85b17f26e685e171

うわぁぁぁん、長門。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚。


『サム デイ イン ザ レイン』…ある雨の日。ハルヒの暴走っぷりも小休止。実際にはみくるちゃんをいたずらして、暴走していますが、キョンが部室にいないSOS団は、少し寂しげで、少し切ない、それでいて、癒される。

また、キョンとハルヒが部室にいないSOS団の日常は、長門がひとりぼっちで本を読んでいる構図。とても寂しい。そんな長門の心境を少しでも察することができれば、この作品の意義が伝わるのではないでしょうか。

ハルヒがいない、いつものSOS団の様子。部室斜め45度からの監視カメラの映像みたいな感じですが、キョンと古泉は一緒にカードゲームをして、みくるちゃんは編み物をして、長門は読書。そんな日常なんでしょう。しかし、右の写真のオブジェはなんだ?

5a90023ba424b8cd
夏、海に行ったときの写真。黒板に貼り付けています。なんか青春のほろ苦さを感じますね。ノートPCww、コンピ研から、またパクったのでしょうか?(笑)

キョン「ハルヒがいないとほんと、静かで良いなぁ。…でも、少し、静かすぎるか」キョンは、ハルヒがいてはた迷惑に感じながらも、いないと寂しい、そんな気持ちをうまく表していると思います。

7666c32235ce12be
そこに飛び込んでくるハルヒの図。キョンはいつも通り、なんか迷惑そうな顔ですが、それはそれで、楽しんでいるのかも知れません。

64c92a728048190f
みくるちゃん、気使いすぎ。ハルヒが座った瞬間、お茶を入れるなんて。しかも、ハルヒより上級生なのに。将来は立派な秘書になれるよ。

キョンは、電気屋に行って、電気ストーブを拝借してくることに。下っ端と呼ばれていますが、2番目の団員なのに、いつのまにか雑用係の一番下っ端に。毎度、可哀想なキョン。

72eb051b3449c302
キョンの首にマフラーをかけるみくるちゃん、この図だけ見ると、なんか新婚夫婦みたいだ。そりゃ、ハルヒの感にさわるわなwww。

9b13b45ebce0b249
キョンがいなくなった部室。みくるちゃんを、唯一、守ってくれたキョン(邪魔者)が消えて、みくるちゃんにいたずらし放題。

キョンが思うに、みくるちゃんにいたずらするのは、ハルヒが「ヒマだから」という理由なそうな。ハルヒもキョンがいなくなって寂しいと感じているのかも知れません。

4cc384491508a64c
古泉はハルヒに媚びりまくりで、さりげなく着替えるときには部室を出る。ドラえもんで言うところのスネ夫みたいな役割でしょうか。ハルヒを怒らせることは、世界が崩れることを意味しますから。まあ、憎まれにくいキャラではありますね。

ただ、古泉がお茶を飲んだときに「もう、冷たくなってる」と、自分の感情を素直に言い表したのは驚いた。キョンやハルヒの前では、なんか演じているような印象が否めなかったのですが、一人になると、結構、本心を話すタイプなんですね。

長門は、みくるちゃんの着替えるタイミングで本棚に本を戻し、新しい本を探すというシステム。

520ac979de45d682
みくるちゃん、バニーガールに変身。レフ版を持っている古泉、ハルヒの意見に反対は絶対しません。長門、少し、本をずらしてくれれば、着替え中のみくるちゃんが見れるのに、惜しい。

2da7ed9b56c14952
ケロ○ンww。これ、みくるちゃんじゃなくてもいいんじゃwww。また、お着替え中に、長門は新しい本を探します。読むペースが速いな、長門。ちょwww、右の本、綿矢りさの『蹴りたい背中』。

a228f50c663f7d55
次の映画の続編楽しみ。こんな映画のスポンサーになる電気屋も電気屋だ。この後、2分間に渡り、長門の読書の時間が延々と流れる。深夜のコンビニの監視カメラを見ているみたいだ。

a24c8ea6618a4f1f
ちょっとキョンの電車の様子を映して、また元の映像。この時に、ラジオの音声がバックに流れているのですが、そのまとめは桃月学園blogさん、ドコカノダレカの徒然なるままにさんがまとめてくれているので、そちらをご参照下さい。

そのラジオには、色々なパロディを含んでいるので、それも面白みとしてありますが、本編では長門がいつも、こうして、一人で読書している寂しさを表現するために、わざわざ時間を割いたと言うことです。

これだけでも、ドタバタ学園コメディと銘打っている作品の、ハルヒとキョンがいない日常は、どれほど寂しくて切ないかというギャップを感じることが出来たかと思います。

32d755580962e77f
なんかクラスメイトの谷口と国木田の哀れむ様子が少し面白いですね。

「やっほー、みくるいるー?」と部室に入ってくる鶴屋さんのテンションはハルヒ並だわな。長門の指を指すだけでわかってしまう鶴屋さんの察知能力はすさまじい。

しかし、長門、しゃべろうよ。まだ一言もしゃべってない。

622d7d2446c314c9
みくるちゃんを見つけた鶴屋さんは最強。早速、ハルヒとならんで、みくるちゃんをいじりたおしてますよ。

なにげに、鶴屋さん、優しいところもあるんですね、キョンに、ハンカチを貸して、「みくるに返しておいて」って。まあ、みくるちゃんはハルヒと鶴屋さんのものではないがwww。

a2164bbfbce0b249
キョンが部室に帰ってきた。キョン「ハルヒたちは?」の問いに、そろそろ長門もしゃべってくれるだろうと思ったら、首を傾げただけっだったよぉ、残念。

fe4927f47a3efbe8
みくるちゃんの萌え萌え映像。素で萌え方をわかっているみくるちゃんに「ほれぼれするくらいのドジっ娘っぷりね。ひょっとして、わざとやってない?」と嫉妬するハルヒと、見本を完璧にこなして教える優しさに、キョンがいないハルヒはほのぼのとしてますね。

a9dc2b7eb1f07691
電気ストーブを付けるときのキョンの「来い来い来い」は、なんか気持ち分かります。付くと分かっていても、なんか念じてしまうんですよね。

で、うとうとしていたら、キョンは寝てしまったと。長門とも一言もしゃべらずに。長門は、その後、『蹴りたい背中』を置いて帰ってしまいました。今回、長門役の茅原実里は可哀想ですね。せっかく最後のテロップ出ても、出番なかったわけだし。

416a730f1ba3f37b
キョンの寝ている姿を見て、何故か驚いているハルヒ。いや、逆に起きてしまって驚いたのか。キョンにカーディガンをかぶせたので焦っているのでしょう。こんなハルヒは滅多に見れませんよ、貴重です。

12c7be118fb6273c
ハルヒの他に、もう一枚、カーディガンを羽織っていたキョン。それは長門のカーディガンで、風邪を引かないように、かけて帰ったのでしょう。しかも、さりげなく、ストーブを近づけたのも長門でしょう。さりげない優しさが光ります、長門。

aead95627f14cfd0
最後は、ハルヒのツンデレが見れて、最高でしたよ。キョンが帰るのを待って、傘を1本しかないように見せて、キョンと一緒に帰ろうとするハルヒの魂胆見え見えの様子に、なんか熱い物がこみ上げてきました。

しかも、照れ隠しで、目を合わせないで、傘を差し出す姿なんて、もう最高です。