11eyes(イレブンアイズ)12-111eyes(イレブンアイズ)12-2

最終回を見るまではお気に入り作品に入っていたんだけどなぁ。


やっぱり、駆の未来視オチでしたか。
ある意味、夢オチですね。物語がクライマックスで、せっかく盛り上がってきた所で、
この夢オチを出されると、どうしても興冷めな気分になる。

今までのは駆の妄想だったってのが通用すると、
この赤い夜事態が、駆の妄想で、現実は何も起こっていませんでしたよ。
ってオチが現実味を帯びてくるから、少し冷めた見方になるんだろう。

美鈴先輩とのなんちゃらは、妄想ってことで、駆の株が大暴落。
何か痛い人に見えてきちゃったよ。まあ、未来視なんだけどね。
でも、そこで、ゆかを犠牲に美鈴先輩と関係を持つことを選んだのは、事実なわけで。

まあ、それについては、全く触れられていなかったんですけれどw。

しかし、ゆかさん何て格好しているんですか。
せっかく、駆が全てを片付けて感動的なシーンで、恥ずかしがらない下着姿は、
場にそぐわないというか、もう少し不思議に思おうよ。君は裸族かw?

11eyes(イレブンアイズ)12-311eyes(イレブンアイズ)12-4
なんだろうね、平行世界って。理解はできるんだけど、理解したくないというか。
未来視&並行世界って最強の組み合わせじゃね?

何が起こっても、何がどうなっても、全てが元通り。
誰が死のうが、誰が殺されようが、原点に立ち返れる。全て一言で片付く。

ここまで過大評価をしてきた分、一気に最終回で落としてしまったなぁ。
前回のエロ&バイオレンスで盛りあげようと話題性を得ようとして、
今までの積み重ねが不意になってしまった感じだ。


この作品は「友と明日のために」と言いながらも、結局は、駆と美鈴先輩が
仲良くなっただけという結果に少し不満と言うか、もう少し現実世界に進展が
あっても、良かったんじゃないだろうか。

微妙な三角関係は続いたままだし、「無理矢理ハッピーエンド」ってことで、
誰もが悲しまないように気分が良いようにするには、これしかなかったんだよ、
という苦心のシナリオになっていました。

個人的には、ゆかが余計なことするから、とかで頭の中は片付いている。