392212e3a1d20d9e

ヤベー、マジ最高デス。この作品。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン。


今回は長門とみくるちゃんがヒロインになった感じですが、内容を結構詰め込みすぎかなと思いきや、そう感じさせることもなく、アクションのクオリティも良く、大事なシーンでは、きっちりと魅せてくる最高の作品ですよ。

今回は、OPがなし。最初のロゴとサウンドが2、3秒流れただけ。OPを削ってでも、長門とみくるちゃんのシーンを載せようとする京アニの意図が感じられます。

さて、本編はと言うと、第5話の『憂鬱掘戮らの続きとなります。間に4話分、つまりは1ヶ月、間をおいているわけで、その間を自分の記憶力をフル回転して思い出し、作品を補わなくてはいけません。もしくは、ネットで情報収集するか。

んで、私自身、『憂鬱掘戮虜埜紊魍个┐討い襪というと、そうでもなくて、昔の自分の投稿をみて、確認。う〜む、恥ずかしい。そうではなくて、内容は、長門、古泉一樹、みくるちゃんが、それぞれ、宇宙人、超能力者、未来人だと、キョンに告白した所からですね。

つまりは、キョンはこの時点では、不思議に全く遭遇していない。長門もみくるちゃんの言ったことも、それほど、本気にしていない心境です。

それで、みんなで休みの日に不思議を探し回った後で、次の学校がある日に、反省会を行いましょうとハルヒが言って、拗ねている所ですね。

ここで、朝倉涼子がハルヒの状況を見ているようですが、朝倉はハルヒとは一言も会話をしていません。ここ大事。朝倉が一方的に話しかけるけど、ハルヒは全くの無反応です。この作品が始まってから、朝倉はハルヒとは話ができていません。

だから、キョンに「おねがいね」とウインク付きで頼む朝倉。そのまま去っていきます。無念。

344a636b4ff7fe1a
ハルヒが「パーっと事件でも発生しないかなー」と一人反省会で、落ち込んでいる所をキョンがなぐさめている所に、朝倉、再登場。「物騒なこと言わないでよね。」って、おい、聞いていたのかよ。

朝倉「でも、そうね。毎日の生活が楽しい方向に変わるような事件があれば、ちょっと素敵かもね」に対し、ハルヒ「…」。朝倉、残念、また無視されました。

227f5367a6ad2666
細かい所で、『超監督 涼宮ハルヒ』の『超』の字が小さくなっています。落ち込んでいるからでしょうねwww。

朝倉の言葉には全く耳も貸さなかったハルヒですが、キョンに迫っている朝倉の様子は気になるようです。つまりは、キョンが絡んでくると、ハルヒは反応を示すと、朝倉は考えたわけですね。
2a3776688f9fcc87
キョンの下駄箱にお手紙。キョンの深い考察に納得。SOS団の団員以外からのお手紙確定。

f30a18abdd591e3f
そう思っていながら、ハルヒの様子を見て、「って、それなんだ!?」と遅ればせながらの鋭いツッコミ、最高。

アクセス数増加のために手段を選ばないハルヒも最高。

203ab933bffa4a60
キョンに説教されている時のハルヒの目のジトーとしている感じが美味く引き出せています。珍しくハルヒが折れてくれました。

で、削除しようとするキョンだったけど、ごみ箱からファイルを救い出して、フォルダに入れるまでの素早さがほんとすごい。こいつはSEかプログラマか?

6f40353bfd17c372
キョンの説教がハルヒの感に触ったのか、ハルヒの出番はこれで終了。みくるちゃんの「ごめんなさい」にも無言。結構、ご立腹なようです。

キョン「なんでもありませんよ。悪の陰謀は費え去りました」と、みくるちゃん画像をフォルダに残しているお前も悪だ。 m9っ`・ω・´)シャキーン

137c16dc8c31824c
古泉一樹の出番もバイトがあるからという理由で終わり。てか、ほんとにバイトとかしてるのか?

SOS団は、いつのまにか、長門が本をカバンにしまう仕草が終了時間になっているようですね。

f3dc5c5ec8060575
んで、キョンは手紙通りに教室に行ってみると、そこには朝倉涼子が。谷口が学年でトップの美人で、才色兼備だと言っている朝倉涼子と、夕焼けの中、2人だけの教室という、このシチュエーションは、もしや告白?

a7a9e00e26a1a5be
と、思いきや、朝倉涼子「だから、あなたを殺して、涼宮ハルヒの出方を見る。」と、いきなり刃物で襲われるキョン。

恋愛シミュレーションゲームからホラーアクションゲームへ転向です。

この温度差が最高です。意外性で言えばトップクラスの意表です。

朝倉涼子「人間はさ、やらなくて後悔するよりも、やって後悔する方がいいっていうよね。これはどう思う?」という言葉も、恋愛の告白と殺人を意味するとじゃ、全然違って聞こえる所も会話の面白さが含まれています。

857e5bf5d52a6b2a
朝倉涼子「死ぬのって、いや? 殺されたくない? 私には有機生命体の死の概念が理解できないんだけど」と、ここで、宇宙人の告白。んなもん、キョンも告白されたくないってwww。違う意味での告白を待っていた気がするよね。

