アニメ画像007

ごめんなさい。訳がわからないままです。結構、ひどいこと言っているので、作品が好きな方は読まないで下さい。


はっきり言うと、この作品は全く面白くなかった。好き嫌いは別れるとか、ストーリーが理解できたできないとかのものではなく、エンターテイメントとして見るならば失敗に終わったと思う。

アニメ画像000
確かにメッセージ性はいい。第5話ぐらいまではフラクタルシステムとロスト・ミレニアムの抗争を想定して、制御する側からされる側へと転向した際に表れるメリット・デメリットの提示。一番のポイントはそこだと思う。ボーイ・ミーツ・ガールストーリーは二の次で、そのメッセージを視聴者に伝え、考えさせることが出来たなら成功だと思っている。

でも、それは書き手のメッセージが伝わったことに成功しているだけで、ストーリーが面白いかどうかは、また別の話だ。芸術作品ならば、芸術に特化させることでコアな層を取り込むことが出来る。逆にエンターテイメントに徹し、楽しい可愛いだけしか残らない娯楽作品としての魅せ方もある。そして、想定した層では一般層とオタク層などの違いがある。

アニメ画像003
一般層の取り込みに失敗していたのは第3話くらいでわかったとして、あとは作品の伝えたいことを画面に見せることが出来たことまではいいと思う。それなりに魅力はあったし、先の展開が気になるようにもなった。だけど、それを噛み砕いて視聴者にわかりやすく伝えつつ、エンターテイメントとして楽しませることが出来なければ、アニメとしては失敗だと思っている。

それならば、ストーリー仕立てにせずに、一般教養の本として東浩紀名義で出せば、その層は楽しんで買ってくれるだろう。だけど、いろいろな人に楽しんで学んでもらいたいという意思がヤマカンらにあったなら、作品としての面白みのある魅せ方や展開が一杯あったのではないかと思う。

アニメ画像004
終盤にかけては、ただ、視聴者の目を惹きつけるために怒涛の展開を用意したけれども、出来上がったのは何の感情も抱かなくなってしまったキャラたちである。今まで作り上げてきたキャラは意志を持ち、その意思を曲げずに貫いてきた。スンダやディアスや祭司長というキャラはそれぞれシステムと人間の在り方について考えて生きていた人間だった。

だけど、その3人とも、自爆を含む戦死で終わらせてしまうあたりに、死なせとけば格好いいみたいに思っている節があったと思うので、非常にもったいない発想だと思う。彼らなりの生き様を考えると、その体を張って守り破ろうとした行為は、全てムダに思えてしまえるようになる終わり方だった。

アニメ画像005
つまりはキャラに魅力があったけど、ドラマが悪かったという話です。きっと、最初のほうでノラリクラリと日常をやっていたツケが終盤の尺に追われるカタチになった印象で、色々と謎が残ったままになった。なので、視聴者はどういった気持ちでこの作品に向きあえばいいのかわからなくなってしまった感じがします。

きっと思うに、クレインとフリュネ(・ネッサ)が幸せに暮らせるハッピーエンドになれば、その過程はどうだっていいと思えるように投げ出してしまったかに思える、ラストの数分。犠牲者は多く出すも、何も変わらず、普通の毎日が続く。今までの抗争がムダだったかのように、平和な未来を映せば、それで十分なんだろう。

アニメ画像006
そういう意味では芸術性や哲学性の高さを追求しながら、簡単にクレインとフリュネがくっつけばいいや的な単純な発想で両極端になってしまったんですよね。

メッセージ性を重視したいなら、スンダやディアスや祭司長を主役級にして彼らなりの意思をもっと表面化させる必要もあったし、エンターテイメントとしてなら、クレインとフリュネの恋路を阻むバローという図で、クレインのフリュネに対する愛着や思いをつたえる必要もあった。という、どっちつかず。

アニメ画像001
後者の面ではクレインを邪魔するものが重過ぎる。重いのはいいのですよ。だったら、その重さを跳ね返すくらいのクレインの意思や覚悟を見たかった。クローンとしてのネッサやフリュネの心の傷。そして、フリュネに対するクレインの愛を邪魔するが如く、バローの慈悲にも似せた性的な感情が露骨すぎて、気持ち悪さを出した。

フリュネに対するお父さんとなるバローが、その父性の欠片もない性的な意味での一番ノリであり、ペットに近い感覚にしていた、フリュネへの蹂躙が辛い。だけど、その辛さを払拭するには最終回の尺では足りない。ハッピーエンドで終わったけれども、彼女は一生傷を抱えて悩み続けるだろうし、クレインはそれを包容力で補えるかどうかという部分だろう。

アニメ画像008
そういう意味では気持ち悪さはあり続け、視聴者は楽しい面白いという感情を抱かぬまま終わってしまったんだなぁ、という何も感じない無気力感を味わった気がする。もし、これを面白いと思って、BD・DVDを買っていつまでも見るよ、という人がいたら、尊敬に値します。

フラクタル第1巻Blu-ray【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付フラクタル第1巻Blu-ray【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付

東宝 2011-04-22
売り上げランキング : 722

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フラクタル(1) (ガンガンコミックスONLINE)フラクタル(1) (ガンガンコミックスONLINE)
マンデルブロ・エンジン 山本 寛 岡田 磨里 東 浩紀 赤崎 睦美

スクウェア・エニックス 2011-01-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools