神奈川在住のただの中途半端なオタクです。年齢は30代前半。アニメに関していえば、2006年の「灼眼のシャナ」から見始めたので、オタク暦は短いライトオタクです。

だから、感想もあまり深く語れないので、浅い戯言だと思って、笑い飛ばしてやってください。

好きなアニメなどを時系列順に列挙。かぶったら嬉しいな。

「かみちゅ!」
「灼眼のシャナ」
「涼宮ハルヒの憂鬱」
「ひぐらしのなく頃に」
「あさっての方向。」
「ひとひら」
「さよなら絶望先生」
「らき☆すた」
「紅-kure-nai」
「みなみけ」
「ひだまりスケッチ」「ひだまりスケッチ×365」
「CLANNAD」「CLANNAD〜AFTER STORY〜」
「かんなぎ」
「とらドラ!」
「とある魔術の禁書目録」

まあ、日常ほのぼの系や感動シリアス系とかが好きです。萌えアニメが多いのかな。アニメ製作会社では、京アニ、シャフト、J.C.STAFF、ブレインズ・ベースなどが多いかな。

ガンダムなどのロボットアニメや過激なシーンが多い作品や戦記モノはちょっと苦手で、そんな理由で感想書いてないです。

ラノベは基本的にアニメ化されてから読む派です。純粋にアニメを楽しみたいから。そして、終わったら細部まで見て、自分の読みたいときに読むので、ここで紹介している作品の時系列がおかしいのはそのせいです。主に電撃文庫が好きで、ほとんどの主力は読んでいるつもり。

好きな作家は、西尾維新、橋本紡、桜庭一樹、日日日、谷川流、時雨沢恵一は無条件に読みますね。

下のリンクが、今読んでいる・読んだラノベです。
管理人のライトノベル本棚

声優とかは、そんなに知らないけど、ちょっと好きな順番に並べてみた。

釘宮理恵、平野綾、水樹奈々、能登麻美子、沢城みゆき、新谷良子、野中藍、堀江由衣、田村ゆかり、阿澄佳奈、茅原実里、藤村歩、小林ゆう、中原麻衣、悠木碧、戸松遥、千葉妙子、後藤邑子、広橋涼、池澤春菜、斎藤千和、川澄綾子、佐藤利奈。

意外に多かった。

男性だとほとんど知らないので、杉田智和、小野大輔、神谷浩史、日野聡くらいです。

音楽は最近のアニソンだと、ほとんど把握していると思う。でも、こればかりは何の役にも立たないけどね。あと、I'veや志倉千代丸作曲の曲は特に大好きだなぁ。

感想とか、プロフィールの所にあるメールアイコンでのメールや、ブログのコメントで頂けると、ないて喜びますw。

以下、このブログのコンセプトとか。

●ブログ製作コンセプト:ブログ全体の意義

とりあえず、若い頃から作文苦手だから、何か自分から発信してみるべ的なw。最初はラノベの感想だけで終わらそうと思ったけど、読むのに遅い私は1冊で2週間ほど要するために、1ヶ月に2回しか更新しないのはまずいと思って、とりあえず、アニメ感想で好きな「ねこにこばん」さんにならって、アニメの感想を書いてみるべ、と思って、調子にのって、今に至ります。本当はラノベ感想ブログなのに、アニメ感想ブログになってしまった今は昔の影を映すはずもなく…。う…こうやって考えて見ると、一番、やる気のないブログに見えるな。とりあえず、アニメが好きだったからです。

●ブログ製作コンセプトの長所、メリット。

好きなときに好きなものを好きなだけ書いて、自己満足。
とりあえず、昔に比べて、文章力がついたので、自己満足。
デザインも頃々変えて、自己満足。
でも、来年は1週間に1冊ペースにするぞー!

●ブログ製作コンセプトの弱点、デメリット。

製作者の意図がわからないただの戯言だけになってしまった。西尾維新の戯言シリーズが好きだったからつけた、ネーミングがまさに名は体を表すブログになってしまった。もっと、アニメに関して、詳しく考察できればいいんだけど、これ以上は能力と知力の限界w。

●ブログ記事のコンセプト、読者に向けた記事の意義

とりあえず、堅苦しいことは抜きにして、気楽にアニメ見ようやって感じで、適当な感想書いて、適当に反応を待っていましたが、適当な感想にコメはつくはずもなく。アクセス数は10〜20ぐらいで、ま、続かない自分の事だから、いつかはやめるだろうということで、ダラダラとアニメの感想書いていました。だけど、ハルヒの放送で、アニメ感想に火がついて、この面白さを誰かに伝えたいと書きまくって、何故か知らんが、その時は、アクセス数が300まで上がったのに調子に乗って、今に至る。まあ、その間に入院して、1ヶ月ぐらい更新停止を2回ほど繰り返しているけどね。昔からの読者がいたら感謝感激です。いないと思うけどw。

●ブログ記事のコンセプトの長所、メリット。

面白いと感じた記事は長い。あまり面白くないと思った記事は短い。
きっと面白いと感じた記事は感情こめて書いているので、同調してくれることを期待している。

●ブログ記事のコンセプトの弱点、デメリット。

だから、面白くないと思った記事は、出来が悪いし、ただの駄文である。自分的にはメモ程度で良いと思っているので、面白くない。や、面白い記事など、ここにはないのかもしれない。自己満足だから。

●コンセプトが成功した事例。具体例。

神酒原さんに好かれました。

●コンセプトが失敗したと思われる事例。具体例。

そして、嫌われましたw。まあ、自己満足で適当に書いた「今日の5の2」の記事で叩かれて、少しは読み手のことを考えるようになりました。てか、読んでいる人いたんだ的なw。そこで初めて、ブログを読んでいる人がいたことに気づいて、少しはやわらかい表現を使うようになって、文章力が上達しました。今ではありがとう、神酒原さんですw。一時期の神酒原さんは相当コワかったw。今ではやんわりです。ま、メリットかデメリットかわからないけど、それまで、批判コメは受けたことがなかったからね。ビックリしたw。

●今後の展開や希望。

好きなアニメが増えればいいな、と。今までは感想書くのに、かなり時間がかかっていたので、感想少なかったけど、週に10本くらいは楽しいと思って感想書けるようになれたらいいな、と。まあ、アニメも楽しみ方なんですよね。楽しめたもん勝ちみたいな。よく下がるモチベーションとテンションを下げないように、定期的にできたらいいんだけどね。今年は、毎日更新が目標で、一応、今までなんとか更新してきたので、それを崩さないことですね。アクセス数とコメント数が増えれば嬉しいけど、きっと、これが限界なので、このままキープが目標。