ブログネタ
けんぷファー に参加中!
けんぷファー7-1けんぷファー7-2

沙倉さんの瞳の奥に映る野心と狂気。(((( ;゚Д゚))))ガクブル


沙倉さんの変態ぶりがもはや笑いから恐怖へと変わりつつあるw。
もはや、狂気。怒って笑って、たくらんで、夜這いして、裸のお付き合いを
求めている姿には同性だと思うと、笑ってられませんな。

もう、そろそろ、紅音と沙倉さんは目を覚ますべきだと思うな。
テンションは雫ぐらいでいい。何も言わないぐらいがちょうどいい。
黙っていればかわいいのに、を地でいく沙倉さんでしたよ。

まあ、沙倉さんのたくらみでひどい目にあった紅音に同情するけど、
雫の誰と何しても動じない所には逆に怖気がする。
この作品は普通な人いないのw?

まあ、沙倉さんちは、臓物アニマルだらけ(文章だけにすると犯罪w)
だったので、けんぷファーのカギを握っているのは、実は沙倉さんだったりする?

てか、臓物出ているぬいぐるみをかわいいというのが、沙倉さんの狂気の元?
実際の動物でやらないようにと願うばかりだよ。(動物虐待反対w)
火あぶりライオンは不覚にもかわいいと思ってしまったけどね。

と、日常をメインにして、ラストで思い出したかのようなバトルをするのが、
この作品のセオリーになってきましたね。でも、今回は白という新たな要素が
加わって、こちらの方も目が離せなくなってきました。

個人的には、田村ゆかりや能登の会話とかが貴重だな、
と思いつつ、やっぱり声優アニメとして見てしまう側面がありますね。