School Days1-1School Days1-2

携帯画面での削除するがなんか意味深なんですが…。


原作未プレイ、前知識なしでしたが、初回としては、恋愛ドラマとしては成立していたように思います。それほど使い古された設定ということもなく、ストーリーも展開が早くて、飽きずに楽しめました。

OPの雰囲気が良かったです。クラシック風の音楽でゆったりと何も起こらない清楚な感じを出しておいて、いきなりタイトルがひび割れて崩壊。これだけで今後の展開の概要がわかりそうです。

とりあえず、今回おさえておくべき人物は伊藤誠、西園寺世界、桂言葉の三人でしょうか。

誠は言葉に片思いの主人公。電車の中でこっそり携帯で盗み撮りするくらいだから、それほど積極的ではないかと思ったら、会って話して、次の日に告白するという大胆さ。決心がついたら、行動力はあるというキャラなのかも。

世界は誠のクラスメイト。たまたま隣の席だったようですが、口ぶりからすると前から仲が良かったようです。今回の役割は言葉と誠の仲介役。うまく結びつけて、恋のキューピッド的な存在なのかと思っていたら、最後の列車を待っているベンチで誠に突然のキス。これは嵐の予感。この展開には素直に驚いた。

言葉は誠に両思いだったわけですが、おしとやかな性格だけあって、誠が近寄るのを待っている姿がかわいらしいです。初回から早速カップル成立でおやおやおや〜、これはこれからシナリオは持つのかなと思ったのですが、誠の介入でどうもこれから昼メロよろしくドロドロな恋愛模様が展開されそうです。

EDには携帯画面に映る登場人物が紹介されているので、初回の様子を見ても、携帯がキーになってくると思っていいのかな。

これは今後の展開が気になるので、視聴継続です。