バカとテストと召喚獣3-1バカとテストと召喚獣3-2

恋に生活に食費と学力と…、学生には悩み事が一杯。


Aクラスとの戦争が終わって一服。
ここらで、難しく考えていた頭をほぐすために、ちょっとした日常を
映して、恋の行方に焦点を当てた構成になっていました。

すごい面白いと感じた前回と違って、少しだけ、面白さダウンとか
感じてみたけど、別にクオリティが下がっているわけではないし、
きちんとキャラ萌えできる部分を魅せてくれるだけで満足。

何かを得ようとすれば、何かを失う。姫路さんと島田さんの気持ち。
それはお金には代え難い価値ではあるんだけど、ひもじい生活を
している人にとって、恋と言う甘い罠に、はまれない現実めいた生活を優先。

お金があれば生きられるけど、恋をして現実を忘れたら生きれらない。
それを上手く表した描写の仕方をしていたので、ほとんど、今回、
ウハウハな展開の明久だけど、そんな部分と、知能的な部分で同情票が入るw。

バカとテストと召喚獣3-3バカとテストと召喚獣3-4
そして、やっぱり明久は天然な才のない天才だわw。

カップラーメン理論、実践してみたいと学ばないタイプ。
でも、無限キャベツを思い出し笑い。よあけなのようなキャベツがあれば、
明久も食費にこだわらないで済むのにねw。

姫路さん、これでもか、というほどに明久にアピールしているのに、
鈍感すぎて気づかない明久のもどかしさはあるけど、こんな感じで、永遠に
伝わらない片想いも結構居心地が良かったりするんですよね。


それにしても、もじもじ姫路さんがかわいすぎる。
さりげに、みかん箱教室を気に入っている理由もかわいい。
小さいけれど、大きな効果。それに、一緒にいられるだけで楽しいからね。

まあ、姫路さんの勇気はいつになったら、表れるのか?
恋の行方にも注目したいけど、優秀な姫路さんの成長を期待したい所です。

今回のムッツリーニは、写真に残す価値を考えたプロとしてのポイントを
ついてくる、そのプロ魂が感じられて、こちらも変な意味でどんどんと成長w。

ムッツリーニは本当使い易いキャラだと思いますよ。
インパクトはないけど、アクセントにはなる。いつもエロシチュの向上に
役立っています。だけど、写真代に非情なムッツリーニには笑えたけどね。

それとバカテスト、Aパートの終わりで出題。Bパートの最初で解答という流れは
一番いいと思うよ。幕間という意味ではアニメはアイキャッチの位置が妥当だしね。
まあ、細かすぎて見えないけどw。