ネコソギラジカル (上) 十三階段 (講談社ノベルス)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 119606

世界観

[エンターテイメント][人外バトル][青春][セカイ系]

あらすじ

「よう俺の敵」“世界”を、そして“物語”を終わらせるため、「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”に「狐面(きつねめん)の男」はささやく。キーワードは、加速。そして、世界の終わり。何より、物語の終わり。待ち受ける刺客(しかく)、<十三階段>の向こう側にある“終わり”の果てにあるものは!?新青春エンタの決定版中の決定版、<戯言シリーズ>。その最終楽章となる『ネコソギラジカル』三部作の前奏曲(プレリュード)がついに奏でられる!完全燃焼、西尾維新!!

印象に残った言葉


「…戯言だけどね」―――いーちゃん

短文感想(ネタバレなし)


今までとは打ってかわって、人外バトルメインになります。これは推理小説ではありません。その上で、個性派揃いの各キャラとの対話を楽しむ事ができる事が条件。ほんとキャラ立ちしているよなぁというくらい、出てくるキャラは強烈。