、それを手に入れて、周りからの称賛の嵐を願って、自分の存在意義について満足したりするのかも知れない。だけど、人が手に入れられないものは手に入れられない。その言葉通りの言葉なので、何も難しいことを言おうとしているわけではなく、手に入れられないからこそ、憧れになる。手に入れられれば、それは人が手に入れられないものにはならなくなる。

つまりは、夢として目標を設定するのはいいけれど、その夢を叶えてしまった後の自分はどうなるのかわからない。ただ単に、また、手に入れられないものを見つけて、手に入れようとする行為に移れる気力があるのかも不安だ。永遠に満足することのない不安を抱えながら生きていかなければならない。だから、夢は夢として、到達できないから夢であるようなものかも知れない。

アニメ画像004
で、それを達成した場合を想定しているのが社の超能力と宇宙人設定。「設定とか言うな!」。信じてくれる人はいないかも知れない。いや、むしろ、何もしていないのに信じろという方が無理があるだろう。ただの構ってちゃんにしか思えない。しかも、宇宙服というコスプレ属性は前川さんが既に習得済みだ。ただの痛々しい子にしか傍目に映らない。

だからこそ、エリオを求めた。同じことを考えている同志として、共に人生の在り方について共有し合いたい仲間として、共に励まし、共に頑張って生きようではないか、ということなのだろう。確かに、昔のエリオだったら、共通認識として、ウマが合ったかも知れない。だけど、今のエリオは違う。

アニメ画像012
全てを失った。地位も名誉も目標も夢も全て。あるのは家と母親と真。だけど、全てを失っても、自分を擁護してくれる真を手に入れたことに喜びを抱いたので、エリオの人生では彼女なりの満足がある。手に入れられないものは求めない。夢は高く設定すれば、それに向かって努力しようという気概がわいてくるけれど、遠ければ遠いほど、遠すぎて挫折してしまうのも否めない。

だから、エリオの夢は宇宙人になること(周りから認めてもらうこと)から、真のそばにいることに変わったのかも知れない。それが、社にとっては許せないことかも知れないために、興味がエリオから真へと移った。

アニメ画像010
彼は宇宙とは違い、地底にロマンを求める男だ。どちらも何があるからわからない未知のものなので、真としては興味がある。社みたいに手に入れたい(手に入れたと彼女は言っているけれど)わけじゃない。傍観者として見ていられればいい。

アニメ画像011
だからこそ、水という地底で活躍できそうな社に少しだけ興味がわいてきたのだろう。もしかしたら、というのもある。だけど、それはそこまでだ。例え、彼女が何かを手に入れていようと、入れていまいと、現実をぶち壊してしまうような少女は青春ポイントにとってはマイナスでしかない。だから、社がどれだけ、真に興味を引かせることが出来るのか、今後のポイントですね。

電波女と青春男 (電撃文庫)電波女と青春男 (電撃文庫)
入間 人間 ブリキ

電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫) 電波女と青春男 3 (電撃文庫 い 9-12) 電波女と青春男〈4〉 (電撃文庫) 電波女と青春男〈6〉 (電撃文庫) 電波女と青春男(7) (電撃文庫)

by G-Tools