ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ
橋本 紡
文藝春秋
売り上げランキング: 125287

世界観

[短編集][日常][橋][下町][恋愛][人生]

あらすじ

広告会社に勤めるOL、友香。父と和解はできるのか『清洲橋』、銀座でならしたバーテンダー、耕平。深川で自分の店を持つが『亥之堀橋』、進学校の秀才と不良少年の再会『大富橋』、バツイチの佳子は英会話教室の生徒との逢瀬をやめられない『八幡橋』、新居探しで足を棒にする美穂と哲也のカップル『まつぼっくり橋』、世田谷から来た千恵と、祖父エンジとの交流の物語『永代橋』。水の都・深川を舞台に描く六つの人生。

短文感想(ネタバレなし)


やっぱり橋本紡作品は最高ですわ。

「九つの、物語」に続いて、心に響くものがありますね。

本当、何気ない日常の一コマなんですよ。その一コマに、その人の人生や価値観そのものが凝縮されていて、なおかつ、読者が理解しやすい言葉に直して、わかりやすく表現されている。もう、これだけで十分です。

まあ、最初、手に取ったときは、タイトルからして、あれ、今度はドキュメント作品に挑戦かと思いましたよ。冒頭も目次も橋尽くめでしたしねw。

その橋をテーマにして、短編集をつくったという感じです。

だから、短編の中でつながりは、全くありませんし、単体そのものとして楽しむ格好となります。まあ、下町の橋をテーマにしているので、下町という背景は同じですが、全く異なる設定やストーリーとなっています。

6つとも出来がよく、かなりオススメしたいのですが、個人的にお気に入りだったのは、最初の父と和解できないOLの話と、自分達の新居を探す婚約者の二人のお話が、特に良かったです。

父と和解できない理由や、それぞれの事情を様々な角度から、見ていたりで、なんとも切なく、心温まるお話になっております。

そして、婚約者同士の会話も、ムードを気にしながらも、お互いの尊重がぶつかりあう様を見るのだけでも、少しハラハラドキドキの緊張モードですよ。もう、淡々とした普通の小説とは言わせない。

それに、この作品に出てくる人たちって、それぞれの価値観や事情を抱えているので、それを第三者が見ても、誰も悪くないように思えてくるから、不思議なものです。誰かが悪い、どうしたらよいというのが明確になっていない分、読者に考えさせるつくりになっているので、見ていて飽きません。

短いけれど、登場人物の、人生が手に取るようにわかるような描写力。性別が違っても、年代が違っても、すぐに感情移入ができるというのは、本当、恐れ入ります。それが6つもあるわけですから、お得なものです。

特に、女性のちょっとした悩みを描くのが上手いです。よく、ここまで女性の感情やら、ちょっとした気持ちというのも汲み取っているなぁ、と真新しさを感じます。

これは、橋本紡ファンでなくとも、オススメしたい一品です。 

橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ
橋本 紡

九つの、物語 彩乃ちゃんのお告げ 猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫) 流れ星が消えないうちに (新潮文庫) 月光スイッチ

by G-Tools