ブログネタ
宙のまにまに に参加中!
宙のまにまに9-1宙のまにまに9-2

あゆみは言葉じゃ表現できない魅力的なキャラだった。


こんなマジメな美星の高校を「なんちゃって私立」と言ってしまう所が、
なんかすごいわ。

てか、まて、この学校。野木城高校、何が目的だ。すごいだけじゃ済まないぞw。
この天文台だけでいくらするんだよ。しかも、部員が9人しかいないのに。
さすが、コニカミノルタ、出来が違うw。

これは学校が力を入れたいのか、天文部のあゆみにせびられたのか、
どちらなんだろうか。でも、幽霊部員、もとい、イベント部員。
うーん、なんか違う響きだなぁ。まあ、そんな部員がいるおかげで、成り立っている
とはいえ、これは学校の目玉にしないと、費用対効果的にやり玉に上がりそう。

まあ、そんなこんなで、天文部、すごい高校訪問編。
楽しく見れましたよ。なんていうか、みゆきちがすべてを持っていったね。
一声聞いて、なんか魅力的なキャラに映ったものなぁ。

宙のまにまに9-3宙のまにまに9-4
とことん夢中で、人のことなどおかまいなしの美星とは対極的で、
星も大事だけど、この天文ネットワークの運営として、誇りをもって、
人と接しているあゆみとは、ちょっと違った性格。


どちらも、星が昔から大好きで、下心がない所が好きだなぁ。
人のつながりや楽しみを提供するあゆみと、天文バカの美星。
この二人は一緒に話す場面はなかったけど、組み合わせてみたい気もする。

まあ、下心がなさそうで、わからないあゆみだったけど、
この人の話し方がなんか色々含んでいそうで、考えさせるんだけど、
それほど、騙そうとか、からかう気持ちとかはなく、そういう性格なんだろうね。

だからこそ、ラストは好印象で終われた。
でも、朔と一緒の巡回は気になったなぁ。

江戸川は除外するとしてw、今まで純粋に星だけに注目していた天文部が、
他の高校では、夜中なのをいいことに、男女でこそこそ話している部分は、
少しダークな部分がかいま見えたかなぁ。


星が好きだからということだけに注目しがちだけど、イベント部員もそうだし、
ただ、好きな人がいるとか、女生徒が多いからという理由で、参加している
だけの部員もいるわけで、それをなんとかしたいという、あゆみの気持ちはわかる。

そんな星とは関係ない所で、天文ネットワークがつぶれたら、しゃれに
ならないものね。いつかの、天文部合宿で怒られていた美星を思い出した。

宙のまにまに9-6宙のまにまに9-5
そして、カッコいい場面を見せた部長。
あぁ、この人、ただ、血を吐くだけの人じゃなかったんですね。
最近は江戸川並みに扱い酷いから、かなり見直したよ。さすが部長。

それにしても、こんな何千万円以上するかと思われる派手な天文台がありながら、
やっていることは星を数えるだけというのが、なんとも地味でいいですね。
それだけでも十分に楽しめるんだから、星の魅力というのは計り知れないですね。

あぁ、今回はキャラが多すぎて、あゆみと小野さん(名前忘れた)だけしか
覚えていない。次回以降も、出てくれるんだろうか。

だからこそ、少しだけ輪の広がった天文部の、これからの活動が気になってくる。

あと、ごめんなさい。話それますけど、声優がプチ豪華で、びっくりしたわ。
小野さんはわかりやすいし、けいおん!紬の寿さんに、伊瀬茉莉也さん。
個人的に大注目している悠木さんまで。あぁ、ちょい役ではもったいない。

それにみゆきちの女子生徒役はやっぱりいいわぁ。透き通った声に癒される。