私のKnightになってよネ! (ファミ通文庫)
佐藤 了
エンターブレイン
売り上げランキング: 162395

世界観

[現代ファンタジー][サスペンス][シリアス]

あらすじ

突然、クラス一の美少女、佐倉恭子に告白?され、強制的に表向きは恋人、実はただのボディガード、にされた御影裕也。恭子にはある能力があり、自分が襲われる未来を予知したというのだ!?半信半疑のまま、我が侭なツンデレ娘、恭子に振り回される裕也と親友の匠。しかし、しだいに三人の周囲に不気味な出来事が起こり始め、彼らは恭子の予知を信じざるを得なくなっていくのだが―。新鋭が軽快なタッチで描くジェットコースター・サスペンスノベル。

短文感想(ネタバレなし)


ツンデレで強気な女の子、恭子に振り回される主人公というラブコメのような最初のあらすじはOK。ついていける。でも、なんかストーリーが普通だ。読んでいて、楽しいという感じはしない。いかんせん心理描写が少ないせいで、主人公との仲の良さも読めない。

途中から路線変更。一気にサスペンスものに変わる。と、思ったら、すぐに見せ場到来。なるほど、これで終わりかと思ったら、また見せ場。これがジェットコースターノベルと評された所以か。でも、同じような見せ場を何度となく繰り返されると読者はついていけないわけで、これは作者の暴走ではという展開が続き、ラストでは小説として少し反則だなという荒業を披露している。

なので、読み終わったときの満足感が少ないし、今までのラブコメ的展開や伏線回収はなんだったんだと思ってしまったことが残念。