125c7cfe59fa2db2
ここまでは、キョンは口では宇宙人とか名乗られたり、不思議なことを言われたこともあったけど、信じていなかったと思います。

ここで、朝倉涼子が教室の扉をなくした時点で、全てを信じたと思います。経験して初めて気づく。そんな心境です。まあ、殺されかけているんだから、そんなことも言ってられませんが。

bf3eca9a99ae29b9
長門の登場、カッコヨスギ。演出最高。

自分が女だったら、確実に惚れているね。いや、相手は女だから。

ca07b6a5f6d7f860
ここからは、朝倉涼子×長門有希の攻防。この対戦には、目を見張るモノあります。

キョンは長門に「離れないで」と首根っこを捕まれ、下に叩きつけられます。見えたのは、上履きに書かれた長門の名前。いや、むしろ、その体勢からなら長門のスカートの下が見えたかもしれないが

8caf3060084c9090
って、考えていたら、蹴りを入れられました。キョン「なにすっ!」と言いながら、叩きつけられるキョン。散々です。まあ、長門さん的には、キョンを守っていたんでしょうが。

95147b8385b7c522
キョンを守りながら、華麗に舞う長門にうっとりしていたら、、、長門さん、やられました。宙に舞うメガネがとても印象的です。

3c1ed2f4811f7d88
串刺しの長門、見ているこっちが痛そうです。でも、長門は「大丈夫。平気」という。

e59a72fe2a9f00af
長門「終わった」
朝倉「何のこと?あなたの3年あまりの人生が?」
長門「違う。情報連結解除開始」
朝倉「そんな…」

という逆転劇、カッコヨスギですってば。あらかじめ、情報操作を行っていた長門の逆転劇。朝倉の「所詮、あたしはバックアップ」という所が人間じゃない発言。

155c6a30ecef30e1
朝倉涼子の最後の言葉「それまで、涼宮さんとお幸せに。じゃあね」というところが、とても印象的です。

19f3f732d1154e18
朝倉との対戦後に長門が周りを修復してみるも、メガネだけは、修復できなかったようで。それに対してキョンは「してない方がかわいいと思うぞ。オレにメガネ属性はないし。」って、お前の意見なんて、どうでもええんじゃ。m9っ`・ω・´)シャキーン

でも、長門にとってはそうでもないようで、この後もメガネを付けることがありませんでした。その気もないのに、キョンは罪作りな男だな。

谷口にも見られちゃったしね。谷口の反応オモシロスギ。何故にネクタイを締め直すwww。あと、キョンのMK5。「マジでくたばる5秒前」と言うのには笑えました。

d08013ca79f1065f
長門が「朝倉涼子は転校したことにする」と言うとおり、次の日、朝倉涼子はいませんでした。そのおかげでハルヒは「キョン、これは事件だわ!」と持ち直しました。

冒頭で「ふん、男なんてどうでもいいわ。恋愛感情なんてね。一時の気の迷いよ」と言いながら、グラウンドでいちゃついていたカップルが、ケンカして別れているシーンです。

edf3a5d216681a9d
今度は下駄箱にみくるちゃんからの手紙。キョンの考察によると、それはみくるちゃん本人のものであると、確信。みくるちゃんのことになると、ほんと、キョンの妄想は激しくなるな。

部室を開けると、そこには未来の大人になったみくるちゃんがいました。

e08ebaa552aa2fd6
こうしてみると、若いティーチャーな感じがしますね。未来のみくるちゃんは、ちょっと大胆。胸元のほくろを見せるためにはだけて見せます。

374ac3a75d03b8a6
そりゃ、キョンも引きますって。あんなに恥ずかしがっていたみくるちゃんが、自分から脱いで見せようだなんて

41c7115dacc5c6f5
と、思ったのも束の間。やっぱり、みくるちゃんはみくるちゃんで、自分の行動を思い返して、恥ずかしがり姿は今と変わっていませんでした。声も少し変えて、大人っぽくなった感じで。後藤邑子さん、うまい、さすがです。

ここで、未来のみくるちゃん、重要事項を言いに来たようです。「白雪姫」、この物語が、後にキョンを救うことになると言います。そして、すぐそばにハルヒもいる、その時はキョンだけでなく、みくるちゃんたちも困った状況にいるようです。

005a3efdfe42d5d0
昔の衣装を見て、懐かしがるみくるちゃん。キョンの「ハルヒには、他にはどんな衣装を着せられたんです?」の質問には、「内緒、恥ずかしいもん」と、やっぱりみくるちゃんらしさが残っていました。

df00000c584ed1a2
と思っていたら、いきなり、キョンに抱きついてくるみくるちゃん。キョンは手をどこに持っていけばいいか戸惑っている様子。でも、みくるちゃんは、行動とは違ったネガティブな発言。

「あたしとはあまり仲良くしないで」

5afd96d0e9fbabc6
でも、キョンはそれを意に介さず、前にも言った、この会話で締めてくれます。

キョン「オレにも一つ教えて下さい」
キョン「朝比奈さん、今、歳いくつ?」
みくる「禁則事項です」

もう、最高です。みくるちゃんファンなら誰でも知っているやり取り。みくるちゃんが未来人だと話したときの会話そのものです。そして、このウインク。キョン「それは見るモノ全てを恋に落としそうな笑顔だった」の表現そのものを良く作画に表した。

73a471fee4d9cb9c
すれ違いで長門が部室に入ってくる。ほんとに部室にしかいない人だな。

キョン「やっぱりメガネがない方がいいぞ」という言葉に返事はないけど、長門は後々、行動で示してくれました。

776186c3c2f731d7
朝倉涼子の秘密を探ろうとするハルヒ。首根っこ捕まれて、引きずられているキョンの図、最高です。そのため、SOS団は自主休日に。ハルヒがいないだけで、休日になってしまうなんてね。

6ca2f8fc68e6bdcf
次回もシャッフルですね。どの時間軸に飛ぶんでしょう。楽しみです。