君に届け4-1君に届け4-6

友情というのは儚くももろいもので、崩れ去るには簡単で。


今まで聞いても「楽しい」と言っていた爽子を想像して悶絶した。あんな学校生活でも楽しいと言って、親に心配かけさせない子の思いやり。少しだけ、親としても察してあげてもいいんjないかと思ってしまった。

でも、変に親に介入されて、逆に居心地悪くなるよりも、自分一人に任せてくれたほうがうれしかったりするから、どうも言えないなぁ。なので、爽子の父親に立候補したいです(ナゼ?

それに、人生の幸せをつかいきってしまって、将来に悲観するよりも、今が幸せであることに素直に喜びを感じている爽子がかわえぇですよ。

君に届け4-2君に届け4-3
あぁ、それに加えて、吉田・矢野、今回もグッジョブ!!。ъ(゚Д゚)
前回の続きから、爽子に罪をきせて、この良好な友情関係にもヒビが入っていくのかな。まぁ、浮き沈みあって、人間関係は進展するんだしね。

と、思っていたら、笑い飛ばすとか。そして、からかって確認とか。一緒になって、つられ笑いしたけど、その信頼性に泣けた。。・゚・(ノД`)・゚・。風早だけじゃない。爽子の努力やその純粋さをわかっている人間は。

ピン先生、何気に良い役回りしていますねー。風早を捕まえる所とか、センスいいですよ。聞き上手だもんなぁ、風早は。それに、表情だけで、風早の爽子に対する気持ちを察する所も素晴らしい。

まあ、それに対して、否定するんではなく、「それ以上はお前が言うな」と、肯定して、尚且つ、まだ告白も出来ていないことを証明しているようなもん。

あぁ、こっちも純粋すぎて、風早かわいいよ風早w。

君に届け4-4君に届け4-5

爽子(私といて楽しいかな。そうだといいな。そうだと、いいな…)


大事なことなので、2度言いました。

とか、悠長に書いてる場合じゃない。なんだろう、この一歩引いた位置から、自分を見ていて、自分が楽しいことだけじゃなく、みんなが楽しいと感じられたらいい、ただ、それだけを願っている爽子。

本当、願うだけなんですよ。自分がいて、みんなが幸せになれるかって。爽子ほど努力しても、みんなが幸せかどうかなんて、判断できない。しかも、みんなという大勢多数を相手に幸せにできる権限なんてない。

それほどまでに、人間一人というのはちっぽけな存在なんですよ。2回目の「そうだといいな」は「そう思うんだけど」とか「そうだよね」じゃないんですよね。人の思いというのは言葉や表情だけでは確信はもてないんですよ。

だから、自分が幸せだから、みんなも多分幸せだよね、じゃなくて、「そうだといいな」なんですよね。あぁ、爽子だからこそ、一言が重い。

君に届け4-7君に届け4-8

爽子(私、周りにいない方がいいの? 周りにいちゃいけないの?)


そして、そんな願いむなしく、噂という、みんなの集合体からの拒絶。そこから、広がる溝。だけど、本人の口から聞こうという矢野の思いは、かなり信頼の厚いものだった。

いつの間にか、矢野と吉田と爽子の3人は仲良し共同体のつもりだったんだ。
だけど、爽子の「おこがましい」という思いは、時に、仲の良い関係から、自分が一歩引いてしまうみたいで…。

そういった言葉というのは、正しく相手に伝わるものでもなく、思いを言葉にしないで、伝えることができれば、こじれることなんてないのかな、と思いながら、吉田と矢野の背中だけでなく、爽子の背中も寂しくなってしまった。

君に届け4-9君に届け4-10

矢野「自惚れていたのかなぁ、私。貞子にとって、結構大きい存在だと思っていたんだよ」


この矢野の一言も大きいです。爽子とは逆の精神で、自分が幸せとか関係なく、自分が爽子を幸せにしていたんじゃないかという自惚れとは呼びたくない、相手を思う気持ち。

先に書いたけど、人間って、ちっぽけな存在なんですよ。
そうそう、誰かを助けたり、誰かを幸せにできるものじゃない。

少しだけ変える事はできるかもしれないけど、自分が全てだと考えると、時々、相手との大きな差異を感じたりするものです。


それが噂という正解と誤解が組み合わさったものから始まったものでも、いつかは、そのお互いのピントが合わないときがくる。

だから、誤解を解くか、どちらかが自分の思いを折れるかしないと難しい。それって、思った以上に、難しいことで…。

爽子が「避ける事は正しいの?」とか「わかんない」というのも、無理はないことで、友情といった何かを得るのには大変だったけど、その何かを失うことというのは簡単なことで、こんなにも、もろく崩れ去ってしまう。

そんな複雑な悲しい思いを次週まで持ち越すなんて、切な過ぎるよ。。・゚・(ノД`)・゚・。

君に届け (1) (マーガレットコミックス (4061))君に届け (1) (マーガレットコミックス (4061))

君に届け (2) (マーガレットコミックス (4094)) 君に届け 3 (マーガレットコミックス) 君に届け 4 (マーガレットコミックス) 君に届け 5 (マーガレットコミックス) 君に届け 6 (マーガレットコミックス)

by G-Tools