初インストアイベントということで緊張。
まあ、CDシングル購入の付加イベントなので、あまり期待していなかったでゲソ。
それに最近イベントスペースが出来たアニメイト横浜だしね。

当初は150名だと聞いていたはずが、300名ぐらいに膨らんだのはなんでゲソ。
これはもしかして、イカちゃんの人気爆発で定員を多くしたという狙いでいイカ?

こんな感じで簡易といいつつも1時間丸々楽しめたイベントの詳細を、
箇条書きで記憶に覚えている限り、書き連ねたいと思います。

とまあ、アニメイト横浜の敷地面積を考えればわかると思うけど、300人ほどの人数を並ばせるほどの場所がなく、非常階段にびっしりと詰まる格好になったオタたち。さすが訓練されたオタだ。そんなスペースでも不平不満一つ言わずにイベントをいまかいまかと待ちわびている空気がなんという一体感をもたらしているのかと幸せな気分になりました。

まあ、非常階段にびっしり詰まっているぐらいだから、火災でも起きればみんな焼死してしまうぐらいに混んでいるので、警備員さんに怒られましたが、訓練されたオタは慣れているのかそれほど気にしない。

あとで、スタッフがきて、警備員に何か言われたら、全てスタッフの責任だと言ってくださいと、いった一人のスタッフの言葉に感動したよ。ほぼ無料イベントなのに、きちんと、お客として扱っていて誠意を感じた。スタッフがオタを守り、オタはアニメを愛し、そのアニメスタッフがスタッフに感謝するこの循環がたまらなくいいですね。

と、話が脇にそれました。非常階段を上がったり降りたりして足がガクガクになっているおいらを励ますかのように、スタッフが立ち見の場合もございますので、ご了承ください、という言葉に元気が出たよ。立ち見の場合というからには席があるんだな。と思いつつ、おいらの整理番号を見ると120番台。まあ、大丈夫だろうと思って、会場入りしたら、前の80名くらいが座って、後ろの200名弱は立ち見だったよ。とほほ。

会場はちょっと広めの会議室といった感じで、NHKのカメラが入っていたけど、放映されるんか、これ? そんな感じでイベントスペースはそれなりに綺麗サッパリといった様子。これは今後もイベントがあれば、是非行ってみたいけど、やっぱり椅子に座りたいでござる。

ってか、前置きが長すぎましたね。スミマセン。

この侵略会議は名前のとおり、イカちゃんの同胞が集まってのイベント。なので、イカ帽子をかぶってくることが半強制的にアニメイトからの注意書きで書かれていたけれど、入場時は周りを見渡してみても、1人か2人くらいしかかぶっていなかった。だから、一般人のおいらはホッと一息。だけど、開演時にはかぶっている人とかぶっていない人が3:7くらいになっていました。うーん、かぶっていった方が良かったなぁ、とちょっと後悔。まあ、そのイカ帽子のせいで立ち見で後ろの方のおいらはステージが見えないというデメリットがあるということにショボーン。(´・ω・`)

で、ランティスの司会の人(名前忘れた)が出てきて盛り上がり、「ゲッソー」と言った瞬間に会場から「ゲッソー」という返事がある。何この空間。これがイベントか。イベントなのか。と驚いていたけど、司会の人も驚いて反応いいな、と喜んでいました。司会者でこんな反応だから、イカ娘の中の人の金元寿子さんが出てきたらどうなるんだ、と思ったけど、やっぱりすごい「ゲッソー」の声。

会場がイカ娘に対する愛に満ち溢れていて、その空気を吸っているだけでも幸せになれるぐらいに和やかな雰囲気で始まりました。冷めてもなく、ヒートアップしているわけでもない。このステージと客の距離感がすごくいい。

以下、箇条書きでイベントの様子を。

・金元寿子さん、スタッフが用意したであろうコスプレで登場。
・早々に「これつけていると聞こえにくいから取りますね」とイカ帽子を脱ぐ。
・会場から、「あ、死んだ」「死んだ」のボソボソ声。何か反応いい客。

