ブログネタ
とある科学の超電磁砲 に参加中!
とある科学の超電磁砲9-1とある科学の超電磁砲9-2

黒子の大捕物帳に対比する佐天さんの心の中での葛藤。


いやー、佐天さんにも見せ場がやってきました。
そして、初回と黒子の回想シーンを思わせるような緊迫した対決。
本当、面白いわ、レールガン。

「歪んだ情欲を抱く同性」という言葉を黒子に言わせるかw。
自らを歪んだとは思っていないだろうと思っていたけど、意外に自覚が
あったのかねw。その経緯を是非知りたくなってきたよ。

その変わった人というのを率直に聞けてしまう初春の初々しさがたまらん。
それに対しての黒子は、変に対抗意識をもったのか無回答だったけどね。
この二人には見えない絆で結ばれているんだなぁ、とつくづく実感。

そんなことよりも、やっぱり佐天さんの憂鬱ですね。
ようやく、佐天さんにもスポットが当たった。初春はレベル1だけど、
頭脳で役に立っているし、黒子と美琴はもちろんのこと。

とある科学の超電磁砲9-3とある科学の超電磁砲9-4
そんな3人の中で唯一の一般人。レベル0。
レベルを現代の学習能力や身体能力にあてはめると、この学園都市では、
佐天さんの評価はいつもオール1状態なわけで…。

それが学園都市が誇るレベル5の美琴のそばにいるだけでも、辛いことなのに。
同年代の初春の活躍を見ていると、自らと比べて、劣等感を抱く。

その目指すものが科学的根拠に基づく自らの能力に期待するなら一層のこと。

その身を案じた母親の愛情が逆にプレッシャーにもなっていたというのも事実。
だけど、忘れていなかった母親の「あなたの身が一番大事」だという一言。

それだけ覚えていれば、非科学的であろうと、何であろうと、佐天さんは、
まっすぐに行動できる。正しい選択ができると思うんです。


とある科学の超電磁砲9-5とある科学の超電磁砲9-6

美琴「レベルなんて、どうでもいいことじゃない」


このセリフは、どうしても佐天さんの中で、優等生が成績なんてどうでもいい、
と言っているとしか思えなかったんでしょうね。

握り締めた拳が佐天さんなりの辛さを表しているようで…。

その正しい選択を歪めてしまうくらいに、うらやましいセカイなわけで。

そんな佐天さんの選択と行動と願望の不一致。

やっぱり能力は欲しい。でも、重い副作用があることもわかっている。
そして、困っている人は、やはり見捨てられない。

本当、強がっているだけではないんです。
初春と同じように、誰かを助けてあげたいという願望はあるんです。
自らの能力を自慢したいわけでもない。

とある科学の超電磁砲9-7とある科学の超電磁砲9-8
そんな気持ちの葛藤から、強行突破してしまう佐天さん。
自ら言い聞かせた独り言が苦しい。黒子に通じるような正義感と行動。
このときの佐天さんの表情を映していない所が、また心憎い演出。

ミラーに映し出されている十字路。これから決断すべき自らの判断。
それは色々な選択肢が残っていて。今回の行動が正しいか間違っているかは、
やはり、選んだ道の先に何があるかというわけで。

勇気を振り絞って、不良の前に飛び出るも、やはりダメでした。
という結論にならなかったのが黒子の活躍。
どうしても、能力で能力を押さえつけることで、自らの正義感を行使する。

それが、出来ている黒子に、やはり願望を持つわけで…。
そんな佐天さんはとうとう、レベルアッパーについて話してしまって、
あぁ、ここで幕引きかよw。すっごい気になるじゃないか。

とある科学の超電磁砲9-9とある科学の超電磁砲9-10
今回は黒子の長けたアイデアに注目したい所なんでしょう。

いやー、普通に、いや、普通以上に迫力がありました。
トリックという不良の見極めから対策までが早い。こちらに考える間もなく、
黒子の実践ですから、この間合いは、かなりしびれましたよ。

トリックのトリックが暴かれるというのも変だけど、まあ、トリックという名だから、
仕方ないw。トリックがわかった後の黒子の相変わらず、強気な姿勢がいいですね。

このシーンを佐天さんに見て欲しかった。
だって、自らの命をかけてまで佐天さんを守ろうとした黒子の気持ちは見て欲しい。
そこまでの勇気があるか。いや、佐天さんなら、ありそうだな。失礼。

でも、最後は、テレポートでトリックを捕まえたことだし、
きっとトリックは殺されると思って、廃ビルが崩れる前に能力を消して、
命乞いをしたんでしょうね。でないと、黒子が脱出して、ハイおしまいになるw。

まあ、黒子にとっては、正当防衛になるだろうけど、
トリックにとってはたまらないだろうなw。
遊びで殺そうとしたジャッジメントに殺されそうになるなんて。

いや、遊びで殺そうというのが間違っているよ。

そんなこんなで、今回の犯人は見事な悪役を演じてくれたおかげで、
何の迷いもなく、犯人を責め立てることができるよ。
いじめも恐喝も殺人もイクナイ(・A・) ってことでw。

あぁ、来週は佐天さんの選択の先が見えてしまう。
正しいのか間違っているのか、それとも別の結果になるのか楽しみでたまらない。

追記:

また、やります。レールガン感想対決。前回はおかげさまで2位になれました。
私に入れてくださった方、ありがとうございます。

アニメとブログの掲示板示板企画で、レールガンの9話の感想対決です。
お時間のある方は是非参加してくださいな。他の方のレールガン記事も面白いので。


物理的領域の因果的閉包性(大日本技研さん)
妄想詩人の手記(おパゲーヌスさん)
もす!(神酒原さん)
失われた何か(ohagiさん)
アニメを考えるブログ(uhdさん)
不定形爆発(ホウ酸さん)
穹翔ける星(夜風さん)
混沌-chaos-という名のクロニクル(メリンダさん)
LilyIRIS-Note 夢の果てまで(soniaさん)
サイとはいかが?(如何屋 サイとさん)
メルクマール(メルクマールさん)
独り言の日記(アキさん)
EVERY LITTLE THING(Dr. Robertさん)
(順不同)