「うぐぅ〜」と「あぅ〜」が出会ってしまった。うぐぅ〜。


ちっさいあゆと名雪が。祐一(10歳)は二股かけていたのかww。やるな。じゃなく、あゆとはただ単に初対面の様子。初対面の人に対して、祐一は優しすぎだよ。それで、次の日にまた会おうってなり、あゆは指切りを要求。

祐一は右利きだから右手を差し出し、あゆは左利きだから、最初に左手で指切りしようとして、右手を出しました。細かい所だけど、ちゃんと設定を大事にしている姿勢が見受けられます。

寝ている祐一をこんにゃくで逆襲しようとする真琴。「3、2、1」としゃべるから、逆に祐一に驚かされることにww。その上、「食べるつもりだったんだろ」と祐一からと言われて、食べたくもないこんにゃくを生で食べることに。「どうだ、ペロッといけよ」って祐一、Sっぽすぎ。

香里は家庭に問題がある様子。これから明らかになるのかな?

そして、恒例のあゆが祐一に飛び込むシーン。は、おあずけで、転んで顔面をぶつけるあゆでした。祐一が誰かといても、飛び込む姿勢は変わらないようですww。「今日も食い逃げしてきたのか?」と、キョン祐一のするどいツッコミ。しかし、家主も携帯も知らないあゆは、どんな学力レベルなんだ?中学もでているのかも疑わしい。それにしても、いつも、あゆは街をぶらぶらしているなぁ。

真琴は祐一以外の人だと、ほんと内気な性格になるようです。イメージとちょっと違って、これにはビックリ。そして、あゆからたいやきをもらう真琴。今までは祐一視点で関わってきたキャラが、初めて祐一を介さないで話しました。これで、ストーリーの幅が広がったかな。

あゆが玄関を出てから、真琴と手を振り合っているシーンが印象的。真琴の内気な性格をあゆが開放的にしてあげていく展開を希望。

最後、夜の学校で真剣に手をかける少女。これまた、ヤヴァイ少女が出てきたもんだ。見つかったら銃刀法違反だなww。