ブルースカイ (ハヤカワ文庫 JA)
桜庭 一樹
早川書房
売り上げランキング: 100863

世界観

[近未来][中世][SF][シリアス][青春][セカイ系]

あらすじ

西暦1627年、ドイツ―魔女狩りの苛烈な嵐が吹き荒れるレンスの町で、10歳の少女マリーは“アンチ・キリスト”に出会った…。西暦2022年、シンガポール―3Dアーティストの青年ディッキーは、ゴシックワールドの昏い眠りの中、絶滅したはずの“少女”というクリーチャーに出会う…。そして、西暦2007年4月の日本。死にたくなるほどきれいな空の下で…。3つの箱庭と3つの青空、そして少女についての物語。

印象に残った言葉


「――あたしとせかいをつなぐモノ」―――少女

短文感想(ネタバレなし)

この作者さん大好きです。ただ、残念ながら、この作品はあまりオススメできないかと。ストーリーは3部に別れていて、中世ドイツ編、近未来シンガポール編、現代日本編とあります。これ以上書くとネタバレになってしまいます。

しかし、どのセカイも、描き方が中途半端で謎が謎のまま、残ってしまう点が少々残念。何をテーマに描きたかったのかも判断しかねます。最後の現代日本編が全てで、そこまではあまり楽しめなかった印象。

短文感想(ネタバレあり)


ドイツ編が長すぎて、途中で読むのを止めようかと思いました。この回では少女マリーを中心に話が進むのですが、魔女狩りに巻き込まれた、ひどい有様を中心に描かれていたので、残酷な仕打ちを昔の人は受けてきたという事しか、頭に残らず、何か歴史を学んでいるような感覚でした。

それでいて、謎が謎として未解決のモノが多く、読み返してみても、なんか釈然としません。

シンガポール編は必要だったのかというのも、疑問に残る所で、逃走してきた現代の少女が現れて、すぐに捕まってしまうだけと、あまり見所がなかったのが残念です。作者がただ、近未来の様子を描きたかっただけという事になってしまいます。

それだったら、最後の現代日本編にページ数を回して、もっと掘り下げてほしかったなぁ。

伝えたい事がわからないのが一番の問題。ただ、淡々と過ぎていくストーリーは見ていて楽しめないので、テーマを決めて、ここが見所という場面やセリフを作って欲しかった。