荒川「1BRIDGE」-0荒川「1BRIDGE」-0(1)

夢と希望と嫉妬に包まれたホームレス生活の始まりである。


あぁ、面白いなぁ、くそー!!
このシュールな感じがたまらなく俺の心をくすぐってくるぜーw。
一つ一つのギャグ自体はそれほど面白くない。

だけど、背景が広がり、コンボがつながると、強烈なインパクトを残す。
それは違った境遇と連帯感から生まれる間違った愛憎劇w。

真面目な話すると、初対面で話題をふるよりも、
2度目の話題探しって難しいよね。初対面だったら、聞いていい言葉が
2度目では聞けなくなってしまったりする、このプレッシャー。

だからこそ、初対面で趣味の話や相手がどう思っているかを
聞いておかないといけないんですよね。それが、リクの場合は、
驚きだけで、会話はほぼすっ飛ばされたw。

その緊張感の中、振った話題がそれかよっ!とツッコミたくなる不思議。
まあ、そんなこんなで、リクの人の幅が知れたなw。

と、感じてしまうのは、自己紹介でもそうだ。
自己アピールもそうだけど、自分をアピールできないと意味がない。
みんなが聞きたいことをまとめて、話すのが自己紹介。

それがプライドで塗り固められたリクにとっては、ただの自慢話でしかなく、
みんなにとっては、なんでこいつは聞きたくもないことをペラペラと。
って感じだったんだろうな。そういう意味では、少しだけ考えさせられた。

人って孤独な生き物だからね。人より優位性がないと自尊心を保てないんだ。
そういう意味では底辺でいると自覚している人たちの、
プライドを保って生活している勇気には励まされましたよ。

外見は、どうだっていい。中身が大事なんだ。(って、星はねーよw)
そして、クレンザーもw。この部分は激しく笑ったw。

荒川アンダー ザ ブリッジ 9 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダー ザ ブリッジ 9 (ヤングガンガンコミックス)

荒川アンダー ザ ブリッジ 8 (ヤングガンガンコミックス) 荒川アンダー ザ ブリッジ 6 (ヤングガンガンコミックス) 荒川アンダーザブリッジ 5 (ヤングガンガンコミックス) 荒川アンダーザブリッジ 7 (ヤングガンガンコミックス) 荒川アンダーザブリッジ (4) (ヤングガンガンコミックス)

by G-Tools