ブログネタ
けいおん! に参加中!
けいおん!9-1けいおん!9-2

なんかのんびり、なんかのほほん、でもたまにキリッと。


まさかのOP映像にあずさ追加。

最初のギターやドラムマークが4つで正方形だったのに、5つになっている時点で吹いた。細かすぎるよ、京アニw。演奏シーンにもあずさが。これで、あずさの楽器がギターだって、丸わかりだよ。

気づいたら、むぎは部室のウェイトレスになっていたよw。あずさに席取られて、立ちポジション。さわこ先生も、ノリノリだぁ。これは部員勧誘チラシに「毎日出る高級菓子とティータイムがウリです」とでも書いておくべきだったな。

「静かにお茶したかった」軽音部ってw。先生、茶道部いけ、茶道部w。新人いびり(・A・)イクナイ!!あと、生きろw。あぁ、でも、外見とは裏腹にはりきりすぎているあずさがかわいらしい。

しかし、澪とは違ったタイプのツッコミが入って、ますます面白くなったな。唯からの誘惑。ケーキ食べるとギターが上手くなるという実践。練習よりも、まずはケーキだよ。なんという新人洗脳w。これは、あずさじゃなきゃ、堕落してしまうわw。

けいおん!9-3けいおん!9-4
と、まあ、あずさの真剣な思いと軽音部(主に澪を除く3人)の方針との葛藤ですね。

どちらが正しいともいえないし、どちらが間違っているともいえない。でも、結論として軽音部は4人でやってきた軽音部で楽しいという点でオチがついてよかったです。マジメにやっているときも軽音部だし、ティータイムを楽しんでいるときも軽音部。

練習風景はあまり放送はしていないし、ギックリ腰wとネタにされているけど、初めて間もない唯が1年間で、ここまで弾けるようになったのも、追試の勉強の間を惜しんで、ギターの練習をしてきたからだし、単独でオリジナル曲のライブが出来るようになったのも、相当、練習してきたんだと思う。

だけど、そんな根性と気合で、本当に武道館を目指すような汗と涙と血の結晶みたいな軽音部の目標に向かってのシリアスストーリーよりも、のほほーんとしていて、それでいて、ちょっと楽しい、ちょっと気楽、ちょっと世間話をしたりして、わいわいと女の子4人で楽しくしている姿を描いている方が面白いですからね。

そういう部分がきちんと、作者も製作者もわかっていて、演奏や練習よりも部活という名の女の子グループみたいな感じで、あずさ視点で見たときに、わかってきましたよ。

まあ、澪のポジションが、あずさに取られたみたいなのは、もうネタにしてくれましたけどね。律演出のまさかの妄想ネタに笑えたわ。マジメにそのことについて書こうと思っていたわ。そういう所も深く見ないで、気楽に見ようということなんですね。