ブログネタ
そらのおとしもの に参加中!
そらのおとしもの9-1そらのおとしもの9-2

え、最終回? と思わせるOPとEDでしたw。


驚かせるなよ。プチ最終回とでも呼べそうな入りと終わり。
まあ、Cパートがいつも通りで安心したけどねw。

しかし、イケメンジャミング。※ただし、全裸に限る。
ただの変態でした。本当にありがとうございました。

なんだろうね、変態やらせたら、智樹の右に出るものはいない、というか、
ニンフのおかげで、理想の男に変えているのに、あえて、理想の反対を行く。
それが智樹クオリティ。

もう、智樹は、そはら以外の女性に好かれなくていいと思うよ。
地でそはら×智樹で結ばれて欲しいと思うくらいだ。むしろ、そはらじゃなきゃ、
この智樹の性格は許容できんw。

そらのおとしもの9-3そらのおとしもの9-4
しかし、一見シリアス風味の出だしはすごかった。

何のアニメだよ、一体って感じだったし、雰囲気の悪そうなシナプスたちが、
ニンフとイカロスの人の良さを際立たせているように気がしたくらい。
(どちらもエンジェロイドなのに、人の良さってなんだよw)

とまあ、ニンフがつれないのは、こうシナプスたちの真意や悪意に満ちた姿を
知っているからだろうか。そんなひどいめにあっても、智樹やイカロスの前では、
それほど、八つ当たりをしてないように思えるから、人の背景って大事だなぁ。

そんな事情を抱えながらも、イカロスに敵意むきだしなんだけど、
今回は柔らかめで、イカロスの身を少しだけ心配しているように思えたから不思議。
まあ、智樹はあきれるほど、智樹だったけどねw。

最初のニンフを見たときには、イカロスと違って、素直じゃなく、
根性がひねくれた子で、あまり印象よくなかったんだよね。
だけど、原作既読組は待っていたニンフ登場で歓喜みたいだったから、少し違和感。

それも最近になって、ようやく調整されてきたようで、
ニンフに対してのイメージは日増しに良くなっている気がします。
でも、やっぱりイカロスの愛らしさには勝てない。イカロス命。

そらのおとしもの9-5そらのおとしもの9-6
そんなイカロスも、とうとうスイカをあきらめたようで、
何か手持ち無沙汰にしている様子を見ていると、雨の中の捨て猫みたいに、
何でもいいからあげたくなってきますね。

電動こけしみたいなのを代替にしようとしたけど失敗。さわり心地か?
でも、マトリョーシカは気に入ったみたいで、持って帰っていたのに笑えた。

そんなピュア(?)な悩みを抱えつつ、人間は嘘をつく生き物だと勘違いして、
ストーリーはニンフと智樹のお笑い劇場で進み、最後はネタ晴らし。
あぁ、わかってはいるんだけど、すっきりするなぁ。会長は(どうでも)いい人!

さて、シリアス面で色々と進展があった今回。
最終回に向けて、どう話を進めてくるのか楽しみです。

しかし、ED、「初恋」とかナツカシすぎる。
歌っているのは村下孝蔵氏なんだけど、男性と女性で歌う人が違うと、
全然印象が違うね。最初、聴いたときは全然わからなかった。

なんで、こう、超メジャーではなく、さりげなく、みんなが知ってそうな選曲なんだ。
「夏のあらし!」がわかりやすすぎて、リバイバルという感じがしないけど、
こちらはマイナーで心に残る隠れた名曲をチョイスしてくるなぁ。

中学校時代に聴いていた覚えがあるわ。リリースは1983年なのにね。
カバーしていた人、結構多いから、それで知っているのかもしれん。