荒川アンダーザブリッジ-0荒川アンダーザブリッジ-0(1)

子供としての無邪気さ・奔放さ・楽しみ方の人それぞれ。


遠い夢の記憶。過去に思い描いた未来像。
キラキラと輝いて、まぶしかった、小さい頃の記憶。
その記憶を糧にして、日々夢を見ながら、大人になっていける。

そういった感情を元に、荒川の大人たちは、子供に夢を与える。
自分たちが、そうやって、受けてきたものを、また、子供たちに伝え、
それが良い連鎖となって、人々の心に生き続ける。

無邪気な鉄人兄弟たちが、ただ、大人の用意したものにケチをつけずに、
遊園地として、楽しむ姿を見ているだけで、この話は面白かった。

色々、大人たちはネタに走っているようにみえるけど、
彼らは一応、本気で精一杯出来ることをしようとしている。
喜ぶことを、ただ提供したいんだという気持ちが、ひしひしと伝わってくる。

それは不器用でお粗末で、遊園地と呼べないものであっても、
鉄人兄弟たちは楽しむ。彼らなりの楽しみ方を見つけ、日常と違うことに、
ただ、驚きの連続で、非日常な光景に歓喜するのであった。

荒川アンダーザブリッジ-0(2)荒川アンダーザブリッジ-0(3)
ニノとリクの関係も面白かった。二人は相容れない関係だった。
だけど、彼らはお互いの角を削りながら、同じような一欠片になるように、
自らの欠点や偏見を克服していった。

どちらかが歩み寄るのではなく、お互いが歩み寄る。
リクが荒川の河川敷に住んでいるのは、彼のポリシーの柔軟性がないのが、
問題になって、ニノとの共同生活を始める。

それはリクにとって劇的に変わった出来事であって、
彼の荒川の人たちに抱いた感情、そして、その後の感情では、
削られて丸くなり、彼らに対してみくびった態度を取らなくなった。

彼の人権を尊重し、自らの高いプライドを削ってまで、ニノに近づいた。

だけど、気づかないけれど、それはニノも同じように歩み寄っている。
ニノにとっては場所も仲間も変わらない。だけど、リクに対しての感情は、
彼の気持ちを大切にしたものに少しずつ成長している。

最初の金星人設定にこだわりを見せないようにし、
リクから色々なものを受け取り、彼女なりに努力してきた。
表情や口調に表れない彼女の葛藤を経て、ニノへの静かな愛情を育んだ。

あくまで、彼を否定しない。
彼の欠点に目くじらをたてずに、ただ、見守る。
自ら気付けるように、時間だけが過ぎていくけど、彼を信じて…。
 
荒川アンダー ザ ブリッジ 9 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダー ザ ブリッジ 9 (ヤングガンガンコミックス)

荒川アンダー ザ ブリッジ 8 (ヤングガンガンコミックス) 荒川アンダー ザ ブリッジ 6 (ヤングガンガンコミックス) 荒川アンダーザブリッジ 5 (ヤングガンガンコミックス) 荒川アンダーザブリッジ 7 (ヤングガンガンコミックス) 荒川アンダーザブリッジ (4) (ヤングガンガンコミックス)

by G-Tools