日曜日のアイスクリームが溶けるまで
清水 マリコ
小学館
売り上げランキング: 84301

世界観

[日常][恋愛][シリアス]

あらすじ

26歳のOL京子は、単調な仕事にも数年付き合った恋人との関係にも倦怠ぎみ。ある日曜日、ほんの思いつきで初恋の思い出の場所を訪れた京子は、そこで初めて恋をした少年と再び出会ってしまう。彼は、当時10歳の時の姿のままだった。子供らしい純粋さとわがままさをあわせ持つ彼に惹かれ、京子は毎週日曜日になると、彼に会いに行く。そして、少年とのデートを重ねるにつれ、京子の中の時間は逆行して、10歳の少女の心に戻り始める。現実と虚構が入り混じる、ファンタジックで切ない「2度目の初恋」の物語。

短文感想(ネタバレなし)


MF文庫Jでおなじみの清水マリコさんの一般文芸初の作品だったのですが、はっきり期待はずれでした。期待が大きい分の反動だと思いますが、何か今までの作品とは違った印象を受けました。だったら「侵略する少女と嘘の庭」を一般文芸で出してほしかった。

少し若いOLが主人公なんですが、いきなり実社会よりも10才の少年との出会いに比重をおいている恋愛一直線タイプの性格についていけなかった。やはりここでも作中物語が出てくるのですが、そのストーリーが現実と妄想の狭間を行き来しているため、精神面でやや痛い人になってしまっているのが残念でした。

フィクション風なのかノンフィクション風なのか最後までわからないのは面白いところですが、この作者が何を描きたいのか目的もわからず、じれったさと不明瞭感があるなかで読み進めるのは辛かったです。