ブログネタ
けいおん! に参加中!
けいおん!7-1けいおん!7-2

唯と憂の姉妹物語がとても愛情にあふれていて和んだなぁ。


やっぱり、幼少の頃から唯は最高にかわいいですね。サンタから物もらえるから不安な気持ちを隠せない所もかわいらしい。(てか、別に関係ないけど、物もらえるから良い子にしているというのは、なんとも物質的な世の中だな、と思ったり)

でもね、小さい頃からダメな姉でありながらも、シッカリしている憂。それでも、言葉の節々から姉を尊敬している気持ちが伝わってくるからなんともいえない。それが、憂を思う気持ちで、暴走してしまった姉を見て、責めるのではなく、少しだけ、感謝の気持ちを抱いている憂もかわいいですね。

それがね、今でも、その関係が続いているというのが、なんとも心温まる話ですよ。年齢を重ねるごとに、姉妹以外の交友関係も増えてきて、結構、昔からの雰囲気を続けるのって難しいのに、このお互いを思って行動する、この姉妹関係は今の世の中に必要なことだと思いますよ。

あと、関係ないけど、「ベタ子さん」に吹いた。本当、唯はアホの子。そのままでいてw。

けいおん!7-3けいおん!7-4
それに、もう、部活メンバには、唯の本質はバレバレなのに、唯のことをかばってあげようという憂の姿勢が素晴らしいです。それが嫌味でなく、本当に、姉のイメージを良くしようとして精一杯な感じがとても愛らしい。

「掃除しようとしてくれたり、飾りつけようとしてくれたり」って、結局は唯はほとんど何もしていないってことねw。憂は嘘がつけない子のようですw。

さわ子先生はさりげない自己顕示欲が強すぎ。どこで情報を仕入れたんだ。しかも、勝手に人の家に上がりこむとは、なんとも、高等テクニック。そりゃ、予定はないわけだw。

けいおん!7-5けいおん!7-6
サンタの衣装に恥じらいを求めるなw。

衣装チェンジだけで、「お嫁にいけない」と言ってしまうほど、恥ずかしがってもらうと、さわ子先生も衣装をもってきたかいがあったわ、って、そういう主旨でいいのかw?

ちらりと、サンタの衣装を着て、サッと身を隠す所に萌えたわ。一芸じゃないけど、なんかそれだけで貴重だから、良い素質と良い仲間に恵まれたなぁ。

ホワイトクリスマスならぬ、ダーククリスマスになってしまった、クリスマス会。彼氏に渡すものを持ってくるなw。空気の重さが微妙に伝わってきます。これはなんか、せっかくの高校生の良い想い出も、嫌な想い出になりそうw。

そんなムードを、唯と憂のお互いを思いやる気持ちで締めてくれて、なんとか良い話になりました。いやー、この年齢でお互い、家族で「ありがとう」と言い合える関係って、マジ素晴らしいですわ。姉妹愛に泣いた。

お正月のダメ亭主と、出来る奥さんぶりに笑えた。コタツから出ないだけでなく、みかんを剥いて食べるのすら、面倒くさくなっているって、どんな女子高生だよw。