ブログネタ
化物語 に参加中!
化物語9-1化物語9-2

羽川は何でも知ってるな。なんでもは知らな…。


てか、ガハラさんの気持ちをそこまで知ることができる羽川は、
いつもガハラさんを見ていたのか、それとも、阿良々木を見ていたのか。
果たして、なんでも知っているだけなのか。

まあ、推測では阿良々木が詳細にしゃべったんだろうけどね。
でも、そこから導き出される結論に驚愕したわ。

そんな阿良々木を「弱くて、薄い」と切って捨てて、相手を低めるような事が
言えるほどに親しいのが問題点。


羽川の「阿良々木くんって、誰にでも優しいじゃない」という言葉にある通り、
優しいということは悪いことじゃないけど、それが平等に、均等に与えられると、
近しい人間は嫉妬してしまっても無理はない。


こちらが優しさを与えても、阿良々木は他の人と同じような優しさで返してくる。
それが独占欲の強いガハラさんなら、どんなに近づこうと思っても、
阿良々木とは近しくならないように感じてしまうのが辛い所。

でも、それをガハラさんが言う前に、阿良々木が気づかないといけない所を
羽川のアドバイスに助けられた格好。ガハラさんと付き合っている今も、
こうやって、羽川と一緒に過ごしているのも問題なんだと思う。

化物語9-3化物語9-4
そして、なでこ。ここまでストレートに裸を見せてくるとは。
しかも、二人の変態にw。まあ、阿良々木はガハラさんがいるので、
大丈夫だと思うけど、神原がいる方がなでこに身の危険を感じてしまう不思議。

そんな、なでこですが、今回は蛇の怪異のようで、
全身に張り巡らされたうろこに対しての恐怖を抱いているようで、
今まで誰も頼りにしてこれなかった、なでこなりの対応が切なくて泣ける。

怪異は人には相談できないから、自分でなんとか調べてみた結果が、
神社で蛇を殺すことだったんだろう。ガハラさんのときと同様、騙されて。


まあ、ガハラさんは被害を被ったし、相手は人だったから、大変だったけど、
こちらは、本で調べたので、一人だけの問題。
蛇を阿良々木は死体と言っていたけど、死骸だよね。
別に蛇が何匹殺されようとも、大きな問題にはならないだろう。

だけど、それは中学生のなでこには重い問題のようで…。

今回も阿良々木は誰に対しても同じ優しさから助けるのか、
それとも、妹の旧友だから助けるのか、ここら辺の区切りをつけないと、
羽川に注意された点がまたもや浮き彫りになってしまう。

幸か不幸か、神原もそばにいるので、ガハラさんに知られるのも必須。

とまあ、シリアス展開は少しだったけど、ラストのインパクトが大きかった。
なでこの裸に、今までの神原と阿良々木のやり取りがふっとんでしまったよw。

とりあえず、なでこスネイク編は、なでこの「お兄ちゃん」という響きを
楽しむ章だと認識した。うーん、やっぱり声で言われると違うねぇ。
映像と相まって、萌え死にそうだw。