・まずは最終回終わってのお疲れー、とイカちゃんのキャラソンの話。
・まさかイカちゃんがアイドルになるなんて想像できなかったという金元さん。
・イカちゃんなら人類に対して媚びるのではなく偉そうにするのでは、と。
・でも、金元さんとしてはイカちゃんの可愛さが出ているB面が好きということ。
・特に「〜生絞りれもん風味〜」がしっとりしていてオススメ。
・B面に金元さんがセリフ入れたかったようで、会議した結果あのようになった。
・A面とB面のどちらが好きかと会場にふったら半々。どちらも良い曲ということ。

・打ち上げが昨日の火曜日に行われたということ。
・原作の安部真弘氏がスピーチをしているときに緊張してカンペを見ていたこと。
・その様子を緊張している人を見るのが好きな水島監督が気に入っていたこと。
・金元評価では安部真弘氏は優しい人。別にいわされていませんよw。

・金元さんがオフレコでは伊藤かな恵にまとわりついていたこと。
・司会者がやっぱり中の人もイカちゃんのそばにいたがるんだに会場爆笑。
・かな恵ちゃんが金元さんにくっついているのではなく、逆というのを必死に説明。

ここで、会場入場順抽選のときに渡したアンケートの話になる。
ペンネームとイカ娘のエピソードベスト3とイカちゃんへの進言を書く二つあった。
私は恥ずかしいので、何も書かず。それに好きな話数覚えていないというのがw。

会場 3位 第1話Aパート「侵略しなイカ?」
金元寿子 3位 第8話Cパート「ささなイカ?」
・イカ娘登場の時の最初のインパクトは確かにすごかったと語る金元さん。
・「ここを侵略の拠点に(ry」で説得終わり。それだけ?という司会者。
・その時の周りの反応に笑えたと話す金元さん。
・傘の話の素晴らしさを語る金元さん。特に名前が次々変わるのがツボだったらしい。

会場 2位 第12話Cパート「もっとピンチじゃなイカ?」
金元寿子 2位 第11話Aパート「人形じゃなイカ?」
・最終回の悲しさを話す金元さん。最後タイトルコールを言えなかったのが寂しい。
・ショートカットのイカちゃんも可愛いと話す金元さん。
・イカちゃんがいなくなっている間に春夏秋冬過ぎたけど大丈夫?という司会者。
・サザエさんみたいに年月が過ぎても年を取らないという形式になるんだろう。
・最後に出てきた謎の娘はタコ娘らしいと原作ネタバレ? 会場は未読者多い。
・タコとイカって共存できるんでしょうか?という話になる。
・イカ娘のホラー要素が好きという金元さん。でも、あれはホラーじゃないと司会者。

会場 1位 第5話Cパート「飼わなイカ?」
金元寿子 1位 流れ的に上記に同じだと思う

・アンケート取る前から、1位はもう決まっているよねムードだったから驚きない。
・渡された台本にセリフがない。変わりに「アドリブでお願い」と書いてあったそう。
・丸一日悩んでなんとか、ウーとかピーとか頑張った。イカ娘で一番頑張ったらしい。

アンケートその2にあったイカ娘への侵略会議としての提案
・提案 よっちゃんイカとのコラボ→いいんじゃなイカ?
・提案 会議は由比ガ浜でやろうじゃなイカ?→今は無理。夏にやりましょう。
・提案 ケロロ軍曹と手を組んではダメだ。あいつらはもうダメだ。
  →会場爆笑。同じ侵略者として応援するだけにとどめることに。
・提案 朝9時に放送してくれなイカ?
  →金元納得。会場は大きいお友達が多すぎるので、お子さんに薦めてください。
・提案 TVアニメで二期をやってくらなイカ?(他30名以上の人が同じ提案)
  →やりたい。でも、偉い人が納得してくれないとダメなので、偉い人を侵略して。

告知
・イカ娘名義の2ndシングルが出るよー。詳細は未定です。

そんな感じで簡易レポといいつつも、面白くて長くなってしまったでゲソ。
1時間というのがあっという間に過ぎた素晴らしいイベントをありがとう。

それに金元寿子さんの話も面白いし、なによりハキハキ楽しいした感じでしゃべって
くれるので、聞いていて飽きないし、最後には後ろの人に向けて「ありがとう」と
ずっと手を振っていたのが印象的で、とても感じの良い子でした。

これからはスフィアと金元寿子さんを追い続けることになりそうでゲソw。
ランティスの司会者の人もトークが上手かったので、これからも見てみたいな。