ブログネタ
ライトノベル に参加中!
もうすぐ
もうすぐ
posted with amazlet at 11.04.07
橋本 紡
新潮社
売り上げランキング: 34532

世界観

[日常][恋愛][出産][人生]

あらすじ

お子さん、まだ?焦りと戸惑い、嫉妬、胸の中からあふれだす願望。結婚しても、競争は終わらない。妊娠と出産をめぐる現実を書ききった渾身の長編。

短文感想(ネタバレなし)


一人のジャーナリストが事件を追っていくストーリーから、
出産したいという女性の気持ちや体験談の短編を交えながらの、
子供を出産という神秘に対する情熱や感情について考えさせる作品でした。

私は橋本紡氏のファンなので、この方の著書なら何でも読みたいぐらいに、
好きになっていますが、その中でも、この作品は当たりでした。

とにかく、橋本紡氏が描き出す日常のほんの一コマやほんの些細な感情を、
これでもかというくらいに、自分の心に押し込んでくるので、
本の中の登場人物の気持ちが痛いくらいに伝わってくる。

それに、この方は短編集を描くのが上手い。
オチがない、ほんの日常の短編でも心を動かすものがあり、考えさせる。

それを長編の中に組み込んであるので、
場面場面は変わるものの、テーマとしては変わらないので、
様々な角度から見た出産に対する女性の思いが伝わってくる。

とにかく、橋本紡氏の描く女性は、かなり魅力的だし、普通の女性を
描かせて、感情移入させるとしたら、この方以上の人はいないんじゃないかと思う。

淡々と描きながらも、ラストにかけて緊迫するような展開に持っていけたのは、
橋本紡氏の成長なんじゃないかと思う。
これで、普通の小説だな、という読者はいなくなるだろう。

これから結婚して、家庭を持ちたいという人には是非読んでほしい一冊です。

もうすぐもうすぐ
橋本 紡

橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ 九つの、物語 猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫) 月光スイッチ 疑心―隠蔽捜査〈3〉

by G-Tools