ブログネタ
持ってる漫画をとりあえず紹介してみる2 に参加中!

情熱溢れるバレーボールの世界


スポーツに情熱をかけるのって、素晴らしいじゃないですか。健康にもいいし、仲間との一体感、共同作業によるコミュニケーション、高みを目指して人間的にも能力的にも成長していく。そんなスポーツマンガが好きだったりします。

一世代前のスポーツマンガなら、どかべんやタッチ、キャプテン翼や、H2やテニスの王子様など、特にスポーツに対して経験を重ねながら、主人公が技術的に成長して、プロを目指していく作品って多かったですよね。

でも、近年になって、「しゃにむにGO」や「おおきく振りかぶって」など、スポーツだけでなく、人と人とのコミュニケーションドラマとして、スポーツを題材にしている作品が多く見られてきました。

この「少女ファイト」もバレーボールというスポーツを題材にした成長物語ではあるんですが、その一言で片付けるのはもったいないほど、会話の一言一言の重みや、ささいな一言がひきがねになり、トラウマとなったり、人の心の背景にある暗い部分が生々しく描かれています。

なので、スポーツマンガと言うよりも、団体競技であるがゆえの主人公や周りをとりまく人とのコミュニケーションに着目した視点で書かれた学園シリアススポーツマンガといった感じです。だけど、熱いです。これぞ、スポ根です。

目指しているのはプロ…それとも……


この作品のすごいところは、プロに一番近い高校にいて、目指すものに、もうすぐそこまで、手が届くところまで来ているところから始まっているところ。つまりは、主人公が所属している部活が強くなっていく過程というところがない、という点が素晴らしい。

と、なると、この作品は別の何かを目指していることになります。ただ、努力して頑張って、ひたすらバレーに打ち込む部分は多く見られるけど、試合を重ねて、強くなっていくという部分はきっとあまり見られないでしょう。

試合よりも、人間関係重視。人の奥底に隠れている弱気な自分との戦い、そして、暗い過去との戦いがメインに書かれています。なので、ナイーブでいて、とてもシリアス。

主人公の大石練。その名の通り、多い試練なんですよ。初回のサブタイトルに使われているぐらい、文字通り、試練がふりかかってきます。それを受け止めるか、サラリと交わすかによって、人の生き方って変わってくると思うんですが、練は交わしているように見えて、すべて受け止めてしまっている不器用さが残っているんですよね。

「生き方が雑だな」


それが、練に向けて言われたセリフ「生き方が雑だな」。

生き方が下手とか、上手とか言うじゃないですか。何もかもを抱え込んでいる、生き方が下手な人には、もっと上手く生きろよ、と言いたくなります。でも、それは個人の性格によるもので、そう簡単には変えられない。

それが雑だというのはどういう意味か、というのは、詳しくは本編を見ればわかりますが、簡単に言うと、雑だということは、丁寧に扱ったり、少し考えを変えれば、上手く生きられるってことなんですよね。それが、周りからのフォローであったり、自分自身でみつめなおしたり、と方法は色々ありますが、暗い背景を抱えながらも、上手く生きていく術がある。そんな生き方を模索していくというのが、この作品の本筋なのではないかな。

暗いから1巻はダメだと思った人へ


この1巻は強烈にシリアスで、多くの登場人物とその背景にあるものが重すぎて、どうにも自分とは合わないと思った人はご安心ください。

2巻以降で、主人公を取り巻くキャラが、かなり前向きに成長して行く過程が見られ、バレーボールというスポーツにも注目し、スポーツ科学的な理論など、実践への解説が多々入り、ストーリーとしての幅も広がっています。

それでいて、無機質で生気のない練が、ほんの少しずつ変わっていく様子が実感でき、だんだんほのぼのとしたイメージになっていくので、まずは既刊全て読む事をオススメします。

2巻以降はちょっとしたコメディタッチで書かれている部分もあり、シリアスだけの堅苦しいマンガでなく、彼女たちの情熱や思いといった心の部分や、エキサイティングなバレーの練習など、爽快感もあります。

少女ファイト 2 (2) (イブニングKCDX) 少女ファイト 3 (3) (イブニングKCDX) 少女ファイト 4 (4) (イブニングKCDX)